でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【悲報】マスタングmach1が【電気SUV】になって帰ってくる

どうもでょおです。書きかけの記事が散乱しすぎていて逆に更新ができないというスランプに陥っております。今回は珍しく車関連の記事です。フォードが新たに電気自動車のSUVを開発していると発表があったのですが、その車種の名前がまさかのmach1(マック1)ということに衝撃を受けております。

フォードの電動SUV発表

youtubeに問題(?)の発表動画がありますのでどうぞ。発表も何もまだその名前が発表された程度の内容ですが。

youtu.be

どことなくB級SFの雰囲気が漂っていて個人的に好きなプロモーション映像です。

フォードを代表するSUVのエクスプローラーとフォードの代名詞マスタングの2台が工場内に入り、工場に雷が落ちて、新しい高性能電動SUVをイカズチにて表現しています。最後にmach1(マック1)のロゴマークが映って終わります。マスタングファンならすぐにわかりますがこのマークもこれまでマスタングで採用されていたmach1(マック1)のロゴマークと同じですね。

そもそもマスタングmach1とは

【悲報】マスタングmach1が【電気SUV】になって帰ってくる出典:Ford Mustang Mach 1 - Wikipedia

フォードマスタングのハイパワーモデルの名前です。日本では昔はマック1ではなくマッハ1と読んでいました。フォードマスタングにはコブラやBOSS、シェルビーなどのたくさんの高性能モデルがあります。マスタングmach1(マック1)もその中の一つです。マスタングにはじめてmach1のバッジが与えられたのが1969年。ハイパフォーマンスモデルのマスタングとして非常に人気で、なんといってもシェイカーフードと呼ばれる小刻みに揺れるエアスクープがトレードマークです。
その後もマスタングII時代である1978年まで採用されます。今でこそV8マスタングといえばGTですが一時はマッハ1のせいでGTモデルがなくなったりもしました。2003年にSVTコブラとGTの間くらいの位置付けで復活しますが、最後のmach1(マック1)は2004年(多分)
その後はシェルビーの名が使える事になり、高性能モデルの名前にはシェルビーを使う事が増え、他にはBOSSシリーズも1970年以降振りに復活しました。そのせいで2005年以降のここ15年ほどmach1(マック1)の名前は使われなくなりました。(コブラもね)
そのマスタングの中でも歴史あるmach1の名を譲ってもよいと感じるほど実力のある電動SUVなのでしょうか。公式では「高性能電動SUV」とのことですのでパフォーマンス面も期待ができそうです。

逆にエクスプローラーとは

【悲報】マスタングmach1が【電気SUV】になって帰ってくる出典:https://www.ford.com/suvs/explorer/gallery/

マスタングmach1と一緒に工場に入って行ったSUV、フォードエクスプローラーは一体どのような車なのかですが、1990年よりフォードで販売されているSUVでアメリカでは一番売れているSUVです。
もちろんマスタングなんかよりも売れているフォード車です。3.5リッターV6エンジンでパワフルというよりは軽快な走りができるSUVです。日本でもアメ車カスタム愛好家に非常に好まれています。
アメ車がほとんどは知らない日本でも「マスタング>エクスプローラー>ラプター」くらいで見かけますかね。

あとがき

実は2018年にフォードマスタングmach1が復活すると噂があったのですが、まさかこんな形で復活とはおもいませんでしたね。エクスプローラーとmach1の合体で名前は「エクスプローラーmach1」とかになんなきゃいいですが。私の乗っている年式のマスタングはシェルビー復活前だったので個人的にはマスタングシェルビーのビッグネームより、マック1やコブラの方がなじみがあっただけにちょっと残念ですね。
時代の流れもあり、フォードはEV電気自動車に力を入れていることなので鳴り物入りの高性能電動SUVには新たな名前を与えるより、マスタングmach1のかつての人気にあやかった方が販売戦略的に有利だと思ったんでしょうかね。
いずれにしても2020年に登場する新型mach1の行く末が楽しみですね。
ではまた。

アメ車査定ならアメ車専門買取.com [PR]