でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【感想】12モンキーズ(TVドラマ版)シーズン1レビュー!ネタバレなし

f:id:dyoblog:20170506225415j:plain

出典:「12モンキーズ」TVシリーズ 公式サイト

 

こんばんはでょおです。
今回はNetflixでドラマ版12モンキーズシーズン1を鑑賞して結構おもしろかったのでその感想レビューを記事にしたいと思います。
ドラマ版のネタバレはありません。


あらすじ

2043年、地球では謎のウイルスによって人類の99%が死滅していた。生き残った人々は地下世界で暮らしていたが、このままでは滅亡の日はそう遠くはない。人類の未来を変えるためには、過去を変えるしかない。

出典:STORY|「12モンキーズ」TVシリーズ 公式サイト

 

キャスト

  • ジェームズ・コール/アーロン・スタンフォード
  • カサンドラ・ライリー/アマンダ・シュル
  • ジェニファー・ゴインズ/エミリー・ハンプシャー

出典:CAST|「12モンキーズ」TVシリーズ 公式サイト 

映画12モンキーズとの相違点

映画版12モンキーズと言えばブルースウィリスとブラッドピットがキャストに並び、テリーギリアムが監督した作品で非常に有名です。陰謀を巡るサスペンスをタイムトラベルというSF要素で解釈し、テリーギリアムの世界観が光る作品です。
ドラマ版12モンキーズも基本的なプロットはおんなじです。人類がウィルスによりほぼ死滅し、ウィルスを撒いた「12モンキーズ」という組織を過去に戻って食い止める。

キャストは違えど登場人物も同じような人たちです。
ブルースウィリス演じたジェームズコールが主人公でヒロインにライリー博士(ファーストネームは違う)ブラッドピットが演じたイカれた若者(ゴインズ)は女性に変更されてます。他にも映画ではちょい役だったホセやゴインズ父も出てきます。

  • 映画版とドラマ版の相違点は
  • テリーギリアムっぽい世界観がない
  • ジェフリーゴインズが女性
  • あのどんでん返しがない


というところですかね。SFものとしては普通に楽しめるドラマです。

 

魅力1.映画版へのオマージュ

映画版12モンキーズの話ばかりで申し訳ないですが映画版12モンキーズは誰もが認める名作です。その映画版へのオマージュが随所に見られます。(正直、映画版は2回程しか見た事ないので違ったらごめんなさい)

 

1.主人公コールを演じるキャスト

映画版ではブルースウィリスが演じた主人公コールを演じるのはアーロン・スタンフォードという俳優さんです。この人がブルースウィリスに似てないんだけど似てるんですよね。わしゃわしゃ喋る感じとか小汚い髭とか5年後にはハゲていそうなコシのない髪とか。明らかに映画版コールを意識していると思われます。

 

2.セットが似てる

映画版には主人公コールとライリー博士が身を隠す建物とドラマ版ライリー博士宅が何処ととなく似てたりタイムトラベルするセットも似てたり。

ネタバレを含むので詳しく言えませんが他にも同じようなシーンがあったりと、比較的原作を大切にするリメイク作品といったところです。

 

魅力2.問題が解決しない

タイムスリップ系の作品で必ず言われ続ける言葉があります。それは「過去は変えられない」ということ。これには親殺しのパラドックスというものがありまして、どういう事かというと

過去に行って自分の親を殺すと、親を殺す自分が生まれなくなるので親を殺す事ができない。

ということです。SF作品ではこういうものを上手く(都合良く)処理していて、そのうちの一つが「過去を変えても結果は変わらない」ということ。例えば上の親殺しのパラドックスを例に挙げて見ると、親を殺したけど一命を取り留めたとか親を殺したけど実は生みの親ではなかったとか。

タイムスリップ系の作品には付き物なのですが世界を救っても別の理由で世界が崩壊しているっていうパターンでなかなか問題が解決しません。

その他にも物語後半に登場する謎の人物の正体がわかったりわからなかったりと、シーズン1を通して謎ってひとつでも解けたっけ?って感想。

 

魅力3.終わらない

上記の魅力2で触れた事ですがシーズン1では解決しきりません。ドラマは通常1シーズンで一区切りですが12モンキーズでは世界を救う使命も敵の正体もシーズン2、シーズン3と持ち越しのようです。さくっと観たい方には魅力ではないかもしれませんね。

 

魅力4.ジェニファーがかわいい

映画版ではブラッドピットが演じたキャラクターですがドラマ版では女性キャラに置き換わっています。演じているエミリー・ハンプシャーさんはいかにも美形って感じの女優ではないですし、ヒロインの役は明らかにアマンダ・シュル演じるライリー博士なのですが、ジェニファーはとても魅力的です。

オーファンブラックのヘレナのように精神障害のある女性キャラは感情に対して素直に描かれる事が多いので魅力的に見えるのでしょうか。メンヘラが魅力的とかいってるから彼女できない

 

おわりに

テレビドラマ版12モンキーズは映画のテリーギリアム版とは別の世界観で描かれていますが完全に別ものといったほどかけ離れてはいません。最初に言った通り映画版から「テリーギリアムらしさ」と「どんでん返し」を取っ払ったSFヒーローものといった作品です。
本国では2017年にシーズン3が放送開始になるようです。ドラマ版マイノリティーリポートと違い大人気シリーズに変貌していきそうな予感がしますね。

【感想】12モンキーズ(TVドラマ版)シーズン1レビュー!ネタバレなしを最後まで読んでいただいてありがとうございました。

海外ドラマ記事

プライバシーポリシー