でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

ブラックライトニング【DCドラマ】13話(最終話)ネタバレ感想評価

【感想】ブラックライトニング-DC最新ドラマ第1話「ネタバレあり」
出典:http://www.cwtv.com/shows/black-lightning/

どうもでょおです。DCコミック原作ドラマ『ブラックライトニング』が終わってしまいましたね。まさかの13話枠でびっくりしました。同じくDCコミック原作のドラマで本国では同じ放送局(The CW)のアローバースは基本的に24話前後で1シーズンとなっているので24話前後になると思っていました。前回も「ちょうど折り返し地点です」なんて言ってしまってました。

【DCドラマ】ブラックライトニング10話~12話ネタバレ感想評価

なので今回はブラックライトニングシーズン1最終話の感想記事になります。いつも通りネタバレ有りの記事になりますのでまだ観ていない方はご注意ください。ちなみにブラックライトニングシーズン1はNetflixで全話視聴可能です。Netflixについては下記記事で紹介しています。

【Hulu・U-NEXT・Amazonプライムビデオ】動画配信サービス最強決定戦

ではどうぞ

ブラックライトニング13話 死の影: 戦争の足音あらすじ

高校での戦闘が思わぬ結果に終わり、不安に包まれるピアース家。プロクターとトビアスはそれぞれ戦いを仕掛け、一家は息つく暇もなく対応を迫られる。

出典:Netflix

前回、カリルにやられて危機的状況を迎えたジェファーソン。ピアース一家は避難しますがプロクターもトビアスも一家を狙ってやってきます。

どんどん謎が解明

ブラックライトニングことジェファーソンはカリルにやられました。ジェニファーが蘇生させたものの依然、昏睡状態のジェファーソンの夢の中でジェファーソンの父との過去が明かされます。父とギャンビの間に何があったのかも語られました。

他にはトビアス・ホエールの部下シオナイドに関しても言及がありました。彼女が子どものころからトビアスが暗殺者として育て、皮膚の下にはカーボンファイバーが移植されているということが判明。そりゃサンダーとやり合ってもあんだけ強いわけだわ。

他にはトビアスがララのことをタトゥーマンと呼んでました。原作コミックに登場するんだろうなと調べてみるとやっぱりDCコミックに登場するヴィランでしたね。

意外とトントン拍子

とんとん拍子というか最終話に駆け足で話が進んでいきましたね。タトゥーマンことララの自爆もむなしくプロクターにはなんの被害も出ませんでした。まさかこれでララが死ぬとは思えないのでブラックラトニングシーズン2でもきっと登場してくれるでしょう。
その後、ジェファーソンのパワーが電池切れ状態になったのでジェニファーが充電。予想通りの展開でしたがなかなかの名シーンでした。

ろくでなしプロクターの始末をギャンビがしてくれたところでブラックライトニングシーズン1のゴタゴタは終了。ASAの指示ではなく自分の意志で行動をしていたということがわかったので今後のブラックライトニングシーズン2ではどの程度ASAが絡んでくるかどうかわかりませんね。

最後はいつものように親子でジョギングができる平和な日常が帰ってきました。このシーンは何度目でしょうか。3回くらいはあった気がします。

あとがき

以上がブラックライトニングシーズン1最終話「死の影: 戦争の足音あらすじ」の感想記事になります。最後の方はかなり駆け足で消化不良のところが多かったですね。無理矢理終了した感じがあります。ですが打ち切りになった訳ではありません。ブラックライトニングはどうやらシーズン2への更新が決まっているようですので楽しみですね。
今後は次女ジェニファーの活躍やアローバースとのクロスオーバーも期待したいですね。ではまた。

ソース:米CW、『スパナチュ』『ARROW』『FLASH』など10シリーズの更新を決定!

まだFire TV StickなしでNetflix観てるの?それって損してない?

ブラックライトニング感想記事まとめ

【ネタバレなし】ブラックライトニングの概要
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第1話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第2話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第3話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第4、5話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第6、7話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第8、9話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第10、11話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第13話(最終話)