でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【感想】ダークジェントリーシーズン2第8話〜9話『ネタバレあり』

【感想】ダークジェントリーシーズン2第1話『ネタバレあり』
出典:Dirk Gently Season 2 | Official Trailer | October 14 @ 9/8c on BBC America - YouTube

どうもでょおです。そろそろこの感想記事も飽きてきちゃいました。ダーク・ジェントリーシーズン2の感想記事です。前回の続きで第8話「黒髪の小さいヤツ」第9話「それは大変」の感想記事になります。それではどうぞ。

 

あらすじ

第8話 黒い髪の小さいヤツ

ブラックウィングの責任者のように振る舞うケン。メイジを追い払うファラとティナ。トッドとアマンダを救い出すため、ダークは荒くれ3人組と協力する。
出典:私立探偵ダーク・ジェントリー | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

第9話 それは大変

パントとサイラスは再会を果たすが、彼らの故郷は戦場と化してしまう。ブラックウィングは、襲撃されて大混乱に。メイジは、ファラ達を痛めつける。
出典:私立探偵ダーク・ジェントリー | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

第8話と第9話は色々なことがありエンディングに向けて展開も急だったので感想記事は2つまとめなくても良かったかもしれませんね。いつものペースで感想書くと長過ぎる。それぐらい見所の多い2話でした。


事件の解決

まずはなんといっても事件が解決したことですね。冒頭に過去のシーンも入って分かりやすかったですしダークの推理で全部すっきりしました。大方解けてたけどね。夢を現実にする能力があれば木の上の新車も木の中の骨も実現可能ですね。私のフリードキン並みの脳みそでは理解できないのですがモロック少年はウェンディムーアじゃない方の世界、カルディナス邸似の世界はどうして作ったんでしょうか。意図したものではなく悪夢から生まれた産物といったところでしょうか。

モナ・ワイルダーの正体

満を持してモナ・ワイルダーが再登場しました。キーパーソンと思わせておいて完全にミスリードされちゃいましたね。初回の一瞬しか登場しなかったのでミステリアスなキャラクターのイメージがありましたが、そのベールが剥がされると普通の能力者。それどころかふわふわした不思議ちゃんキャラという意外さ。生き物に化けると自分の正体を忘れるから無機物に化けるのが好きということで、長年自分の正体を忘れちゃってたドジっこ要素あり。
今後人気が出てメインキャストに添えることができるそうな雰囲気があるキャラクターでした。(打ち切り残念)

メイジの死

ホブスがどうなるんだろうと思っていましたがファラとティナの残された組によって救出されましたね。スージーの旦那が必死に魔力に抵抗してくれたおかげでメイジの居場所を突き止めることに成功しました。このとき説得していたティナが良かったです。ホブスとの友情や依存症だった過去が垣間見えましたし。
メイジにちゃっかり踊らされた3人。仲間同士で撃ち合ってしまいます。こんなときでもユーモアを含ませているダーク・ジェントリーが私は大好きです。最後はファラの活躍によりメイジを倒します。ファラならやってくれると信じてましたよー。

トッドの能力開花

アマンダと同じく幻覚があるトッドももしかして能力あるんじゃないの、なんてこの間言っていましたがトッドも能力発揮しました。有刺鉄線を見事現実に改変しました。そして最後はアマンダの能力の補助としてトッドも井戸を開けるのを手伝います。トッドはアマンダと違って訓練をしていないのできっと補助的な役割なんでしょうね。アマンダは一人で開けられるけどトッドは一人じゃ無理そう。きっとこの能力の開花も今後のシリーズへの布石のつもりだったんだろうなと思うと悲しくなってきます。

ケンの出世

フリードキンよりも圧倒的に頭のいいケンはブラックウィングで実権を握ります。元々は拘束を解いてほしいということだけが目的でフリードキンを利用していましたがいつのまにか権力を手に入れることが目的になっていたようです。初回から期待していたバートとの再会はとっても残念でしたね。個人的にこの二人の関係、友情がシーズン1では一番好きだったので。バートをブラックウィングに連れ戻そうとしていましたし、友情より権力を選んだケンに失望しました。

バート無双

ミスタープリーストに捕まりそうになったときもパントにまかせて殺人をおかさなかったバート。第9話の最後で友達のパントを殺されようやく暗殺者に復帰します。死なないバートに弾は一発もあたりません。やっときたかと喜びましたがこの後の描写は割愛されました。
ダーク・ジェントリーシーズン2ではバートが本当に不遇すぎですね。人気キャラなのに出番が少なく、コンビをケンからパントに乗り換えさせられましたがパントとバートじゃケンとのような化学反応は起きない。バートは暴力的で世間知らず、知識が乏しいキャラクターです。バディものの鉄則ですが正反対のキャラクターをバディにさせる必要があります。ですがパントも現実世界では世間知らずで知識が乏しいです。ブラックウィング相手にも見事な剣さばきのパントとコンビにしても何もおもしろくありません。

終わり

何はともあれ次回がダーク・ジェントリーシーズン2の最終話になります。そしてダーク・ジェントリー最後のエピソードになります。もうあとは物語をまとめるだけですね。以上が【感想】ダークジェントリーシーズン2第8話〜9話『ネタバレあり』になります。次回ラストだよ。ではまた。

【Hulu・U-NEXT・Amazonプライムビデオ】動画配信サービス最強決定戦

ダーク・ジェントリー シーズン2 1話ネタバレ感想
ダーク・ジェントリー シーズン2 2・3話ネタバレ感想
ダーク・ジェントリー シーズン2 4・5話ネタバレ感想
ダーク・ジェントリー シーズン2 6・7話ネタバレ感想
ダーク・ジェントリー シーズン2 8・9話ネタバレ感想
ダーク・ジェントリー シーズン2 10話(最終話)ネタバレ感想