でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【ディズニー動画配信サービスまとめ】他のVODはどうなってしまうのか

【ディズニー動画配信サービスまとめ】他のVODはどうなってしまうのか

どうもでょおです。

ご存知だと思いますがディズニーが動画配信サービス(VOD)に参入することが発表されていますよね。私もすでに楽しみで仕方ありません。

そこで今回はディズニー動画配信についてわかっていること、噂されていることなどをまとめつつ、ディズニーが動画配信サービスに参入するとどのようなことが起こるのか考えてみました。

 

ディズニー動画配信サービスについて噂されている概要

まずディズニーの配信サービスの名称ですがこれは「ディズニー・プレイ」になるとされています。あくまで公式発表ではありませんが今のところディズニー・プレイ(仮)として話を進めていきたいと思います。

追記:公式にディズニー・プラス(ディズニー+)という名称に決定しました。

出典:動画配信「ディズニー・プラス」、米国で19年後半開始 :日本経済新聞

ディズニーの動画配信サービスの登場は2019年後半。

になるとのこと。これはあくまで本国アメリカでの話で、日本でも同時にサービス提供が開始されるかどうかは今のところ分かりません。

また価格はライバルNetflixよりも安く抑えるとのこと。現在日本でのNetflixの価格が800円~となっていますので、それを下回る程度になるかと思われます。ですがこれもあくまでアメリカでの話。日本ではNetflixより高い価格設定になってもおかしいとは言えません。

また作品数よりも品質を重視するとのことです。

ディズニー動画配信サービスで予定されている作品

下記はあくまでディズニーのストリーミングサービスで配信されるいわば「オリジナルコンテンツ」のみを紹介しています。

その他にこれまで劇場公開された『スター・ウォーズ』シリーズ、『マーベルシネマティックユニバース』シリーズも配信されると言われています。

スター・ウォーズ


ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ザ・マンダロリアン

まずディズニーの人気コンテンツ「スター・ウォーズ」からは映画の世界観を共有する実写ドラマシリーズ『ザ・マンダロリアン』の配信が決定しています。

マンダロリアンは惑星マンダロアの戦士で戦うことが好きな民族です。スターウォーズでお馴染みのボバ・フェット、ジャンゴ・フェットの特徴的なヘルメットやアーマーはマンダロリアンアーマーと呼ばれ、マンダロリアンの戦士たちが身に着けるためのアーマーです。

ジョン・ファヴローが脚本と製作総指揮を務める全8話のエピソードです。

監督はタイカ・ワイティティやブライス・ダラス・ハワードなどが選出されています。

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ シーズン7

スター・ウォーズ / クローン・ウォーズ 特別版 [DVD]

スター・ウォーズのアニメシリーズとして長寿のドラマクローンウォーズの新シーズンの配信もディズニーのVODで行われるとのことです。

キャシアン・アンドーのスピンオフ

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX(初回限定版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

さらにローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーに登場したディエゴ・ルナ演じるキャシアン・アンドーのスピンオフ作品の制作も決定しました。ローグ・ワンのファンとしてはこれは楽しみです。

マーベル

マーベルシネマティックユニバース

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション(初回限定) [4K ULTRA HD + 3D + Blu-ray + デジタルコピー+MovieNEXワールド]

続いて人気のマーベルコミック原作のシリーズも多数制作される予定です。現在下記のスピンオフ作品が製作される予定とのことです。

  • スカーレット・ウィッチ
  • ロキ
  • ファルコン&ウィンター・ソルジャー

いずれもマーベルシネマティックユニバースで活躍したキャラクターたちの実写スピンオフになるとのことです。

マーベルテレビジョン

マーベル/デアデビル シーズン2 COMPLETE BOX [Blu-ray]

さらに「マーベルスタジオ」ではなく「マーベルテレビジョン」の方からもドラマシリーズが制作、配信されるとのこと。

マーベルテレビジョンは映画のMCUとは別部門で、Netflixで展開される『デアデビル』をはじめとするNetflixオリジナルマーベルドラマや『エージェント・オブ・シールド』を製作している部門になります。

その他映画

その他発表されているものとしてコメディ映画『マジックキャンプ』や実写版『わんわん物語』、リメイク版『ミクロキッズ』などが予定されています。

またまだ企画段階ではありますがパイレーツオブカリビアンのような雰囲気で映像化するという『ドン・キホーテ』や『ピーター・パン』、アーサー王伝説を元にしたアニメ『王様の剣』などの映画が企画されています。

その他ドラマ

その他のテレビシリーズとしては『モンスターズ・インク』シリーズのドラマ作品、『ザ・マペッツ』のシリーズなど子供向けのコンテンツの配信も予定されています。

20年ほど前の映画『ハイ・フィデリティ』のテレビシリーズや『ハイスクール・ミュージカル』のテレビシリーズも企画されているとのことです。

ディズニー動画配信サービスが登場するとどうなるのか

まず現在の動画配信サービスで猛威を振るっているのはNetflixです。日本では比較的後発のため、HuluとNetflixの二強のような印象がありますが世界的に見ると最も力があるのはNetflixです。Huluに比べて会員数が約2倍あるとされています。

そもそもこのHuluはディズニーとFOXが各30%ずつ出資していました。ところがご存知の通り、ディズニーはFOXを買収したのでHuluを傘下に収めたも同然ということになります。

Netflixの株式時価総額はディズニーを超え、映画やアニメなどをはじめとするあらゆるコンテンツを展開するディズニーもライバル視していることが伺えます。

そのためディズニーの動画配信サービスが始まると「ディズニーによるNetflix潰し」が展開されるのではないかと私は思っています。

すでにNetflixではディズニー配給の映画が配信されていないというのもそれを裏付けてるんじゃないかと。逆に言うとU-NEXT、dTVなどの日本オリジナルコンテンツは安心かと。

ディズニーとNetflixが手を組んでいる作品で『Netflixマーベルオリジナルドラマ』があります。『デアデビル』や『ジェシカ・ジョーンズ』をはじめとするスーパーヒーローキャラが活躍する人気シリーズですが、こちらが打ち切られるんじゃないかと思っています。

6シリーズ存在したドラマがすでに2本打ち切りになっています。あくまで視聴率が稼げなかったことが原因とされていますが、これを良いことに他4本も終了に向けて進めていくのではないかと思います。

権利関係が不明なためディズニーのストリーミングサービスでこの6本のシリーズを再開させることも可能かどうかはわかりません。

いずれにしても人気のある『Netflixマーベルオリジナルドラマ』が板挟みになり窮地に立たされていることは間違いありません。

最後に

あくまで私の妄想なので何とも言えませんがNetflixマーベルの行く末が不安ですね。視聴者にとっていい方向に流れてくれるのが一番いいですよね。

ディズニーの動画配信サービスについての情報は新情報が出てき次第追加予定です。

ではまた。

※この情報は米Wikipediaの情報を元に書いています。
出典:Disney Streaming Services - Wikipedia