でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【ブログ】映画の感想は旬が過ぎても読まれるから書いた方がいいって話

映画の感想は旬が過ぎても読まれることがあるので書いた方がいいって話

どうもでょおです。毎日寒いですね。

今年もそろそろ路面の凍結が心配です。私はスタッドレス履かせていないのでもしもの時があると怖いです。スタッドレス履かせると余裕かまして逆に危なそうなので履かせません。でも去年はスタックして一人で車押しました…

さて、今日は映画ブログについてのお話。私は映画やドラマのことを書くことが多いので読者のブロガーさんも映画やドラマのことを書いている人が多いと思います。

映画のブログはいわゆる"トレンド記事"ってやつに分類されるんですけど、皆さんトレンドが明らかに終わってる映画の記事って書いてますか?

 

トレンドが終わった映画の記事は書いてこなかった

これまで私は公開中の新作映画以外の記事を書くことはほとんどありませんでした。レンタルショップで言うところの「新作」「準新作」なんかは書いてません。もちろん「旧作」も書いてません。

見てなかった映画をレンタルや動画配信で見て、取りこぼしをなくしていくんですが、感想を書くと「今更かよ」ってツッコまれてしまいそうなのが1点。

さらにもう一つ言うと旬が終わった映画の感想なんて誰も読まねーだろと思っていたからです。

私の言う「旬」は結構シビアで、映画の封切り日3週間後とかはもうアウト。見に行っても感想書きません。『ボヘミアン・ラプソディ』も遅まきながら見に行ったんだけど感想書きませんでした。これだけヒットするとわかってたら書いたと思うけど。

でもまあ書かなくてよかったかな、『ボヘミアン・ラプソディ』は。久々にあった家族にゲイだと疑惑をかけられたのでね。「ボヘミアン・ラプソディ最高だったよー」とか言うのすら躊躇する。

このブログの一人称も「私」ですし。一応、「わたくし」って入力してんすよ。だってネットで「俺」とか言われるとイラッとしますやん。

映画は公開終了後も検索される

映画のトレンドは公開してすぐだけど思っていました。ですが映画はDVDの販売が始まるときにも結構検索されます。DVD購入よりレンタルで初見の人が読んでそうですね。あとは動画配信のタイミングとかも検索されるかもしれませんね。

今更誰が読んでるんだろうみたいなタイミングではてなブログのアクセス解析の所に上がってきます。ちなみにこのアクセス解析に出てくるページは直近1000アクセスから選ばれてるそうです。

それから私はサブブログを運営しています。こちらは公開終了後の映画のブログです。トレンドが終わった映画のブログですがそれなりのアクセス数になってきてるのでトレンドに関係なしに検索する人は意外といるのです。

ドラマの再放送は盲点だった

そうなんですよ。意外と盲点だったのがドラマの再放送です。以前、こんな記事を書きまして。

感想【オーファン・ブラック】日本人が汚した名作ドラマについて語る

海外ドラマが日本でリメイクされたことについて書いた記事です。本家のドラマも日本のドラマも放送が終了していた時に書いた記事なんですが、日本のドラマの方が再放送されてたみたいで一時的にアクセス数がグンッと上がりました。

二度とどころか一度と日の目が当たることがない記事だと思ってただけにビックリしました。本当に盲点です。テレビを見る人が減っているそうですが、まだまだ多くの人がテレビを見ているってことを実感しました。

あと海外ドラマって深夜に民放でもよくやってるのでありかもしれないですね。

最後に

結局、何が言いたいのかというとトレンドとか気にせず好きなことを書けばいいんだと思ったんです。いつの映画の感想を書こうがおもしろいことが書けていれば誰かの目に留まって喜んでもらえるんだなと。

これまでは敢えて避けてきた非トレンドの感想記事も今度はちょくちょく書いていこうかなと思います。やっぱり新作だけじゃネタも切れてくるだろうし。

映画やドラマの感想を書いている人は古いとかあまり気にせず書いていきましょう。私はかなり前に見た映画の感想とか目についたら結構読んじゃってます。見ていないものより見たことがあるものの方がイメージしやすいので読んじゃうのかもしれませんね。

ではまた。