でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【グラフィックデザイナー】入稿失敗でやっちまった失敗3選

【グラフィックデザイナー】入稿失敗でやっちまった失敗3選

グラフィックデザイナーの皆さんどうも、毎日5回は「辞めたい」と思う社畜でょおです。
グラフィックデザイナーの仕事、大変じゃないですか?大変ですよね。色々なバイトしたことがありますがこんなにストレス溜まりまくりの仕事ってそうないなと思ってます。
特に気が触れてしまいそうになるときは入稿の失敗、不備が起きたとき。ヌリタシやトンボなんかの一般的なものは印刷会社から連絡がきますがそうじゃないものもありますよね。最悪なのは上がってきて初めて気付くパターン。
グラフィックデザイナーが数名いればお互いにデータ確認し合ったりできますが1人の場合はそうはいきません。ミスした責任は全て自分にだけ降り注いできます。
そんな皆さん、毎日辛いでしょうがでょおのバカみたいな入稿不備歴を見て笑って元気出してください。ではどうぞ。

なぜかグラデーションがかかってきた

文字にグラデーションってかけられないですよね。(塗りの追加除く)
これって正確にはグラデーションかけられるけど反映されないってことなんですよね。なので文字にグラデーションをかけた後に文字のアウトライン化を行うとグラデーションがかかっちゃうんです。

入稿不備例グラデーション

大体、なんでそんなもんにグラデーションかけてんねんってツッコまれそうですが、文字を選択した状態でキーボードのピリオドを押すとグラデーションに切り替わるんです。グラフィックデザイン時とタイピング時でポジション入れ替えするのが面倒な私はテンキー使いまくり。誤タッチでグラデーション化してました。印刷上がって顔面蒼白。ややこしいショートカットキーまじでやめて。

まとめてラスタライズかけたら線が入った

ラスタライズはなんでもかんでも埋め込みビットマップにできる便利な物ですが普通はラスタライズなんか使う事ありませんよね。通常、ネイティブデータで入稿する際の画像はPSDかEPSで配置が定石です。
でもデザインしてる最中はJPGで配置しちゃってます。というのも画像の大きさの変更指示なんてすぐに来るからです。その都度いちいちphotoshopで画像を開き直す面倒なことはあまりしたくない。
なので逆に言うと印刷入稿データにするときが面倒くさい。全ての画像を適切な物に編集し直す必要があるからです。そんなときラスタライズはとても便利です。埋め込み推奨の印刷会社に入稿するときはもう面倒なので背景含め多くの画像をまとめてラスタライズかけちゃいました。
すると印刷上がってきた物をみると何故か所々写真の上に細い横線が入っていました。

入稿不備ラスタライズ

この不備が起こる条件はよく分からないのですがパソコンの性能不足で起こる事があるようです。楽しちゃ絶対痛い目にあうのでダメです。

データロックかけてた

ロック機能便利ですよね。command+2。使わない人はいないんじゃないかってくらい多用しています。ところがうっかりロックをかけた状態で入稿しちゃうと痛い目に遭います。遭いました。
印刷して仕上がってきた物を見るとロックかかっちゃってた部分だけ印刷されてません。

入稿不備ロック

ドロップシャドウだけ取り残されて汚れなのかなんなのか分からない事に。印刷会社さんがカンプを見て気付いてくれるときもありますがもちろん向こうも人間なのでそういう訳に行かないときもあります。というか人を頼ってちゃいけません。

終わり

以上、どうでしたか。なかなか特殊なパターンの失敗ではありませんか?私のバカみたいな入稿不備と比べるとあなたの文字不備やリンク切れなんて可愛いものじゃないですか?人間なんで失敗なんていくらでもありますよ。
私みたいな人間も下にはいるのでご安心ください。

プライバシーポリシー