でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【ネタバレなし感想】スターウォーズ/最後のジェダイ『あの名セリフは?』

f:id:dyoblog:20171215155644j:plain
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

どうもでょおです。
昨日はスター・ウォーズ/最後のジェダイのネタバレありの感想記事を書きましたので今日はまだ観てない方のためにネタバレなしバージョンの感想記事を書きたいと思います。
面白かったか、面白くなかったか、感想を一言でまとめると面白かったです

 

スター・ウォーズ/最後のジェダイのあらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、"光"と"闇"の間で揺れ動く二人を待ち受ける"衝撃の運命"とは?
引用:スター・ウォーズ/最後のジェダイ - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarks

もうね、ざっくりとしたあらすじを紹介するのですらネタバレになっちゃいそうです。
レイはスター・ウォーズ/フォースの覚醒のエンディングでルークを戦争に引き戻そうと説得に行きましたがこれがなかなかうまく行きません。ルークはジェダイの帰還の明るいキャラクターから一変して暗く、小難しい老人になっていて説得を聞かず、もったいぶってその理由も話してくれません。
一方、元共和国側の反乱者たちはファースト・オーダーによって危機的状態に。新開発の技術を持ったファースト・オーダーから逃げ切れなくなり、おまけに燃料も底を付きそう。昏睡状態から回復したフィンと新キャラのメカニックのローズがスター・デストロイヤーに忍び込む作戦を敢行するため惑星カント・バイトに向かいます。

スター・ウォーズ/最後のジェダイの登場人物

レイ

みんな大好きな主人公のレイ。今作では前作のような大冒険はせず、前半はルークと惑星にいるシーンが多かったです。スター・ウォーズが家族の物語というのはご存知だと思いますが、今作では生い立ちを知らないレイがさらに掘り下げられていて一層好きになると思います。

ルーク・スカイウォーカー

こっちもみんな大好きな主人公。ただジェダイの帰還の時とキャラクターは全く別人になっています。カイロ・レンとの過去が原因でキャラ改変です。R2-D2と再会したシーンではルークらしいルークが見れますよ

カイロ・レン

本名:ベン・ソロ。かっこいいんだけど色々と未熟で全体的に中二病感がハンパなかったカイロ・レン。今回もそのキャラクターは健在です。スノーク最高指導者にマスクをイジられたシーンはちょっと笑っちゃいましたが中二だった時代もある私からすると気持ちは痛いほどわかります。

フィン

元ストーム・トルーパーのフィン。今回は新キャラローズとBB-8と一緒に大冒険を繰り広げます。個人的には準主人公のフィンはもう少し活躍させてほしかった気がします

ポー・ダメロン

今回はポーの活躍シーンが多かったです。勝手な予想としては故キャリー・フィッシャーのポジションに昇格させるために出番を増やしたんじゃないかと予想。

ローズ・ティコ

新キャラです。結構、メインキャラとして登場します。フィンと一緒に冒険したりと準ヒロインに昇格するんじゃないかくらいの活躍っぷり。

DJ

こっちも新キャラでベニチオ・デル・トロが演じます。やっぱりここはさすがの名演です。旧三部作でいうとランドくらいしか活躍しませんが強烈な印象を残していたのはさすが名優です

感想1.笑いあり、

スター・ウォーズらしいウィットに富んだユーモアもたっぷりある作品でした。フィンとローズの掛け合いや、ポーグとチューバッカとのやり取り、アクションシーンのまっただ中でもちょくちょく挟んでくるユーモアなんかも旧スター・ウォーズから受け継いでいます。
個人的に気になったのはスター・ウォーズシリーズの名セリフであるI've got a bad feeling about this.のセリフが見つけられませんでした。2回観たんだけどわからなかったので、知っている方いれば教えてください。

感想2.アクションあり、

もちろんSFアクション映画なのでアクションは外せません。
後半にあるライトセーバーを使ったアクションシーンはスター・ウォーズ歴代シリーズの中でも一番のアクションシーンといってもいいんじゃないかってのが感想。他にも真っ白な塩の惑星クレイトでの戦闘シーンはかっこいいだけではなくもう芸術的ですらあります。地表が真っ白な塩なんですが表面から下は真っ赤なんです。なので足跡や軌道は真っ赤に染まります。とてもかっこ良く、美しい戦闘シーンです。

感想3.涙あり、

これまでのシリーズのファンならエンディングで必ずグッとくるシーンがありますよ。他にもレイの生い立ちについて語られたシーンなんかもレイに呼応して泣いちゃいます。思い返すとスター・ウォーズ/最後のジェダイはシリアスなシーンが多かったです。

感想4.サプライズあり!

レイの生い立ちや、戦闘シーンにおいて驚愕のシーンがあります。予告編でも「この衝撃に備えろ」みたいなことを言っていただけあって本当にびっくりするシーンがありますよ!

もしかしたらネタバレで知っていた方もいるのかもしれませんが「あの方」が登場します!思わず口に出して「おぉ」って言っちゃいました。キャラクターもそのまんまでこれまでのシリーズのファンなら歓喜もののシーンでした。個人的には一番うれしいサプライズでしたね

おわり

スター・ウォーズ/最後のジェダイはスター・ウォーズ/フォースの覚醒よりも初日興行収入が低下したそうですが、作品としての評価は上がっています。(ロッテントマトによる)
前回のような社会現象は起きなくてもスター・ウォーズ/最後のジェダイは見逃し厳禁なものになってますので是非ご覧ください。
ではまた。