でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【イラストAC】イラストレーター広告は上位32位じゃ出してはいけない

"【イラストAC】イラストレーター広告は上位32位じゃ出してはいけない

どうも、でょおです。以前、イラストACのお話をしました。
また新たな検証をお願いしたので記事にします。
今回はイラストACの中に広告が出せる【イラストレーター広告】についてです。

イラストレーター広告とは

f:id:dyoblog:20171130123236j:plain

イラストレーター広告はイラストAC内のトップ画面などに表示される広告で、「ダウンロード数が2倍になった」なんて謳われている広告です。イメージするならアドワーズのイラストAC版。公式サイトによると平均24%増加、最高100%増加とのことでかなり期待できそうな内容になっています。
多分、上位にランクインしてくるイラストレーターさん以外はどうしようかかなり悩んでいるところだと思います。
今回はお得かどうか徹底的に検証したので是非最後までお付き合いいただきたいです。

上位32位じゃ広告を出してはいけない理由

理由は簡単です。上位32位程度のランキングのイラストレーターさんでは得しません。

まず協力いただいたイラストレーターさんのプロフィールです

  • 総ダウンロード数:約11000DL
  • 作品点数:約270
  • 前日ダウンロードランキング:32位

全19535人中の32番目と思うとなかなかすごいんでしょうが1日の収入は平日で1000円~2000円程だそうです。

申込されたプランは3000円プランの200,000回表示。
そして1日に表示された回数、クリック数がこちら。

  • 表示回数:11,775回
  • クリック数:25回

まずは表示回数ですが1日で11,775回表示されています。つまり200,000回表示で17日間(16.98日)計算になります。(公式には10日間と掲載)

1日のクリック数が25回。ダウンロード数ではなくクリック数なので明確な効果は不明ですが仮に25回ダウンロード数が増えたとしても金額にして1日89円増加になります。

89円×17日=1,513円です。3,000円の広告費を出しているのでつまり-1,487円の赤字になります。
ちなみにこの日のダウンロード数は451DLから497DLと約10%増加しましたが、比較になった前日はダウンロード数が少ないめで497はむしろいつも通りだそうです。

表示回数に対するクリック数が低すぎる

表示回数に対するクリック率はたったの0.2%です。
それって広告の作り方が悪いんじゃないの?と思い見せてもらいましたがグラフィックデザイナーの私から見ても特別悪いようには思えませんでした。ダウンロード数の高いトレンド性のある広告で、バナーを一目見れば何がアップされているのかわかるものでした。

落ち着いて考えてみると効果が薄いことは当然。広告の表示される位置は最適化されていないのです。つまりはクリスマス素材を探しに来た人に年賀状の広告を表示してもクリックされないことは当然のことです。
クリスマスの素材を探しに来た人にはクリスマスの広告を表示するなどの最適化が行われない限り効果は薄いのではないでしょうか。

ただしあくまで試算

一応念のために言いますがこれはあくまで試算です。25回クリック=25DLと仮定して計算しています。25回クリックされ30回ダウンロードされているかもしれませんし、1回しかダウンロードされてないかもしれません。
もちろんクリック数は人によって異なるでしょうし、当然ダウンロード数も異なります。

Aマークの無意味さ

f:id:dyoblog:20171130124106j:plain

もう一つイラストレーター広告の残念なところを紹介します。
Aマーク、Advertisementマークはイラストレーター広告に出している方のイラストに表示されるようになっています。
一応、箔がついて品質高そうに見えますがぶっちゃけ完全に無意味。要は金だしゃつくんだからイラストの品質が高かろうが低かろうが関係ありません。
もうひとつ付け加えると私のようにダウンロードする側の人間から言わせれもらえばAマークついてようが付いてまいが、使用用途に適切で効果的な物をダウンロードします。
イラストの作者が誰だからダウンロードするみたいなことはありません。ましてやイラストAC側が付けたマークを指標にする訳がない。

まあイラストAC側としてもこのマークはおまけみたいな物のようなので無意味でも仕方ないですね。

イラストACのDL数を2倍にする方法を考える

このあたりはブログ運営と繋がる部分がありそうですね。
まずは強豪と被らないようにすること。イラストACのイラストレーター広告は並んで表示されています。ここに同じ内容の広告が表示されて場合はクリック率が下がる可能性があります。
2つめは需要のあるものをバナーにすること。やはりニッチ過ぎるものだとダウンロードされませんし、今の時期に必要のない夏のイラストなんかはクリックされないでしょう。
ただ難しいのはこの2つを両立することは難しいということです。需要のあるものを広告に出すと競合に被ってしまいます。

結論

イラストレーター広告をざっと見てみましたが、広告の数は50以上あります。当然、人気イラストレーターさんが大多数を占めています。イラストレーター広告では人気イラストレーターさんに食われてしまうので地道にイラストの質をあげ点数を増やす方が圧倒的に効果が高いと思ます。
アドワーズの場合はキーワードにあった場合のみ広告が表示されるのでコンバージョン率が高いですがイラストACのように無作為でバナー広告をサイト内に貼るような広告では効果はあまり期待できなさそうです。

プライバシーポリシー