でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

パニッシャー「ひとつふたつ、ペニーアンドダイム」元ネタについて調べた

f:id:dyoblog:20171114121732j:plain
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3PCvoAZCaWI

どうもでょおです。現在、ジョン・バーンサル主演のNetflixオリジナルマーベルドラマパニッシャーが絶賛配信中です。
そんなパニッシャーですがデアデビルのシーズン2から登場しました。デアデビルシーズン2に登場したパニッシャーといえば家族の復讐に燃える復讐鬼。

そしてパニッシャーの復讐といえばあの数え歌ですよ。
「ひとつ、ふたつ、ペニー・アンド・ダイム」
(One batch, two batch. Penny and dime.)
パニッシャーが復讐をするときに呟くあれです。あれって結局何なの?元ネタは?なんて思ってまして、今回パニッシャーが単独作品化したので調べてみることにしました。

 ペニー・アンド・ダイムの意味

f:id:dyoblog:20171124010015j:plain

大体ペニーもダイムもわかんないって方のために説明するとどちらもアメリカの硬貨のことです。ドルとセントじゃないの?って方、その通りです。
ペニーもダイムもあだ名的なもので1セント硬貨のことをペニー、10セント硬貨のことをダイムと呼びます。日本の感覚的には1万円札のことを万札や万券と言うのと同じ感じ。ちなみにペニーを拾うと幸運があるとかで、ラッキーペニーって言うそうな。ネイティブのことは知らんけど。

ひとつ、ふたつ、ペニー・アンド・ダイムの元ネタ

「ひとつ、ふたつ、ペニー・アンド・ダイム」(One batch, two batch. Penny and dime.)の元ネタですが、元ネタはありません。
ドクタースースか何かの絵本かと思いきやドラマ版デアデビルのために作られたフレーズだそうで、劇中に登場する絵本は実在のものではありません。
おまけに原作コミックにも登場しないようです。

劇中での元ネタ

劇中では子どもに寝る前に読んであげていた絵本のタイトル「One batch, two batch.」のフレーズとして登場します。そんな子どもを殺されたフランク・キャッスルが子どもたちのことを忘れないために呟いて復讐するという設定になっています。

batchとは
(パン・陶器などの)ひとかまど、ひと焼き分、1 度分、ひと束、一群、一団
batchの意味・使い方 - 英和辞典 Weblio辞書

絵本の表紙の絵もクマ二匹とクッキーだったので「ひと焼き」という意味は通っていると思います。

海外の考察がおもしろい

わざわざドラマのためにフレーズをつくり、絵本を作るくらいなんだからなにか深い意味が込められているに違いない!ということで海外ではおもしろい考察がいくつかありました。

ペニー・アンド・ダイム=P&D(パニッシャー&デアデビル)説

韻を踏んだ続きある説(One batch, two batch, penny and a dime Three batch, four batch, make them on time)

子どもを眠らせるのに使ったフレーズを悪人を(永遠に)眠らせるのに使う説
引用元:What does "One Batch, Two Batch" mean? : Defenders

いずれも興味深い考察ばかりの説でした。

終わり

とにかくNetflixマーベルドラマパニッシャーに登場する「ひとつ、ふたつ、ペニー・アンド・ダイム」(One batch, two batch. Penny and dime.)の数え歌は実在するものではなく、ドラマのために作られたフレーズ、絵本であることがわかりました。
語呂がいいからこのフレーズを作ったのか、何か意味が込められているのか公式から発表があればいいですね。
ではまた。

マーベルドラマ『デアデビル』『パニッシャー』はNetflixオリジナル作品です。Marvel's The Punisher | Netflix Official Site

関連記事

プライバシーポリシー