でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

志津屋【元祖ビーフカツサンド】まだ京都人の好物食べたことないの?

志津屋のカツサンド

出典:元祖ビーフカツサンド - スペシャル|京都のパン屋さんSIZUYA【志津屋】公式Webサイト

どうもでょおです。

京都といえば寺社仏閣のイメージが強いですが実はパンが大好きな府民だってご存知でしたか?私は別に「パンが好き」って訳ではありませんが、20年以上生きてきた人生の中で自宅の朝食で白米を食べたことは一度もありません。

正直、京都にあるパン屋チェーンで一番おいしいのは神戸が本社のDONQ(ドンク)だと思いますが、「カツサンド」に関しては志津屋(しづや)以外に考えられません。

そこで今日は珍しく食ベ物の記事。志津屋の『元祖ビーフカツサンド』について語っていきたいと思います。

 

志津屋の元祖ビーフカツサンドのおいしさ

志津屋【元祖ビーフカツサンド】まだ京都人の好物食べたことないの?

これまでめちゃめちゃ食べてきてるんですよね。なので改めて志津屋の『元祖ビーフカツサンド』の何が旨いかって言われても「カツサンド=志津屋」だから答えられないんですよね。

美味しいカツサンドはいかに志津屋のカツサンドに近いかどうかってぐらい。志津屋のカツサンドが100点の基準でカツサンドを食べてます。

以前、うちの母親とカフェに行ったとき母がカツサンドを頼んだんですが、志津屋のカツサンドを想像していただけにその違いに驚愕して一口かじって止めてました。その後私がいただきましたが、不味い訳じゃないんだけどビーフカツサンドに豚肉はありえないわ。

そうなんです。普通、カツサンドといえば「とんかつサンド」なのが一般的なんですよね。でも志津屋のカツサンドは「ビーフカツサンド」。牛カツなんです。

牛カツサンドに慣れてしまうと、もうとんかつサンドとかありえないと思ってしまうほど牛カツサンドは魅力的。

志津屋のカツサンドの一番の特徴は牛カツ、ビーフカツだというところにあると思います。

 

ちなみに志津屋の元祖ビーフカツサンドの味の秘訣は甘辛い特製のソースだそう。

コレお家に帰ってオーブントースターで炙ってから食べるとさらに美味しいですよ。

志津屋の元祖ビーフカツサンドはなぜか1切れ1.5枚入り

そもそもこの記事を書こうと思ったきっかけが、志津屋の元祖ビーフカツサンドを昼ご飯にを食べてて記事にしようと思ったんですよね。

ここのカツサンドはいつどこで買っても中に入ってるビーフカツが必ず1切れに1.5枚入ってるんですよね。

ランチは完食しちゃったから画像は拝借しました。今度食べる時に写真撮って差し替えます。

志津屋の元祖ビーフカツサンドは4切れ入り。その内のすべてに必ずカツが1枚と半分入ってるんですよね。

これが気になってブログ書くことにした訳なんだけど、志津屋のホームページを見るとこの切り方にこだわりがあるみたいですね。

カツサンドのカット面はどこを取ってもカツが2枚に見えるようにし、できるだけカツが、4つ切りに均等に入るように挟む時に注意しています。主役のカツが、見た目にも美しく美味しそうに見えるようこだわっています。

出典:元祖ビーフカツサンド - スペシャル|京都のパン屋さんSIZUYA【志津屋】公式Webサイト

考えてみたんですが、多分2枚の食パンで1枚+半分のビーフカツを挟んで半分に切ってる。これが2つで4切れ入ってることになります。

なので食パン4枚分のサンドイッチということになると思います。このボリュームで値段は500円

入れ物のパックがちゃっちいので何となく高い気がするんだけど、ちゃんとビーフカツを使ってて、美味しくて、十分お腹いっぱいになることを考えれば妥当なお値段です。

志津屋は全国展開だと思ってた

昔から食べてた『元祖ビーフカツサンド』の志津屋ってずーっと全国展開のチェーン店なんだと思ってたぐらい京都じゃどこにでもあるんですよね。調べてみるとこんなにたくさんの店舗がありました。

  • 本店
  • 祇園店
  • 京都駅店
  • カナート洛北店
  • 三条店
  • 大手筋店
  • JR二条駅店
  • 鞍楽店
  • 京阪三条店
  • 七条店
  • 山科三条店
  • 出町柳店
  • 烏丸御池店
  • 近鉄丹波橋店
  • コトチカ京都店
  • 四条烏丸店
  • 京阪祇園四条店
  • 京阪くずは店
  • イオンモール京都桂川店
  • 堀川店
  • JR山科駅店

の21店舗もあるみたい。

この他にもイオンなどの大きなスーパーならパン屋のコーナーには並んでるし以前、隣の滋賀県のイオンにおいてあるのを見たこともあります。

お店にもよるんですが基本的にその店舗で作ってるんですよね。なのでその日に作った新鮮なものが食べられます。賞味期限も当日中。

ちなみにチェーン店なのでどこで食べても全部同じ味。どこで食べても安心して同じ味が楽しめます。

 

最後に

食べ物の記事なんてめったに書かないからあまり捗りませんでしたが、京都にお越しの際はぜひ一度味わってほしい京都のソウルフード的庶民食です。

ちなみに志津屋は今回紹介した『元祖ビーフカツサンド』以外にもカスクートやカルネなる商品が人気です。申し訳ないけど私はこのカルネはちょっと苦手なんだわ。

なんだか案件みたいな記事になってしまいましたが志津屋さんからワイロ頂いたわけではありませんのでご安心ください。