でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

 ディズニーのFOX買収で消えてしまいそうな人気映画シリーズベスト6

どうもでょおです。

ディズニーがFOXを買収したのは皆さんご存知かと思います。これが原因でどうやらX-MENシリーズが全て保留になっているとのこと。

つまりこれまでにFOXが作ってきた映画シリーズの存続は全てディズニー次第ということになります。

そこで今回はディズニーによるFOX買収で大きな打撃を受けそうな映画、ディズニーのせいで消えてしまいそうな映画をピックアップしてみました。

 

X-MENシリーズ


X-MEN:アポカリプス [AmazonDVDコレクション]

まずはFOXのドル箱シリーズX-MENから。FOXでX-MENシリーズが始まったのは今から19年前の2000年、これまでに10本以上の映画が製作されています。『X-MEN: フューチャー&パスト』では新旧シリーズが入り乱れ、シリーズの歴史を改変しました。

これによりシリーズが再始動し、次回作『X-MEN:ダークフェニックス』が2020年6月に公開予定です。

ところがどうやらディズニーは現在X-MENシリーズの存続を保留しているとのこと。恐らくこれらのキャラクターをディズニーのマーベル映画に組み込もうとしているためだと思います。

私の大好きなX-MENのドラマシリーズ『レギオン』が次回シーズン3で終了することも発表され、何度も公開日が圧されたX-MEN初のホラー映画『ニュー・ミュータンツ』はもしかすると劇場公開されずHulu等で配信されるかもしれないとの噂まであるようです。

ディズニーのマーベルシネマティックユニバースはX-MENのキャラクターを組み込むために出演者たち全員を総入れ替えしてもおかしくないなと個人的には思っています。

デッドプール


デッドプール2 (字幕版)

上記のX-MENシリーズに含まれているものの完全に独立している『デッドプール』。ディズニー映画としてはあり得ない映画です。過激な描写や暴力的、性描写などでレイティングがある『デッドプール』シリーズを今のままマーベルシネマティックユニバースに組み込むことは不可能でしょう。

ディズニー色を消した新しいブランドを立ち上げたり、今の過激描写を大幅に減らさないことにはディズニー映画としてデッドプールを作ることは難しそうです。

ファンタスティック・フォー


ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] [Blu-ray]

こちらもX-MEN同様に元々マーベルコミックが原作の映画です。ディズニーはFOXを買収したことでX-MENの他にファンタスティックフォーもマーベル映画にクロスオーバーすることができるようになります。

ファンタスティック・フォーは2015年にリメイクされ新シリーズが始まる予定でしたが、一作目が失敗したことでシリーズ化は頓挫しました。

なのでX-MENと違いキャストを入れ替えてマーベルシネマティックユニバースにクロスオーバーさせることが容易にできるかと思います。

エイリアン・プレデター シリーズ


ザ・プレデター 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

FOXが抱えてる映画シリーズでマーベルものじゃないのに『エイリアン・プレデター』シリーズがあります。

このシリーズは2つあわせると10本以上の作品があり、フランチャイズシリーズとして成功しています。『エイリアン:コヴェナント』はR15指定で公開されましたし、グロ描写が多めなのは間違いないのでディズニーが映画を存続するのは難しいかもしれません。

リドリー・スコットはエイリアンシリーズを残り4本は作りたいと言っていましたが、『エイリアン:コヴェナント』は興行的に失敗し続編の規格が頓挫したという話もありました。

ディズニー買収を機にエイリアン・プレデターシリーズは終了してしまうかもしれません。

猿の惑星シリーズ


猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) [AmazonDVDコレクション]

チャールトン・ヘストン主演で始まった猿の惑星シリーズは5本製作され、その後ティム・バートンがマーク・ウォールバーグを主演にリメイク、そして新しい猿の惑星として三部作が製作されました。

ディズニーの買収にかかわらず猿の惑星三部作シリーズは終了しましたが、これまで2度もリメイクされている猿の惑星を新たに始める可能性は大いにあり得ます。

ダイ・ハードシリーズ


ダイ・ハード/ラスト・デイ [AmazonDVDコレクション]

ブルース・ウィリス出演の世界ついてない刑事ジョン・マクレーンの映画シリーズ。これまで5本の映画シリーズが製作され、現在も6作目『マクレーン』の製作が進められています。

ダイ・ハードシリーズは80年代から始まった長寿シリーズの一つですが最新作『ダイ・ハード / ラスト・デイ』は興行的にも批評家的にも残念な結果に終わり、ディズニーとしてはもう美味しいところがないと判断するかもしれません。

最後に

ディズニー的に相性が良さそうな大作といえばアバターくらいでしょうか。

FOXの映画って良いのたくさんあったのになー。改めて並べてみると大変なことになりましたな。

【ディズニー動画配信サービスまとめ】他のVODはどうなってしまうのか

追記:とか思ってたら昼ご飯中にこんな記事を見つけてしまいました。
いよいよディズニーがR指定映画にGOサインを出した模様。 - MARVEL vs DC
マジか…。