でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

マーベル映画20本【制作費&興行収入】一覧|アベンジャーズ3は規格外!

収支イメージ画像

どうもでょおです。

今やハリウッドのドル箱といえば間違いなくアメコミ映画でしょう。中でもディズニーが排出するマーベルシネマティックユニバース作品は恐ろしいほどの興行収入を収めています。

興行収入で映画の良さはわかりませんが、世間がその映画にかける期待値はわかりますよね。

そこで今回はマーベルシネマティックユニバース作品全20本の興行収入と制作費を調べてみたので見ていきましょう。

実はこのネタ、サブブログでやったんだよねー。

 

マーベルシネマティックユニバース映画の制作費一覧

まずはマーベルシネマティックユニバース映画の制作費をご覧ください。一部制作費が公開されていないものがあるのでそこは不明。

作品名 制作費
アイアンマン 1.4億ドル
インクレディブル・ハルク 1.5億ドル
アイアンマン2 2億ドル
マイティ・ソー 1.5億ドル
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 1.4億ドル
アベンジャーズ 2.2億ドル
アイアンマン3 2億ドル
マイティ・ソー/ダーク・ワールド 1.7億ドル
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー 2億ドル
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 1.7億ドル
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 2.5億ドル
アントマン 1.3億ドル
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 2.5億ドル
ドクター・ストレンジ 1.65億ドル
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 2億ドル
スパイダーマン:ホームカミング 1.75億ドル
マイティ・ソー バトルロイヤル 1.8億ドル
ブラックパンサー  
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー  
アントマン&ワスプ  

そもそも桁違い過ぎてわからないという方のために言うと、まず低予算映画と呼ばれる映画は1億ドルを切ることが一般的。

ワイルドスピードシリーズさえ4作目『ワイルド・スピードMAX』までは8500万程度。制作費2億ドルはかなり金がかかってる映画です。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』や、こないだ見た『アクアマン』が制作費2億ドル。

そんな金のかかる映画を年に3本製作するペースは尋常じゃありません。

マーベルシネマティックユニバース映画の興行収入一覧

そして続いては興行収入の方をどうぞ。

作品名 世界興行収入
アイアンマン 5.85億ドル
インクレディブル・ハルク 2.63億ドル
アイアンマン2 6.23億ドル
マイティ・ソー 4.49億ドル
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 3.7億ドル
アベンジャーズ 15.18億ドル
アイアンマン3 12.14億ドル
マイティ・ソー/ダーク・ワールド 6.44億ドル
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー 7.14億ドル
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 7.73億ドル
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 14.05億ドル
アントマン 5.19億ドル
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 11.53億ドル
ドクター・ストレンジ 6.77億ドル
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 8.63億ドル
スパイダーマン:ホームカミング 8.8億ドル
マイティ・ソー バトルロイヤル 8.53億ドル
ブラックパンサー 13.46億ドル
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 20.48億ドル
アントマン&ワスプ 6.22億ドル

いやー、エッグい。特にスーパーヒーローが大集結するアベンジャーズは当たり前のように10億ドル越え。ざっと見てもらうとわかると思いますが、映画が10億ドルを超えるのは普通じゃありませんw

こうして見るとやはりすごいのが『ブラックパンサー』。スーパーヒーロー集結のお祭り映画じゃないのに10億ドルを超えてます。

ちなみに『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の日本興行収入は37.4億円。本日のレートで3373万ドル。制作費の足しにもならんわ。

これは世界興行収入の約1.6%しか占めていません。そりゃ日本をターゲットにするわけないわな。

ちなみに20億ドル越えの快挙を果たした映画は下記の4作品しかありません。

  1. 『アバター』27.8億ドル
  2. 『タイタニック』21.8億ドル
  3. 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』20.6億ドル
  4. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』20.4億ドル

てか、やっぱりアバターえげつねーな。

MCU興行収入&制作費のグラフ作ったよ

これらをもとにグラフ作りました。

マーベル映画20本【制作費&興行収入】一覧|アベンジャーズ3は規格外!

やっぱり『アベンジャーズ』1作目以前は注目度も比較的低かったようですね。たしかに『アベンジャーズ』公開当時、私の周りにはMCU作品を映画館で観たという人はいませんでした。でも『アベンジャーズ』が盛り上がってるから映画館行く。ってパターンが多かった。

圧倒的に不人気は間違いなく『アントマン』シリーズ。フェイズ2以降の作品では最下位、最下位二番目いずれも『アントマン』シリーズです。たぶん制作する側からはアントマンを重要キャラにしたいんだろうなという感じはあるんだけどね。

『ドクター・ストレンジ』も同じく人気が低いですね。

『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』以降は彼らがメインになった場合、ちょっと不安ですね。ブラックパンサー、ガーディアンズ、スパイダーマンあたりは安泰かな。

不明ではありますが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』には3億ドルの制作費がつぎ込まれたと言われていますので約6.5倍の黒字になったということになります。

最後に

いかがだったでしょうか。マーベルシネマティックユニバースが次回公開する『キャプテン・マーベル』や『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』はいったいどれだけの興行収入を生み出すんでしょうね。アバターを超える日も近いかも?

ではまた。