でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

バイク【冬の防寒対策グッズ】8選|寒くて死にそうになるやつ必見

バイク【冬の防寒対策グッズ】8選|寒くて死にそうになるやつ必見

どうもでょおです。

いやー寒い。毎日本当に寒いですね。私の住んでるところはすでに凍結が始まってるのでさすがにバイクは乗れませんが、中にはこの時期でもバイクに乗る人もいますよね。

そこで今回はバイクに乗るときにできる防寒グッズを紹介していこうかと思います。これだけやっておけば真冬でもバイクに乗れちゃいます。ではどうぞ。

 

カイロ

まず冬の定番カイロから。いわゆる使い捨てカイロというやつです。簡単にアチアチになるのでおすすめ、というか必須の防寒対策グッズです。

ちなみにカイロを貼るおすすめの場所は首の後ろ、腰、お腹、手首、足。バイクに乗る姿勢は袖口から風が入ったり、手首が冷えるので手首には貼っておきたいですね。

あと、足は専用のカイロがあるのでそちらを利用した方がいいでしょう。

バイクグローブ・手袋

こちらも防寒対策として必須なグッズですね。たまに冬なのに手袋せずバイクに乗ってる人を見かけてビックリします。凍傷で手もぎたいのかと思ってしまいます。

バイク乗りなら夏でもグローブをしてますが通勤で使う原付ぐらいだと手袋しない人もいるんですね。

手はマジで温めましょう。体の末端は冷えやすいし要注意です。

機能的な物であれば安定のコミネがおすすめです。防水機能つきの冬用グローブです。

出来ればもっとカジュアルなグローブが良いという方にはこんなものの方がいいかもしれませんね。シンプルで合わせやすそうです。手首まであることで防寒性アップ。

【バイクグローブ】かっこいいおすすめベスト5|アメリカンの防寒に

ジャケット

当然の事ながら上着は重要です。

ちなみにいわゆる革ジャン、レザージャケットは防寒用にはおすすめしません。レザージャケットは防風効果はありますが、革自体がキンキンに冷えるので実はめちゃめちゃ寒いです。

バイク乗りでレザージャケットあったかいとか言ってるやつはエアプか感覚麻痺してます。安全性無視するならダウンジャケットの方があったかいです。

もしレザージャケットが着たいなら防寒用の裏地があったりするものを選びましょう。

インナー

私が個人的に愛用しているのがこれ。「ぬくさに首ったけ」です。めっちゃダセーネーミングですが背中や首に電線が入っていてあっためてくれるという代物です。

特に首があったかいのが良い。首手首足首を暖めると良いと言いますからね。

人間は背中や首の後ろを暖めると眠くなるので、あったかすぎて居眠り運転の危険があるくらい。

絶対に外せない防寒グッズの一つですね。

冬の【最強防寒着】をバイク暦9年の私が選んだ|ぬくさに首ったけ

マスク

半ヘルは論外ですが、それでもヘルメットって意外と隙間風が入ってきませんか?隙間から冷たい風がヒューヒュー入ってきて鼻水ダラダラなんて経験ありません?私はいつもですよ。

そんな場合の防寒対策はやはりマスクですよ。鼻からアゴまでの冷気をしっかりシャットダウンできます。使い捨てのマスクでも何もないよりはマシですが、やはり防寒グッズとして売られているマスクの効果は段違いです。

一度はバイク用の防寒マスクを着用してみてほしいと思いますね。難点は1週間も使えば結構臭くなるところ。不衛生なのでしっかり洗いましょうね。

バイクパンツ

スクーターやカブのように足下に風よけがついているのなら良いですが、普通に跨がるタイプのバイクは足がめちゃめちゃ寒い。特に膝からしたは凍って固まってるんじゃないかと思うくらい冷えますよね。

こんなに冷えてしまうとニーグリップなんてできません。力はいりません。

なのでパンツは防寒においてとても重要です。まずジーパンはやめましょう。冬に履くとめっちゃ寒いから。

個人的にはダサいけどバイクパンツの導入をおすすめしたいです。バイクパンツは風を防げてなおかつ暖かいので見た目さえ目をつむれば超快適です。

ダサいバイクパンツなんて履けるか、というわがままな方のために見た目もかっこいいバイクパンツをピックアップしましたよ。

まずはこれ。黒で無難なRSタイチのシャカシャカパンツ。

こちらはバイクパンツではなく普通のパンツに装着するレッグウォーマー。都合に合わせて取り外せるので見た目もいいですし、履き心地もいつものパンツと変わりません。

ハンドルカバー

ここまで防寒グッズで対策してもまだ寒いという方はもうバイク側で防寒対策しましょう。ハンドルカバーです。おばちゃんのスクーターとかについてますよね。

見た目は悪いですが防寒性能はかなり高いので、冬の間だけでも着用するといいですよ。ツーリングのときだけとかでも良いかも。

グリップヒーター

ここまでやってもダメならもう最終兵器グリップヒーターですよ。考えた人を尊敬したくなるくらい画期的ですよね。だってハンドル握ってる手が温かいんですよ。最高じゃないですか。

意外と目立たないし、取り付けも超簡単です。それでも取り付けが難しいという方は巻き付けタイプのグリップヒーターもあります。これなら冬場だけグリップヒーターを装着して、冬が終わったら取り外すという使い方も出来ますよね。

最後に

バイクの防寒対策をたくさんしましたが、さすがに雪が降ってる時とかはもう諦めましょうね。

去年、何を思ったのか積雪20センチはある日を選んでNinja250が私の住んでる山でスタックしてました。バスに乗ってたので何も出来なかったんですが、あの後絶対転んでるわ。

皆さんもバイクで雪道の中を走るの危険なのではやめましょう。