でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【DIY】アルミ板加工!超簡単にカットする方法と超キレイに曲げる方法

アルミ板加工方法タイトル

どうもでょおです。バイクを自分でDIYでカスタムする場合に避けて通れないといっても過言ではないものがアルミ板の加工です。
アルミ板は加工がしやすくカットも曲げ加工も簡単にできるので自作派には大変ありがたい素材の一つです。

今回はバイクカスタムからすこし離れ気味ですがアメリカンやチョッパーだけでなくどんなバイクカスタムをする際にも便利なアルミ板加工の方法を紹介します。

バイクカスタム初心者のビギナーの方もこれさえ覚えればカスタムの幅が大幅に広がりますよ

アルミ板を使ってどんなことができるのか

アルミという素材は非常に柔らかいので薄いアルミ板ではバイクのカスタムパーツをとりつけるステーなんかには使用できません。振動で次第に割れます。
ですがあまり強度の必要としない部分にはとても便利に使えます。できることがありすぎるのでその一部を紹介します。

スイッチパネル

でょおのバイクエリミネーター250SEで使用している部分はスイッチパネル(2箇所)です。
1箇所目はここ。

アルミ板で制作したエリミネーター250SEのセルスイッチ

セルスイッチを取り付けているパネル部分にアルミ板を使用しています。固定部分が両側にあり支えているパーツ(スイッチ)も非常に軽いのでアルミ板でも十分の強度です。

2箇所目はここ。

アルミ板を使用して移設したスイッチパネル

ヘッドライトのHi-Low切り替えスイッチです。バイクのタンク下に移設しています。こちらも強度を全く必要としない部分なので安心して使用できています。

ほかにも応用すればこんな大掛かりな物の制作も可能です。

アルミパンチング板で自作したエリミネーター250SEのサイドカバー

画像が汚くて申し訳ありません。マイナスネジが自慢のサイドカバーです。これももちろんアルミ板で自作したもの。ネジ部分以外は市販のアルミ板です。パンチングのアルミ板を使い、通常のアルミ板(1.5mm)で縁を作りました。

エリミネーター250SEでサイドカバーを変えたい方は気を付けないといけません。あの不細工なもっこりサイドカバーがなくなるとニーグリップができなくなります。

アルミ板のカット(切断)方法

アルミ板は非常に柔らかいです。やわらかいものを切断する時にベビーサンダーなどを使用するとたわんで失敗する場合があります。金鋏というものもありますがこちらもたわんで失敗します。

個人的に一押しの方法はカッターナイフを使用した切断方法です。
切り口も非常にきれいでたわみもほとんどなく仕上がりが完璧なカット方法です。
経験上2mmの厚さまでは成功しています。それ以上の場合は金ノコまたはベビーサンダーなどを使用しましょう。
ではやっていきます。

アルミ板とカッターマットとカッターナイフと金定規の写真

必要なのは定規とカッターマットとカッターナイフ。カッターナイフは工作用の通常サイズのカッターナイフではなく大き目の作業用カッターナイフがおすすめです。H型と呼ばれる刃のサイズのカッターナイフです。

任意の大きさに定規を当ててスーッと線を引くように切り込みを入れます。

カッターナイフで傷を入れたアルミ板

こんな感じです。写真を撮るために定規を離していますが定規は外さず当てたままにしてください。同じように何度も切り込みを弱い力で入れていきます。

強い力で切り込みを入れると切り込みの線がズレてしまいます。片側10回ぐらい(厚みによる)切り込みを入れたら裏側も同じように入れます。

ここでポイント。線を全く同じ位置に入れられるようにこのように端の部分にカッターナイフで切り込みを入れて裏側のカットラインの位置を印付けします。

アルミ板の側面にカッターナイフの刃を当てている写真

そのあとは裏側も同じようにカッターナイフで切り込み線を10回ほど入れていきます。そのあとは切り込みの位置で折るようにして切断します。力が入れにくい大きさの場合はプライヤーなどを使用します。

アルミ板をプライヤーで挟んでいる写真

写真みたいにそのままプライヤーで挟むと傷がいくので段ボールなどを当ててください。

何回もキコキコと両側に折っていくと最後チョコレートのようにパキっと折れ切れます。これが最も簡単で最も美しいアルミ板の切断方法です。
切断面も少しバリが残ってアルミがけば立っていてはいますがとてもきれいです。

カットしたアルミ板の切り口

アルミ板の曲げ加工

アルミ板のカットができたら次にしたいことは曲げ加工ですよ。アルミは強度が低いので負荷のかかる部分には曲げ加工をすること自体はおすすめしません。
逆に言うと負荷のかからない部分には積極的に採用していきたいのが曲げ加工です。

短い目のアルミ板なら机の角に当てて簡単に曲がりますが10cm程の幅になるとそうはいきません。角材やアングル材と万力を使用して曲げます。

アルミ板を曲げる方法の図

アングル材は角が丸くアールがかかっているのでアングル材を使用するとアールのついた角になります。

パンチングアルミ板を曲げた写真

パンチングアルミ板はバイクのパーツ作りにも非常に重宝します。このままレギュレーターカバーなんかに使えそう。

おわり

以上がバイクカスタムに便利なアルミ板の加工方法です。アメリカンバイクなどの自作カスタム派はぜひ身に着けておきたいスキルです。
ちなみにステンレスパイプの加工方法なんかも紹介しています。

【バイク】かっこよすぎるステーを簡単に自作するたった1つの方法!アメリカンカスタム向き

プライバシーポリシー