でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

「最後のジェダイは駄作」が実はヤラセだった事、について思うこと


スター・ウォーズ/最後のジェダイ 4K UHD MovieNEX(4枚組) [4K ULTRA HD + 3D + Blu-ray + デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド]

どうもでょおです。みなさんこちらのニュースご覧になられました?

「最後のジェダイ」批判の半数以上がロシアのボットか政治的な目的 : 映画ニュース - 映画.com

スター・ウォーズ覚醒三部作の二作目に当たる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が駄作だと批判されまくった訳ですが、そのうちの半数はロシアのボットによるものだったということが発覚しました。

つまり「最後のジェダイは駄作」はヤラセだったってことになります。

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ロシアボットによるヤラセについて

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でメガホンを取ったライアン・ジョンソン監督のTwitterアカウントへのツイートの内の否定的なツイートの半分がロシアが発信元のボットによるものだったとのことです。

ボットを除くとライアン・ジョンソンへのツイートの批判的なものは10%程度にとどまったとのことです。10人の内9人は批判していないんなら結構優秀じゃないですか。

さらにこのボットによる投稿は政治的意図もあったんじゃないのかとか言われています。

そもそもお前ら映画見る前に批評読んでない?

ツイッターの投稿がボットによるものだったから『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が傑作になる訳ではありませんが、多くの人間が他人の意見に左右されているのは間違いないでしょう。

昔はネットがあってもSNSなんてなかったですから他人の意見をそれほど聞くことはありませんでした。ここ10年でSNSが爆発的に発展して色々な人の意見を聞くことが増えました。他人の批判を聞いて自分も批判を始めたって人もいるんじゃないでしょうか。

私の場合、面白いかどうかを自分で判断したいので出来るだけ前評判は聞かず、ブログの感想を書くときも他の人の感想や批評を読む前に書きます。というか新作の場合は最速投稿を目指して書いているので他の人の感想が出そろっていない。

感想書いた後、他の人の感想読んで対立する意見を追記したりすることは結構ありますが。

他人の書いた感想読んでも、どいつもこいつもハンコ文かよってぐらい焼き増し内容多いですしね。読むべきだと思える映画の感想記事書いてる人って結構限られてくる。

それに当たり障りのない感想を書くより、自分の思ったことダラダラ並べてる方が記事の評価が高かったりします。私の場合そのパターンが多いです。

「誰々が可愛かった」とか、「誰々はダサい」とか、読み返すと結構サバサバ言ってる時もあってビックリ。こんな毒舌言ってたんかって思います。

政治的背景があったら怖いよね

事実は不明ですがこのボットの目的が政治的なものだとしたらめっちゃ怖いですよね。数百の批判的なツイートが枝のように広がって、いろんな人が同じように批判を始めたりするとって思うとこれだけで映画作れそう。

特にローズを演じたケリー・マリー・トランはSNSでの批判があまりにひどく、ほとんどネットリンチ状態に陥ったことが原因で、アカウント削除にも踏み切りました。

ネットも程々にしろよな

毎日2つのブログを更新している私が言うのもアレなんですが。ネットは程々にしましょう。ネットでの繋がりなんて現実ではたかがしれてますから。適量を楽しむ程度が一番良いですよね。

匿名だし、言ってることもどの程度真実かなんてわかりませんしね。

今回のことで『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の評価が変わることはないでしょうが、他人の意見に惑わされて良さがわからなくなるならSNSやめた方がいいですよ。

最後に

正直、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で得した人って誰もいませんでしたよね。でも仕方がありません。いずれにしても覚醒シリーズ三部作はあと1本残してますから、最終章に期待しましょう。ではまた。