でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

ネタバレ感想前半【パニッシャーシーズン2】マダニがウザい|Netflixドラマ

【パニッシャーシーズン2】たった5分で復習 観る前に予習しようぜ

出典:Marvel パニッシャー | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

どうもでょおです。

先日喉の奥をやけどしてしまってからずっと喉が痛いです。自分でも本当にドンくさいと情けなく思いますよ。もう5日くらいたってんだけど全然よくなりません。

さて、先日から配信が始まったNetflixマーベルドラマ『パニッシャー』シーズン2。ちょうど折り返し地点まで見たのでシーズン2前半の感想を書こうかと思います。

もちろんこの記事は『パニッシャー』シーズン2のネタバレを含むので(第6話まで)未視聴の方はご注意ください。

前回書いた『パニッシャー』シーズン2第1話の感想記事は下記からどうぞ。

ネタバレ感想【パニッシャーシーズン2】自分から不幸になりたがるフランク

 

『パニッシャー』シーズン2前半までのあらすじ

たまたま居合わせた事で少女レイチェルあらためエイミーを守ることになったフランク。エイミーが狙われていた理由は国家を牛耳ろうとしている夫婦のマズい現場を押さえた写真を持っていたことでした。フランクとエイミーはニューヨークで彼らを返り討ちにしようと計画します。

その一方で記憶を失い悩まされているビリーが脱走。精神科医に匿ってもらいつつ、その暴力差を取り戻しつつあります。

『パにシャー』シーズン2前半(6話)までのあらすじはざっとこんな感じ。Netflixマーベルはいつものことながらストーリー進行が遅いです。

フランクとエイミーたちは第3話で警察署での撃ち合いで一区切り合った感じがあり、それ以降地味な生活を続けてる印象。

ビリーはようやく悪者さを取り戻し、気味悪い神父のピルグリムもようやくニューヨークにやってきたのでここからが本番といったところですね。予告編を見る限りピルグリムとビリーが手を組む感じだったのでやっとスタート地点です。

『パニッシャー』シーズン2前半の感想

まあ何といっても「復讐鬼」でなくなったパニッシャーですよ。パニッシャーというヒーローは復讐のために戦っていましたがシーズン1で復讐を果たし、フリーな感じになってる。なので今まで以上に頼りがいがあるというか、頼りたくなるというか。

なぜかエイミー側に感情移入して「フランクさっすが、やっぱ頼りになるわ」みたいに思って見てました。

ほんでエイミーね。はじめはすげーワガママで(今もなんやけど)生意気で助けてくれてるフランクに反抗して、すげー迷惑なガキでした。フランク兄貴の厳しいベビーシッターはそれなりに新鮮な感じでしたが、途中でフランクの過去を知ったことで良い子に早変わり。

カードトリックでフランクと純粋に遊んだり第6話では幼女コスを披露して爆笑してしまったけど一応協力的になりました。(自分が狙われてるんだから当たり前なんだけど)

はじめはフランクとエイミーの相性悪いなーなんて思ってましたが、いつの間にか親子みたいになってなかなか良いやん。エイミーちゃん可愛いけど、もし明日他のドラマで見かけても気づけないぐらいどこにでもそうな顔だよね。キャラが薄いハンコ顔だよ。

キャラが薄いといえばマホニー刑事ですよ。一応『デアデビル』に何度も登場していた汚職じゃない警官で重要な役回りだったのに印象薄くてスルーしそうでした。

同じくタークもNetflixマーベルドラマに何度も登場するキャラクターなんだけど印象薄いよね。初めの方は顔が覚えられなくて名前呼ばれるまで誰かわからないなんてことも多かったです。クロスオーバーさせるキャラはできるだけ濃いのにしてほしいですね。

それからジグソウことビリー・ルッソなんですが、悪者なんだけど気の毒なんだよね。『デアデビル』のフィスクやデックスもなんだけどヴィランを第二の主人公みたいにしてて、ストーリーもヴィランを映えさせるためになってるんじゃないかと思えてきます。

記憶を失ってフランクのことを兄弟と呼んだのは辛いわマジで。その後も幼少時代の辛い過去の話も出てきたりしていたたまれなくなりますね。

デックスのブルズアイもそうでしたがこの手のヴィランってみんなメンヘラなのね。必ずセラピー受けてません?そういやビリーを診察しているお医者さんは『SURPER GIRL / スーパーガール』のソーヤーですね。

あともう一人言っておきたいのはマダニ捜査官ですよ。彼女がなぜこうもウザいのか考えてみたんですが、多分、自分>仕事だからなんじゃないかと思います。フランクにもう関わるなと言っておきながら、ビリーが脱走したらすぐに連れ戻す。そもそも担当外されてるんだよね。エイミーの一件に手を貸さないくせに自分のところにピルグリムが来たら徹底的に捜査をはじめるし、単純に自己中なんだわ。

この感じって『ルーク・ケイジ』のミスティ・ナイトに通ずるところがあって、彼女も感情むき出しで自分勝手な捜査をしてました。ミスティは途中から大分マシになったんですが、エリート女刑事ってみんな自己中でウザいやつにしないといけない理由でもあるんでしょうか。

最後に

ちょうどここから面白くなっていきそうですよね。残り7話も視聴次第、感想を書くのでお楽しみを。

その時は考察系のこととかも書こうかと思ってるんですけど、どうせ『パニッシャー』もシーズン2で最後になっちゃうんだろうなと思うとむなしくなってしまいますね。

ではまた。

【パニッシャーシーズン2】たった5分で復習 観る前に予習しようぜ
Netflixマーベルドラマ11作の完全時系列とあらすじ

パニッシャー シーズン2 予習
パニッシャー シーズン2 感想 第1話
パニッシャー シーズン2 感想 前半
パニッシャー シーズン2 感想 後半