でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

CMやってる【BASE】ってどうなん?他ネットショップと比較してみた

 

CMやってる【BASE】ってどうなん?他ネットショップと比較してみた

 

どうもでょおです。

先日、2019年の目標を書いたんですがその中の一つに「ネットショップを始める」ってのがありました。

会社でネットショップ運営も行ってるので並みに知識はあるわけですが、私が自分一人で始めるとなると費用や手間が気になります。

普段は地上波テレビを全く見ない私ですが何故か年始だけは地上波を見るというのが定番でして、地上波でBASE(ベイス)のCMがやってたんですよね。そこで今回はBASEをメインにネットショップを比較していこうかと思います。

 

BASEとは

BASEはとにかく簡単にオープンできるネットショップサービス(ECサイト)です。

初期費用と固定費用がかからないのも敷居が低い理由ですね。商品が売れると決済手数料、サービス手数料というものが発生し、そこからお金が引かれるという仕組み。

BASE (ベイス) | ネットショップを無料で簡単に作成

BASEの代替えになるネットショップサービス

カラーミー

自社ECサイトの運営で利用されることが多いのがカラーミーです。GMOが運営元なのでサポートもしっかりしていて、電話でも対応してくれます。BASEとは違い、商品当たりの手数料というものがありません。最小プランで月額900円から運営できます。

つまり月間900円以上の利益が確実に見込めるならBASEよりカラーミーの方が安くつきます。

ただしカラーミーは料金プランが複雑なのでプランによっては使えないサービスがたくさんあったりします。

初期費用は別途3,240円必要で、BASEと違いカード決済は別途契約が必要です。

オンラインショップ作成サービス カラーミーショップ

STORES.jp

正直こちらはカラーミーの互換な気がしてなりません。

カラーミーが月900円(税込)にたいしてSTORES.jpは月980円(税別)。決済手数料は振り込みの場合でも5%。カラーミーはクレジット決済の場合5.5%。

カラーミーと違い独自ドメインが付いてくるそうです。無料プランもありますがこちらは5商品しか販売できないのであまり実用的ではありません。

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

Yahooショッピング

モールタイプのネットショップでお馴染みですね。yahooショッピングは審査がそれほど厳しくなく、個人でも参入しやすいです。それでいて月額費用、初期費用は不要。

ただし商品を販売するたびに販売手数料が必要になります。

楽天市場

お馴染みの楽天市場ですね。こっちは審査がかなり厳しいです。めちゃめちゃ時間かかりました。

固定の月額費用があり、売り上げによって変動する費用もあります。

Amazon

Amazonは運営した経験がないので詳しく知りません。が、このブログではAmazonと楽天が10:1くらいの割合で売れているのでAmazonの方が売れると思います。

「月4,900円+手数料」または「1商品100円+手数料」のプランがあります。手数料は商品カテゴリによって異なるようですが一番多いのが15%です。

楽天とAmazonだけかなり高いので今回はBASEとカラーミー、Yahooショッピングで比較しようと思います。

BASEとカラーミー・Yahooショッピングを比較してみた

まずは仮に販売する商品の仕入れ値を1,000円だと仮定してみましょう。雑貨の原価率は60%だと言われているので販売価格は1,666円だとしましょう。

BASEの場合

1,000円で仕入れた商品を1,666円でBASEで販売した場合は各注文ごとに3.6%+40円+3%の手数料がかかるため、

59.976円+40円+49.98円=150円/件

かかる計算になります。仮に月10件売れるとした場合、

  • 利益 16,666円
  • 手数料 -1,500円
  • 振込手数料 -250円
  • 事務手数料 -500円
  • 仕入れ -10,000円
  • 純利益 4,416円

となります。

カラーミーの場合

カラーミーの場合カード決済手数料は商品ごとに発生する手数料があります。手数料は1件あたり5.5%。1,666円の商品の場合、1件当たり91.63円が必要になってきます。が、最低月額手数料というものが設けられており、それを下回る場合最低月額手数料を払う必要があります。1,500円と300円です。

仮に月10件の販売だと最低金額を下回るので1,800円必要になってきます。

  • 利益 16,666円
  • カード決済手数料 -1,800円
  • 月額費用 -900円
  • 仕入れ -10,000円
  • 純利益 3,966円

となります。件数が少ない場合はBASEの方が得ですが、これが20件以上ある場合はカラーミーの方が得でしょう。

Yahooショッピングの場合

Yahooショッピングはシステムがちょっとややこしいです。Tポイントで購入される方のためのポイントを負担する必要があり、商品が売れると1点当たり2.5~16.5%が引かれます。この割合は任意で調整できます。

そしてアフィリエイト経由で商品が売れた場合、1%~50%が引かれます。この金額も任意です。

つまり最低でも2.5%+1%引かれます。さらにそれに合わせて決済手数料が決済の種類別に必要です。今回はクレジットカードと仮定しますがクレジットカードの場合3.24%の手数料が引かれます。

なので1,666円の商品が売れた1件当たり41.65+16.66+53.9784=112.2884円必要になってきます。

  • 利益 16,666円
  • 手数料 -1,122円
  • 仕入れ -10,000円
  • 純利益 5,544円

となります。

最後に

結局のところ、どれくらいの金額の物がどれくらいの数売れるかによって全く異なる訳です。たくさん売れれば売れるほど手数料のいらないカラーミーが得だということになります。

BASEとYahooショッピングだと場合によって異なりますね。今回紹介した場合は手数料が「6.6%+40円」と「6.74%」ですがYahooの方は決済方法によって手数料が変動するので。

まずは月額費用の掛からないBASEやYahooで腕試しをしてからカラーミー、STORES.jpなどに移行するという方法がよさそうです。

私はとりあえずYahooのような審査が必要ないBASEからはじめようかな。なんかBASEの術中に上手くハメられた感じがしますが。