でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

現行マスタングからみるレトロモダンブームの終焉

最近、町中でも現行マスタング(2015年モデル)を見かけることが増えてきましたね。
そんなマスタングを見るたびに思うことは
レトロモダン時代は終わったんだなぁということ。

時代を先取りしてきたフォード

自動車メーカーフォードは時代をこれまで時代を先取り続けてきた会社です。
ご存知の通り自動車を初めて世に出したのもフォードです。
シボレーカマロの誕生もフォードの代名詞でもあるマスタングに対抗するために作られたものでした。

フォードの始めたレトロモダンブーム

f:id:dyoblog:20170601122452j:plain
File:Ford Mustang - Flickr - exfordy.jpg - Wikimedia Commons

レトロモダン、モダンクラシックなどと呼ばれる過去の車をリバイバルしたデザインの火付け役はフォードと言っても過言ではありません。

はじまりは5代目マスタング

フォードがレトロモダンなデザインを現行車に取り込んだのは1994年。
サイドボディのプレスラインなどをはじめとする各所に初代マスタングのデザインを取り込みました。

f:id:dyoblog:20170601122710j:plain

File:1994 Ford Mustang V6.png - Wikimedia Commons

5代目前期の最終モデル1998年式では初代マスタングの最大の特徴である三本の縦テールを復活させます。

f:id:dyoblog:20170601122840j:plain

File:98 Mustang.jpg - Wikimedia Commons


5代目マスタングの後期(1999年以降)は前期をブラッシュアップしたもので、角張ったデザインを採用しさらにレトロモダンな仕上がりになりました。

f:id:dyoblog:20170601123002j:plain

File:Mustang Cobra SVT 1999-2004.JPG - Wikimedia Commons

サンダーバードで小手調べ

f:id:dyoblog:20170601123116j:plain

File:Retro-Thunderbird.jpg - Wikimedia Commons

そして2002年にフォードはマスタングと同じく長寿シリーズの車サンダーバードで大々的にレトロモダンを打ち出します。時代はすでにモダンクラシックがトレンドとなっておりその中で発表されたサンダーバードはデザイン的に非常に高く評価されました。
映画『007/ダイ・アナザー・デイ』で使用されるなど非常に多くの人々の心をつかみました。
ですが価格設定が高いこともありたった3年間で生産が打ち切られました。

レトロモダンマスタングの誕生

f:id:dyoblog:20170601122452j:plainFile:Ford Mustang - Flickr - exfordy.jpg - Wikimedia Commons

サンダーバードは失敗に終わりましたがフォードはマスタングでも同じことをします。リビングレジェンド戦略に基づいて発表された6代目マスタングは大きな話題を生み大成功をおさめました。
このマスタングは日本でも非常に人気が高く、生産が終了した2014年以降も人気が衰えることはありません。

レトロマスタングの終焉

f:id:dyoblog:20170601123302j:plain

File:Ford Mustang GT 5.0 Premium 2015 (16732984578).jpg - Wikimedia Commons

2015年に誕生した現行マスタングは2014年モデルのデザインを現代的にアレンジしたようなデザインとなっております。特にマスタングの上位モデルのシェルビーシリーズの雰囲気を踏襲したもので、全体的なシルエットはより現代のスポーツカーらしいバランスになっております。
アメ車らしい不必要なほど張り出したバンパーやリアフェンダーの不自然なボリューム感を減らすことで現代らしいスタイリングを実現しています。
初代マスタングを意識して1999年から採用されていた「タレ目」は排除。よりシャープな顔周りになりました。

f:id:dyoblog:20170601130302j:plain


これによりマスタングの持つ愛すべき「古臭さ」は終わりを迎えました。

 

ライバルカマロも後に続く

f:id:dyoblog:20170601130433j:plain

Chevrolet Camaro 2017, Precio Desde $25,980 on Vimeo

マスタングがレトロモダンとして現代に受け入れられた、カマロはそれに続きます。マスタングと違いしばらく生産を終了していたカマロはマスタングの販売戦略を意識し、初代カマロ(ベビカマ)をリバイバルしたカマロを販売していました(2009年以降)。
しかしマスタングが2015年モデル(発表されたのは2013年末頃)を発表した後、カマロも2015年に新型を発表しました。マスタング同様、クラシック要素を減らした、より現代的なデザインのものになりました。

チャレンジャーも時間の問題

マスタングのライバルでもう一台、レトロモダンのマッスルカーがあります。クライスラーのダッジチャレンジャーです。
※チャージャーはレトロモダンを意識したものではないのでこの記事では省略します。
チャレンジャーもカマロと同じくマスタングに一足遅れて、レトロモダンデザインで復活しました(2008年)
チャレンジャーは今のところカマロやマスタングのように新しいデザインの新型を発表していません。
しかし他二社同様、2018年にはフルモデルチェンジを行うようです。

 

おわりに

寂しいものですがトレンドというものには必ず終わりがやってきます。

今後、アメ車のトレンドはどのような方向に向かっていくのでしょうか。

 

下記はマスタングファンなら持っておきたい一冊です


フォード・マスタング完全読本―MUSTANG BOOK1964 1/2‾2011 (M.B.MOOK レジェンダリー・アメリカンカー・シリーズ Vol.02)

プライバシーポリシー