でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

スタイロフォーム【価格一覧】ホームセンターカット済み売り

スタイロフォーム【価格一覧】ホームセンターカット済み売り

どうもでょおです。
現在、FRPで私のバイク(エリミネーター250SE)のシングルシートカウルを自作する企画が絶賛配信中(?)です。実は今回、スタイロフォームを使うかどうかかなり迷っていました。理由は簡単です。使ったことないから…
結果、それほど渋る値段でもなかったのでホームセンターで売ってるものを買いました。

 

スタイロフォームの価格を調べた経緯

実はこれまでFRPでパーツを作る際にスタイロフォームは使用しませんでした。今回はスタイロフォームか木材がないと、できなかったので悩んだ末にスタイロフォームをチョイスしました。値段もそれほど高くなく、木材よりも加工しやすかったからです。
それでは早速、スタイロフォームの価格を見ていきましょう。ではどうぞ。

スタイロフォームの価格を調べた場所

今回調べたスタイロフォームはホームセンターでの価格です。全国展開しているホームセンターですがちょっとローカルで同じ都道府県内では他に見たことがありません。いかにも田舎の超大型ホームセンターです。同じホームセンターでも地域や時期によって値段が異なる場合はあります。もちろんホームセンターによっても値段は異なりますのでご注意ください。

スタイロフォームの価格

1820mm×910mm

  • 20mm 1067円
  • 25mm 1308円
  • 30mm 1450円

910mm×910mm

  • 20mm 640円
  • 25mm 785円
  • 30mm 870円

もちろんホームセンターによって価格は異なります。他にも50mmほどの分厚いものもありましたが今回は割愛します。ちなみにこのホームセンターでは910mm×910mmの半分切り売りまでしかしてませんでした。

スタイロフォームAmazonでの価格

参考までにネット通販再大手のAmazonでのスタイロフォームの価格も調べてみました。(2018年1月21日現在)

450×450×20mm 318円

どうやら現在Amazonで1820mm×910mmサイズでは売っておらず、切り売りしている店しかないようですね。約4枚で大判サイズになるので318円×4=1272円ですね。ホームセンターは1067円なのでAmazon経由の方が高いですね。こちらのショップはAmazonからの発送ではなくショップからの直送なので送料がかかります。やはりAmazonが発送を請け負っている業者の方が安いようですね。

まとめ

個人的にスタイロフォームはホームセンターで購入するのがおすすめです。ですが通常規模のホームセンターでは売っていない場合もあり、特に切り売りはしていないところがほとんどです。小さいホームセンターに1820mm×910mmが売っていたのですが車に乗らないのでカットを聞いてみましたが断られました。(今考えるとカッターナイフ持っていけばよかったな)
今回スタイロフォームをカット済みで売っているホームセンターは3軒目で発見。それも普段は絶対に行かないほど遠いところでした。
スタイロフォームをホームセンターで購入する場合はかなり大型のホームセンターがおすすめです。
ではまた。