でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【アメリカンバイク】フェンダーの種類一覧、選び方|カスタム交換

こんにちはでょおです。チョッパーを含むアメリカンバイクのフェンダーについて今日は紹介しようと思います。バイクのフェンダーとはつまり泥よけのことですね。アフターマーケットのカスタムパーツがたくさん存在するアメリカンバイクはフェンダーの種類も多数あります。今回はなかでも一般的、人気で有名なフェンダーの名前やどういったバイクに使うのがいいのか紹介したいと思います。ではどうぞ。

 

フラットフェンダー

フラットフェンダーの見出し画像

出典:ガレージT&F フラットフェンダーキット

ガレージT&F フラットフェンダーキット

チョッパーカスタムでおそらく人気ナンバーワンのフラットフェンダー。その名の通り、フェンダーがフラット(平ら)な形状になっています。基本的にどんなチョッパーにもあわせやすい定番人気のフェンダーになります。ほとんどリアフェンダーしかないかと。フロントフラットフェンダーは見たことがありません。

ショートフェンダー

ショートフェンダーの見出し画像

出典:2006年式 XL883R アイアンパドック フルカスタム | バージンハーレー

2%ER カーボンコラボ リアSTDショートフェンダー

その名の通り、短いフェンダー。いったいどれくらいからが短いのかは謎ですが。バイクメーカーの場合、(いつもより)ショートフェンダーって感じ。外品のカスタムパーツだと、リアフェンダーはアクスルシャフトに対して垂直ぐらいからがショートフェンダーって感じな気がします。メーカーが独自に名前つけてるので曖昧です。私の解説を鵜呑みにしないようにw

ショートフェンダーを買うお金がないって方は純正フェンダーをぶった切りましょう。私のエリミじゃない方のバイクは「純正ぶった切りフェンダー made in でょお」です。

サイクルフェンダー

サイクルフェンダーの見出し画像

出典:http://www.e-pub.jp/motorcycle/6083

チャリンコみたいなフェンダーのことですね。チャリンコといってもママチャリじゃなくて昔のおしゃれな自転車です。上記の写真では棒のようなフェンダーステーも自転車のようなこだわりがありますね。クラシックなデザインで軽快な印象があるので「クラシックスタイルではない」クラシックなスタイルに向いてます。ハードなチョッパーにも上品なスタイルにもマッチします。リアフェンダー、フロントフェンダー両方あります。

リブフェンダー

リブフェンダーの見出し画像

出典:ネオガレージブログ 千葉県ハーレー専門ショップ

イージーライダース センターリブフェンダー

リブがついたフェンダーのことですね。リブっていうのはこういう突起(?)背びれみたいなやつです。写真のものはセンターに1本のみリブが入っているのでセンターリブフェンダーなんて呼ばれます。リブはアメリカンバイクの世界ではフェンダー以外にも使われる言葉なのでぜひ覚えておいてください。

ファットボブフェンダー(ボブフェンダー)

【アメリカンバイク】フェンダーの種類一覧、選び方|カスタム交換

出典:コンプリート | 群馬県高崎市の中古車バイク&カスタム&カスタムパーツ&車検整備はDASHへ

イージーライダース ファットボブ リアフェンダー

70年代のチョッパーの定番だったのがファットボブフェンダー。いわれてみると確かにそんな感じ。跳ね上がったデザインが特徴ですね。国産のアメリカンバイクの純正でもよく似た形のものが多く採用されてました(過去形)。メーカーのクルーザー(アメリカンバイク)にもネオクラの波がやってきてるのでヤンチャでチョッパーらしいファットボブフェンダーっぽいのは最近採用されていません。

クラシックフェンダー

【アメリカンバイク】フェンダーの種類一覧、選び方|カスタム交換

出典:オリジナルに近い貴重な’48パン 【E-PUB】

アメリカンバイクのカスタム種類「クラシックスタイル」に合うディープで大型なフェンダーです。「クラシックスタイル」という言葉のせいでややこしくなっていますが、「古いデザインのフェンダー=クラシックフェンダー」ではないのでご注意ください。どっしりとしたバイクにカスタムしたい方におすすめです。クラシックフェンダーにしたい場合は前後は合わせたいですね。お金なくて順番にするって場合はできればリアから交換がいいかな。個人の意見ですが。

ディープフェンダー

【アメリカンバイク】フェンダーの種類一覧、選び方|カスタム交換

出典:ガレージT&F / ドラッグスター400 ディープクラシックリアフェンダー

アーチが深いフェンダーのことですね。ほぼほぼクラシックフェンダーのことをさします。クラシックフェンダーの同義語と覚えてもらっても大丈夫だと思います。ですが2000年代後半に流行したニュースクールチョッパーもディープフェンダーを採用していることが多いです。クラシックスタイルと真逆のニュースクールチョッパーでも使われるので「ディープフェンダー≒クラシックフェンダー」ですね。ニュースクールチョッパーのディープフェンダーはこんな感じ。

【アメリカンバイク】フェンダーの種類一覧、選び方|カスタム交換

出典:http://www.e-pub.jp/motorcycle/10172

タイヤが丸出しでワイルドなチョッパーとは違い、上品なイメージがありますね。

エスカルゴフェンダー

【アメリカンバイク】フェンダーの種類一覧、選び方|カスタム交換

出典:【goobike】バイクカタログ:カワサキ バルカンドリフター|KAWASAKI VULCAN 400 DRIFTER

クラシックフェンダーの派生っぽいエスカルゴフェンダー。カタツムリのようにタイヤのサイドまでずっぽりと隠れています。ホイールとかほとんど見えません。カタツムリのようにコロンとしたデザインもかわいい。カスタムの方向性としてはクラシックフェンダーと同様にクラシックスタイルで使うのが一般的、定番ですね。

シートカウル

【アメリカンバイク】フェンダーの種類一覧、選び方|カスタム交換

出典:http://greed54.blog26.fc2.com/blog-entry-1772.html

最後はシートカウル。正確にはシートのカウルなのでフェンダーではありません。ですがチョッパーなどのアメリカンの場合、シートとタイヤの位置がほかのバイクより近いのでシートカウルをつける場合はフェンダーをつけずフェンダーの代替えになります。カフェレーサーでいうところのシングルシートですね。(アメリカンバイクのシングルシートとは意味が違う)ほかのバイクの場合、フェンダーとシートカウルは別々に両方取り付けることが多いです。
シートカウルは本来空気力学的観点から取り付けられるパーツです。そのためスポーティーなアメリカンに採用さることが多いです。ちなみにチョッパーにシートカウルを装着するとこんな感じ。流線的なシルエットになるのでニュースクールチョッパーでも大人気。
シートカウルなので当然ですがフロントフェンダーにはありません。

終わり

フェンダーはアメリカンバイクのカスタムにおいて、重要なパーツです。特にクラシックスタイルにおいては大きなフェンダーは必須です。チョッパーはフェンダーレスという手もありますが。みなさんも自分のイメージするバイクに合わせてフェンダー選びをしてみてください。
こうやって改めてみるとアメリカンバイクには本当にいろいろな種類のフェンダーがあるんですね。お金があればいろんなスタイルのバイクにカスタムしてみたいです。…プラモでもはじめっかな。

【アメリカンバイクカスタム】ガソリンタンクの種類一覧
【最新版】アメリカンの定番マフラー13種類!バイク初心者必見
バイクブロスの通販なら車種別カスタムパーツ検索OK!
【最新版】アメリカンカスタムはハンドルから!10種類を紹介