でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

ネタバレ【デアデビルシーズン3】感想前編|デアデビル弱すぎだろ

【デアデビル】シーズン3 ネタバレ感想と考察『Netflixドラマ』

出典:Marvel デアデビル | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

どうもでょおです。

デアデビルシーズン3の鑑賞を無事進めておりまして現在、第6話まで見終えたところになります。

デアデビルは全13話になりますのでちょうど前半が終わったというところですね。そこで今回はデアデビルシーズン3前半の感想をネタバレありでお届けしたいと思います。

相変わらずのことですがやはり面白いですね。それではどうぞ

【デアデビルシーズン3】たった5分で復習 観る前に予習しようぜ
Netflix(ネットフリックス)マーベルドラマ11作の完全時系列とあらすじ 

デアデビルシーズン3 あらすじ

追い詰められ、深い絶望に沈んだデックス。そんな彼に、フィスクは救いの手を差し伸べる。マットはカレンに助けを求めるが、ある条件を言い渡される。

出典:Marvel デアデビル | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

と、まあこんな感じ。

デアデビルことマット・マードックの方はミッドランドサークルでの事件の後遺症に悩まされ、身体的にも大きなダメージを受け精神的には神への信仰心を失いました。ウィルソン・フィスクが刑務所から出たことで使命感に駆られ再びデアデビルとして戦います。

フォギーとカレンは自身で出来る方法でウィルソン・フィスクを刑務所に戻そうと試みており、特にフォギーの方は弁護士を辞めて地方検事を目指すことに。検事とはつまり検察官のことですね。弁護士は被告人の味方をするのに対して、検察官は警察と協力して裁判にかける、起訴する側の人間です。
だから警察の集まりであのような描写があった訳ですね。

ウィルソン・フィスクの方はというと、刑務所を出たのは自分で自分を刺したということが発覚。やはり刑務所の外で何かを企んでいるようです。そしてその企みにうまく利用されているのがポインデクスター捜査官ことデックス。

デアデビルシーズン1でフィスクの過去が、またシーズン2でキャッスルの過去が描かれたのと同じようにシーズン3ではデックスのが深く掘り下げられることになりました。

デアデビルシーズン3前半 感想

ブルズアイの誕生

まず何よりも語りたいことと言えばこれですよ。デアデビルの宿敵として知られるヴィラン、ブルズアイがいよいよ登場しました。ベンアフ版の映画デアデビルでブルズアイを演じたのは名優コリン・ファレルでしたね。

デアデビルシーズン3ではブルズアイのオリジンが深く描かれております。友達のいない少年デックスがいかにしてブルズアイになったのかということがシーズン前半を通してしっかりと描かれております。

このブルズアイ役を演じたウィルソン・デセルですが、確かにイケメンなんだけどちょっと気持ち悪さというか恐怖を感じる雰囲気があってめちゃめちゃいいキャスティングですね。デアデビルシーズン2のパニッシャーを演じたジョン・バーンサルもそうですし、キングピンのヴィンセント・ドノフリオもキャスティングが非常に良い。デアデビルシリーズのキャスティングはバシッと決まってるのが多いですね。

そして第6話のデアデビルVS偽デアデビルですよ。デックスマジでつえー。最後の最後にカレンの名前を呼んだシーンで鳥肌もんの恐怖。デックスマジで強いけどマジで怖い。

デアデビルのスーツもキングピンのスーツも作った人が同じだからデアデビルのスーツが用意できたとして最後どうなるんですかね。ツノ削って黒に塗り替えてトレードマークつけてブルズアイのコスチュームにするんですかね。

アクションシーンも安定

そしてデアデビルといえばアクションシーンですよ。前シーズンでも高い評価を得たカメラの長回し(ノーカット)でのアクションシーンは今シーズンでもありました。今回はデアデビルではなくマット・マードックとしての戦闘でしたね。このシーンはヤバいよね。

刑務所の医務室で1対3で戦闘が始まり、刑務官(偽?)との戦闘、ヴィックとの会話シーンもカットなしでそのまま刑務所脱出までノーカットです。息止めてしまいそうなぐらい見入ってしまいましたよ。ちなみに約10分近い長さありました。

それから偽デアデビルとデアデビルの対決シーンですよ。もうヤッバイね。さっきからヤバいしかいってないけど。どんなものでも命中させることが出来るブルズアイの能力がすご過ぎる。デアデビルは飛び道具よりも接近戦で戦うことが多いのでこういう敵は不利ですね。

さらにミッドランドサークル事件の後遺症があるのでうまく戦うことが出来ずズタボロにやられます。デアデビル本当弱すぎ。

これまでもボロボロにやられることはたくさんありましたが今回は結構ひどい。C4で吹っ飛ばされてるんだから。

最後に

これまでは非合法ではありつつもクライムファイターとしてヴィジランテ活動が歓迎されていたデアデビルですがフィスクの策略でブルズアイにより悪役になってしまいました。今後、誤解を解き深紅のコスチュームを身にまとうことがあるのか、それともただのマスクのみである黒のコスチュームのままいくのか、テレビドラマARROWのように改名してしまうのか。
いずれにせよどうなっていくかが気になるところですね。

それよりも新たに誕生したヴィラン、ブルズアイが気になるところ。シーズン2に登場したパニッシャーはそもそもアンチヒーローというポジションだったためスピンオフ化することができましたがブルズアイはヴィランなのでスピンオフはないんでしょうね。完全な悪者が主役ってドラマもおもしろそうだけど。

またデアデビルシーズン3の最後までいったら感想記事かきますね。ではまた。

【デアデビル】シーズン3 ネタバレ感想と考察『Netflixドラマ』
ネタバレ【デアデビルシーズン3】感想前編|デアデビル弱すぎだろ
ネタバレ【デアデビルシーズン3】感想後編|ブルズアイ出ないのかよ