でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【有名バイク用品店一覧】おすすめバイク用品店は?品揃えの違いは?

どうもでょおです。

皆さんバイク用品店は利用されますか?私は近所にないのでそれほど頻繁ではないもののやっぱり利用しますよ。

ネットで買うほどのものでもないものや、早く手に入れたい場合は用品店で買うのがいいですよね。スパークプラグなんかが特にそれかと。(ホムセンのは規格が合わない)

ふと思ったんですがバイク用品店って結構種類あるよね。

そこで今回は有名バイク用品店をまとめて、特徴とか品揃えとかを紹介してみました。

 

ナップス

【有名バイク用品店一覧】おすすめバイク用品店は?品揃えの違いは?

出典:バイク用品 ナップス (@NapsOnline) | Twitter

日本全国に21店舗のお店があり、さらに台湾にも1店舗出店しています。

バイク用品以外にも、バイク自体の販売も行っています。ナップスという名前の由来は創業時の名前の「Nikkei Automobile Pro Shop」にちなんでいるとのことです。

アップガレージ以外のナップスは全店ピット完備でメンテナンスや車検、パワーチェックなどが可能です。

ちなみに2019年1月6日までナップスの新ロゴマーク投票キャンペーンをやってます。投票者の中から抽選で10人にナップスポイント10万円分が当たるそうです。

ナップス新ロゴマーク 投票キャンペーン!! | バイク用品店 株式会社ナップス

個人的にはB案が好きですね。A案がかっこいいけどNってわかりにくいし、C案はバイク系というよりスタートアップ企業やweb系っぽい。

南海部品

f:id:dyoblog:20181213013903j:plain

出典:南海部品 京都東店 (@nankai_kyoto) | Twitter

南海部品は全国展開していますが大阪が本社のため、大阪をはじめとする関西で特に精力的に展開しています。関西在住の人にとってはナップスより遥かになじみがありますね。

南海部品は「南海スピードショップチェーン」(N.S.C.) というものをやってます。大手ではないバイク用品店が加盟してブランド力向上に役立てているようですね。

N.S.C. 加盟店は南海ショップを含めると全国で58店舗。南海部品だけだと全国35店舗あるようです。

レンタルバイク事業やサーキット走行会、ライディングスクールなどもやってますね。

2りんかん

f:id:dyoblog:20181213014309j:plain

出典:甲府2りんかん (@dskoufu2) | Twitter

2りんかんは全国55店舗のバイク用品店です。自動車用品店イエローハットの子会社です。

印象的としてはもっとも色々なことをやってるバイク用品店ですね。

2りんかんのサービスはバイク用品の販売の他、バイク車検やレンタルバイク、ヘルメットのサイズ計測、エンジンオイルの量り売りなどの一般的なサービスはもちろん、「2りんかんカフェ」なるイベントを定期的に開催しています。キャンギャルや有名バイク女子がコーヒー入れてくれるそうです。

バイク保険にも精力的に力を入れているようです。

ライコランド

f:id:dyoblog:20181213015026j:plain

出典:ライコランドグループ「来て見て感じて、こだわりライコ」バイク用品総合専門店

ライコランドはカスタムパーツメーカーでお馴染みのデイトナの子会社が運営しているバイク用品店です。ってことはカスタムに強い用品店なのかもしれないですね。

ライコランドは全国に24店舗、タイバンコクに1店舗展開してます。

珍しいサービスとしては絶版の名車をレンタルできるサービスなどがあります。Z1やGT750など誰もが一度は憧れるであろう名車です。どうしてこんなことが出来るかというとレストアショップHARAFACTORY(ハラファクトリー)がライコランドのグループだからだって。

リアボックスメーカーのGIVIの販売拠点であるGIVI Pointなるものが日本唯一ライコランド多摩境店にあるらしく、国内最大級のコーナー、品揃えだそうです。(ごめん、行ったことないんだ)

ちなみにGIVI製品の専用コーナーであるGIVI Authorized Dealersは2りんかんにもあります。(店舗による)

最後に

 

で、どこがおすすめのバイク用品店なんだろうと考えたんですけど、"用品店"としてはどこもおすすめです。品揃えに関してはどこの用品店かどうかよりも店の規模によります。

善し悪しを決めるのであれば個々に力を入れているサービスなどではないでしょうか。いいか悪いかどうかってよりかは自分に合っているかどうかってところですね。

皆さんも自分に合ったバイク用品店を探してみてくださいね。

ではまた。

 

カテゴリ一覧
新着エントリー