でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【感想】コラテラル 真実の行方『童顔キャリーマリガンの硬派な刑事ドラマ』

【感想】コラテラル 真実の行方『童顔キャリーマリガンの硬派な刑事ドラマ』
コラテラル 真実の行方 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト


どうもでょおです。最近見ていた海外ドラマがいっぺんに終わってしまい手持ち無沙汰を感じていて、「何かないかなー」なんて思って見つけたのがこちら。
Netflixオリジナルドラマ「コラテラル 真実の行方」
トム・クルーズとジェイミー・フォックスのあれじゃないです。キャリー・マリガン主演の刑事ドラマですね。こちらはリミテッドシリーズですが、リミテッドシリーズというのはシーズン継続しない、1つのシーズンで1つの話になってるドラマですね(多分)。刑事ドラマって結構苦手でいっつも途中でやめちゃうんですがこちらは全4話で、シーズン更新も無いと思うので挑戦してみることにしました。
この記事はネタバレなしでお届けします。未視聴の方も安心してご覧ください。

あらすじ

ロンドンで発生したピザ配達人殺害事件の背後に潜む黒い影…。麻薬の売人や密輸業者、スパイらの思惑が複雑に絡み合う陰謀に、1人の刑事が立ち向かう。
コラテラル 真実の行方 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

ロンドンでピザ屋の配達員が殺されてしまうのですが、その殺され方が明らかにプロの仕業。何故、誰が、何のためにピザ屋の配達員なんか殺すのか。捜査は一癖も二癖もある関係者ばかりで、背後にある陰謀をキャリー・マリガン演じるキップ・グラスビーが捜査します。

キャスト

  • キャリー・マリガン
  • ジョン・シム
  • ニコラ・ウォーカー

キャストで特筆すべきはなんといっても主演のキャリー・マリガン。キャリー・マリガンといえばドライヴやグレート・ギャッツビー、シェイムなんかのふわふわしたフェミニンな役柄のイメージが多いですが今回の「コラテラル 真実の行方」では仕事にストイックな刑事役。殺人事件という初の大きな仕事で寝ずに捜査する熱心さ。さらに妊娠中という、非常に力強い女性を演じています。童顔で可愛いんですが顔がシワシワなイメージがあります…。印象的で「一度見たら意外と忘れない」感じですが今ひとつ当たらないイメージもあります…。
ピザ屋の暗殺を請け負った人物も女性だったり、遺族の女性も印象深く、強い女性が活躍するドラマです。

感想

第一話を観た時に一番思ったことは「登場人物多すぎ」ということ。第一話でそれなりに重要そうなキャラクターが多数登場し、一体彼らがどのように事件に関わってくるのか不明でした。どのキャラクターも遠くで繋がっているイメージと言うべきでしょうか。だんだんと慣れて来ると大丈夫ですが最後はこのバラバラの話が一つに収束します。

作品全体の雰囲気も重厚なトーンでなかなかカッコいいです。特にクセもないのでどんな方にも非常に観やすい作品になっていると言えます。事件は複雑ですがそれを感じさせないので、ものすごく頭使うドラマでもないのがありがたいです。アホなので難しい話は苦手です。

「コラテラル 真実の行方」は長さも全4話とちょうどいいので連休なんかにまとめて観るのにおすすめですね。

【Hulu・U-NEXT・Amazonプライムビデオ】動画配信サービス最強決定戦
コラテラル 真実の行方 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト