でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

傷が膿んでるときの治し方を調べてみた|もし傷が膿んだらこうしよう

傷が膿んでるときの治し方を調べてみた|もし傷が膿んだらこうしよう

どうもでょおです。先日知らない間に私の妹(猫)が外出し、近所でケンカしてました。すでにハイティーンなのでとても心配です。声を聞き駆けつけたお陰か大事には至らず(と思う)救出することに成功しましたが、興奮状態だったようで私が引っ掻かれました。

水で洗い、石けんで洗い、消毒したのですが案の定、膿みました。どんな傷でもほぼ必ず膿む私は膿みやすい体質のようです。膿むと傷の周りが赤くなって痛いんですよね。

で、Google先生に「傷 膿んだとき」と聞いてみたんですが出てくるのは傷を膿まないようにする防止方法ばっかり。

膿んでから調べてるんだから防止方法だけ紹介すんなよクソアフィリエイター。…失礼しました。これでもブロガーの端くれなので悪質なSEOやってる人見ると腹が立ってしまいます。

前置きが長くなりましたが今回は「傷が膿んだらすること」「傷が膿んでるときの治し方」を調べたついでに記事にまとめました。あくまで一般人がまとめた情報なので参考までに。ではどうぞ。

 

傷が膿む原因と治し方

簡単に言うと傷が膿む(化膿)原因はバイ菌が入ったから。傷口が不衛生だったりすると感染症を引き起こして膿みます。

膿みは最近の死骸なんかで出来ているようです。だから臭いんですね。

膿んでる傷はバイ菌が原因なので治し方としてはバイ菌を殺す「化膿止め」いわゆる抗生物質が必要になってきます。

膿んでる傷が乾燥している時の治し方

ここからようやく膿んでる傷を自分で治す方法になります。

おそらく傷が膿んでるときは傷、膿みがかさぶたのように固まっていると思います。病院の先生によるとこのカサブタを剥がして化膿止めを塗るようです。病院ではかさぶたを溶かす薬品を使ってかさぶたを剥がし、化膿止めを塗りたくります。

ところがこんな薬品普通は家にありません。あってもメチャメチャ痛いし素人が考えなしにチャレンジするのはヤバすぎます。

なのでお風呂でふやかします。ある程度ふやけてきたらティッシュなどで剥がし取ります。かさぶたの隙間ができたらとりあえず化膿止めを塗りたくって、ガーゼや絆創膏などで化膿止めが取れないようにします。

化膿止めが少ないとガーゼが傷に引っ付くので駄目です。ベットベトに塗ってください。

それから化膿した傷にキズパワーパッドは使えません(説明書による)

膿んでる傷がジュクジュクの時の治し方

キズがひどい場合はカサブタにならず傷がジュクジュクとしたまま膿みが出ているかと思います。この場合はティッシュや水などで傷を出来るだけ綺麗にして、上述と同じように化膿止めを塗布します。

化膿止めは塗り薬のように少量を傷に塗り籠むものではなく、傷に乗せるようにして使います。ベタベタと大量の化膿止めを傷に塗布してください。

また化膿止めが衣類に触れて取れてしまうこともあるので絆創膏やガーゼをあてて薬が取れないようにしてください。(薬が取れないようにすることが目的で傷口を乾燥させるのが目的ではありません)

繰り返していくうちに痛みが引いてきて膿みもなくなります。

膿んでいるのか浸出液なのかわからない

キズパワーパッドに代表される湿潤療法では傷を浸出液で浸すことで早く傷を治す仕組みになっています。

膿みと同じで体から出る血以外の液体なので違いがわかりにくいと思います。

膿みと浸出液の違いですが、膿みは臭くて色が黄色くドロッとしています。また膿んでいる場合は傷の周りが赤く腫れます。

説明書によるとキズパワーパッドは膿んでる傷には使えないようなので参考にしてみてください。

最後に

冒頭でも言いましたが私はお医者さんでも看護師でもありません。ただの一般人です。この記事は傷が膿んだらどうするべきかをいろいろな情報を元にまとめています。医師が正しい処置と判断するかどうかもわかりません。

また化膿は場合によっては重大な病気につながることもあるそうなので、傷や膿みがヒドい場合は無理せず病院に受診してください。