でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

型落ちマスタング【フォード(FORD)】のタイヤ選び、タイヤ交換

あなたはどんな車に乗っていますか?

 

 車ってただの好みじゃなくてその人を映す鏡であってアイデンティティだと思うんですよね。

 

わかりやすい所で言うと

大家族のおうちはワゴン車、ワンボックスに乗ったり、お金はないけど速い車に乗りたいって学生は古いスポーツカーに乗ったり。

洋画なんかの映画でも昔からよく利用される手法です。

 

そんなでょおはアメリカ車FORD MUSTANG「フォード マスタング 2004年式」に乗っています。

マスタングといえばアメ車を代表するマッスルカーで特に2005年以降モデルが日本でも大ヒットしました

 

私はその人気モデルの前の年式に乗っています。色々、思い入れや長い話があって10年前から家にあります。

 

この話も記事にできたらなと思いますが完全に自分語りになるのでまたいつか笑

 

 

 

f:id:dyoblog:20170319231435j:plain

 

タイヤ交換に至った経緯

 

 

先日のバイクのタイヤ交換の記事と同じで

タイヤ交換の理由は「タイヤの寿命です」

今回の車検のタイミングに合わせてついでに工場さんに交換してもらおうという魂胆です

 

たしか記憶が正しければ前々回の車検の時に交換してもらっているはずなのでもう約4年前のタイヤになります。

距離こそそんなに走ってませんがご存じの通り(?)山間部住み、峠道を走るのでタイヤはよく減ります。

 

車ってこんなにサイドまで減るのねって感じですよ。

 

 

f:id:dyoblog:20170319231454j:plain

 

どうですか?

角のすり減りとひび割れがなかなかすごくないですか?

街乗りの車だとこんな減りかたはしないんじゃないでしょうか。

 

 

という訳で

上記の写真のような状態なのでうちのフォードマスタングのタイヤ交換を決意しました!

 

タイヤの製造年を調べる

 

ついでなのでこのマスタングのタイヤがどのくらい古いか調べてみましょう。

多分他にも記事にしてる人がいたりネットに沢山乗っている情報な気がしますがついでなのでお付き合いください。

 

 

f:id:dyoblog:20170319231509j:plain

 

タイヤには写真のように長丸で囲んである所があります

 

 下4桁を見てください。

3412ですね?

 この内の上が生産された週、下が年になります

つまり20"12"年の"34"週目に製造されたタイヤ

ということになります!

 

 

なんやねん34週って分かりにくい表記は笑

 

ちなみに数字が3桁しかない場合は相当古いタイヤです!

20世紀のタイヤになります笑

2000年以降のタイヤは4桁以上になりますので。

 

 

タイヤ選び

現在のタイヤサイズ

 

それではタイヤを選んでいきましょう!

まずはフォードマスタングのタイヤサイズはといいますと

 

225/55 ZR16 99Y

 

って書いてあります

 



 

f:id:dyoblog:20170319231524j:plain

 

はじめの225がタイヤ幅で

次のスラッシュの後ろの55が扁平率

ZRの後ろ16がホイール径

 

よくわかんないZRと99Yというやつ

 

 どうやらいずれも強度的なもののようです。

 

 

ZRというのは速度カテゴリーといって

240km/h超まで出せるラジアルタイヤという意味だそうです

うん、絶対ださねぇ。てかそんな出ないよ。

ちなみに旧規格だそうです。

 

参照したのはこちら

タイヤサイズ、表示の見方|タイヤの基礎知識 | ダンロップタイヤ 公式タイヤサイト【DUNLOP】

 

 

そして99Yというのは

99が荷重指数(ロードインデックス)、Yが速度記号というそうです。

荷重指数(ロードインデックス)99というのは775kgまでの荷重に耐えられるという指数

Yが最高速度300km/hまで耐えられるという意味だそうです

 

つまりZRで240km/h以上といったざっくりとした表記は300km/hまでだったのですね

だからうちのマスタングはそんなに出ないよ笑

 

ちなみにここも参考にしました。

8 タイヤの表示(3)荷重指数/速度記号/PR|タイヤ基礎知識|日本グッドイヤー

  

 

タイヤを選ぶ

タイヤサイズのいろはがわかったところで早速、タイヤを考えていきましょう。

私のフォードマスタング(2004年式)に装着されているタイヤはこちら

 

 
f:id:dyoblog:20170319231544j:plain

 

 

 

TOYO TIRES (トーヨータイヤ)

PROXES T1 sports (プロクセス・ティーワンスポーツ)

http://toyotires.jp/catalog/pxt1s.html

 

  • 燃費性能:7.5/10
  • ドライ性能:9/10
  • ウェット性能:9.5/10
  • 静寂:7/10
  • 乗り心地:7/10
  • 摩耗ライフ:6.5/10

 

とのことです。

燃費性能とライフが分かれてるのってなんか不思議ですね。

燃費性能=タイヤの燃費ではない

ってことでしょうか

 

 

まず『225/55R16』で検索してみましたが

ざっと見ただけで膨大な数がありました。笑

さすが車のタイヤ!選択肢が少なすぎる不人気バイク、エリミネーターとは大違いです

 

前回、エリミネーターの記事を書いたとき選択肢がないと散々わめきましたが

多すぎると今度は選べないです笑

 

と、思いましたが同サイズであるタイヤのほとんどが

荷重指数(ロードインデックス)95なんですね。

 

残念!!

 

たくさんの中から選べるように思いましたが荷重指数(ロードインデックス)は同等かそれ以上出ないとダメなようなので荷重指数(ロードインデックス)99程度の物に絞って探してみたいと思います。

(純正が95だったのか99だったのか調べる方法がないのでとりあえず今の99に合わせます)

 

まず自分が何を求めているか考えてみました。

 

  • 山道を安心して走れるグリップ性
  • アメ車特有の効きの悪いブレーキをカバーしてくれるグリップ性
  • それなりのライフ

 

タイヤはすべてを重視できないので

逆に犠牲にできるものも考えてみました。

 

  • アメ車で気にしたところで無意味に等しい燃費性
  • 固いサスペンションなので必要のない乗り心地
  • 走らなくてもうるさいので静寂性

 

うーん。

違いが判りなさそうでもったいないですが

スポーツタイヤで一番安いもの

を選びたいと思います。

 

まずはフォードマスタングに装着可能なタイヤを列記してみます。 

 

 

 

 

そして

トーヨーPROXES T1 sports

 

大体こんな感じでした。

このあたりは問題なく装着できそうなタイヤです。

 

この中からスポーツタイヤをチョイスしてみるとこうなりました。

 

 

ポテンザもプロクセスもグリップ力がスポーツタイヤと比べると劣ってるみたいな内容を見かけます。となるとMAXX TTですかね。

 

ただ値段的に見ると

MAXX TT>POTENZA S001PROXES T1 sports

って感じでした。

 

んー。

考えに考えましたが結局そのまんまが一番いいみたいですね笑

 

交換後の話はまた今度しますね。

ではまた!

プライバシーポリシー