でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【ネタバレなし】ブラックライトニングの感想と概要 DCコミック

【感想】ブラックライトニング-DC最新ドラマ第1話「ネタバレあり」
出典:http://www.cwtv.com/shows/black-lightning/

どうもでょおです。先日よりDCコミックの最新ドラマブラックライトニングの感想記事を書いています。ブラックライトニングの魅力をまだ観ていない方にも伝えるために今回はネタバレなしでブラックライトニングの感想記事を書きたいと思います。第1話と第2話の感想になります。それではどうぞ。

ブラックライトニングの概要

DCコミック原作のスーパーヒーロードラマ最新作のブラックライトニング。正体は2人の娘がいるシングルファーザーで、職業は学校の校長先生。妻の願いから9年前にブラックライトニングを引退しています。現在は離婚していて復縁を願っているごく普通の主人公ジェファーソン・ピアース(ブラックライトニング)

ブラックライトニングの能力

名前からも想像できる通り能力は電気を放ったり電気を操る能力です。養父である仕立て屋ギャンビの作ったスーツを身につけブラックライトニングとして活動します。ドラマ版では基本的にギャングなんかを相手にするクライムファイターです。

アローバースではない

ご存知DCコミック原作のスーパーヒーロードラマアロー。アローを筆頭にフラッシュ、レジェンド・オブ・トゥモロー、スーパーガール、コンスタンティンなんかがアローと世界観を共有するアローバースに属す訳ですがこのブラックライトニングは現状独立した作品になっています。

ブラックライトニング放送局

海外での放送はアローと同じくtheCWですが日本では現在、Netflixが独占して放送しています。本国配信から1週間後に観れるのでDVD待ちよりもはるかに早く鑑賞する事ができます。

ブラックライトニングの感想

評価を一言でまとめると上々です。1話、2話しかまだ鑑賞できていませんが面白いですね。アローバースではないということで下手に構えて観ることもありません。ブラックライトニングを演じるクレス・ウィリアムズがスーパーヒーローにぴったりな体格でかっこいいです。やっぱりヒーローは背が高くてガタイがいいのがカッコいいですね。
通常ドラマや映画ではスーパーヒーローになるオリジンから描かれ、活動して成長していく中で苦悩を味わいます。ですがブラックライトニングはすでに9年前に引退していますしジェフの離婚の理由はブラックライトニングだったこともあり、第一話からすでにヒーローとしての苦悩を深く描いています。
またすでに50代くらい(多分)の年齢だということもあり、単純明快なスーパーヒーローよりも深い作品として描かれる事が想像できますね。シリアスなのに抜けているアローやメタヒューマンばかり登場する非現実的なフラッシュよりも一般層が観やすい作品かと思います。
またメインヴィランのトビアス・ホエールにも大注目です。強烈なイメージを持ったラッパーマーヴィン・“クロンドン”・ジョーンズ3世が演じます。原作コミックのブラックライトニングではトビアス・ホエールはアルビノ(白皮症)の黒人だそうですが演じるクロンドン自身もアルビノ疾患があるそうで特殊効果や演技力だけでは、まかなえないバックボーンのある俳優さんで期待値大です。超極悪で視聴者を魅了するようなヴィランになることが楽しみですね。
サウンドには効果的にブラックミュージックが使用されていることもあり、アローバースと比較するとスタイリッシュでおしゃれな雰囲気もあり、ザ・ヒーローものなのにそういった雰囲気を感じさせないドラマになっています。

あとがき

以上が【ネタバレなし】ブラックライトニングの感想と概要 DCコミックになります。始まったばかりということもありこれからブラックライトニングというドラマがどのように舵を取っていくのか、今後アローに匹敵するような人気シリーズドラマになるのかが楽しみですね。まだ未視聴の方も少しは興味を持っていただけましたでしょうか。ご興味のある方は是非Netflixで。

ブラックライトニング感想記事まとめ

【ネタバレなし】ブラックライトニングの概要
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第1話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第2話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第3話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第4、5話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第6、7話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第8、9話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第10、11話
【ネタバレあり】ブラックライトニング感想第13話(最終話)