でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【ネタバレ感想】レギオンシーズン2第6話|ファンでも理解不能

レギオン/シーズン2【ネタバレ感想】マーベルX-MEN原作の海外ドラマ

出典:レギオン シーズン2|FOX|FOX ネットワークス

いやーレギオンシーズン2の第6話を観たのですが、シーズン2で一番訳のわからん、無駄足のエピソードでしたね。やりたいことがわからなくもないんですがエピソード数少ないのでもうちょっとテンポよくいきましょうよ。レギオンは元々テンポが悪いし、訳の分からんところがたくさんあるドラマですが今回は別格でした。

前回、レニーが帰って来て喜んでたんですが残った疑問がありまして、レニーの肉体は一体誰の物なのかということ。今回はその肉体の持ち主、そして持ち主のことを振り返る回でした。かなり特殊な方法で振り返りました。

前回までの感想 レギオン/シーズン2第5話

今回も例に漏れずネタバレ有りの感想記事になりますので、未視聴の方はご注意ください。それからX-MENのドラマレギオンはHuluU-NEXTで見逃し配信中です。

 

第6話「起点」あらすじ

スーツ姿のデヴィッドが、大人数分のコーヒーを抱えて建物に入る。そこは投資顧問会社のビルで、デヴィッドはその会社の新入社員だった。会議室では、ある企業同士の合併の話し合いが進められており、デヴィッドは会議に出席している両社の代表者の心を読んでしまう。そして彼は、1社の代表者が自社にとって不利益となる情報を隠蔽していることを悟り、他社の代表者へとその情報を伝える。その結果、合併は中止となるのだった。

出典:エピソード|レギオン シーズン2|FOX|FOX ネットワークス

突如わけのわからない世界が出現しました。年寄りなデヴィッドが登場したかと思えば、ビジネスマンのデヴィッドが登場。さらにデヴィッドは自身のテレパスの能力を使い、ビジネスに活用。現在の話じゃないだろうし、過去の話でもないのでifの世界だろうなと思いましたが、それ以上になんでこうなるのかが謎でした。

別のタイムライン

ビジネスマンデヴィッドが出て来たり、ホームレスデヴィッドが出て来たり、ノロいデヴィッドが出て来たり色んなデヴィッドが登場ました。「なになにー?どうなってんのー?」と思ってるとゾンビ風のデヴィッドが全ての選択ごとに全ての結果があるという話を木の枝に例えてします。
映画「ミスター・ノーバディ」みたいですね。全ての可能性に全ての選択がある。選択するたびにパラレルワールドが増えるという設定です。「ミスター・ノーバディ」は愛を描いたSF映画でしたが今回のレギオンシーズン2第6話も同じように愛の話でした。デヴィッドが選択するたびに生まれたパラレルワールドやデヴィッドの過去に関わって来た姉「エイミー」を偲ぶエピソードだったと言っても良いかと思います。

アメコミは多元ユニバースが一般的ですし、今回別のデヴィッドが色々登場するのもそんなファンへのプレゼントだったのかもしれませんね。大富豪デヴィッドはそのままヴィランとしてキャラクターできそうな感じもありましたし。あとは久しぶりにシャドウキングのホラーっぽい化け物が登場してたのが何気に嬉しかったです。

レニーの体

エイミーはレギオンシーズン1の時はそれなりに活躍してましたし、シーズン2でも今後登場してくるんじゃないかと思っていましたがまさかこのような形で再登場するとは思ってもみませんでした。レニーの体はデヴィッドの姉エイミーだった訳ですがこれが今後どのように影響してくるかですよね。デヴィッドがレニーを恨む可能性もありますが、ファルークを恨むことは明らかです。未来のシドはデヴィッドがファルークを殺すとも言ってましたのでこれが原因でファルークと対決することになるかもしれません。
エイミーを偲ぶエピソードだったので復活する可能性は少なそうですが、このまま完全退場するのか、それともレニーの中にまだエイミーが残っていて今後何らかの形で登場するのか。などレギオンならどんなパターンがあってもおかしくなさそうです。

終わり

各方面からつまらないと言われまくってるレギオンですが私は大好きです。何でつまらないんだろうね。進行遅いからですか?でもほとんどの海外ドラマって進行早過ぎじゃないですか?
逆にどこが面白いの?って聞かれても上手く答えられませんが。テレパスのミュータントが主役だということもありその精神世界を大きく反映させた世界観でしょうか。60年代を彷彿とさせる衣装も好きですしテリー・ギリアム監督作品のように「意味わからん」部分がたくさんあるのも好きです。

中には共感してくれる人もいるはず!と信じて布教活動。レギオンシーズン2はHuluU-NEXTで見逃し配信中です。
ではまた。