でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

映画【007シリーズ】を見始める初心者への完全解説ガイドを用意した

f:id:dyoblog:20180614223451j:plain

SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

まずなんで今更007なのって話。この間、他の方の「デッドプール2」の感想記事を読んでいまして、「オープニングはスペクターのパロディ」と言ってる方がいたんです。でもあのオープニングってスペクターに限らず007全般のパロディだと思うんですけど違いますか?それとも単純に私がちゃんと観てないだけ?
というのも私、実は映画007シリーズが大好きでして全24作しっかり観ているんですよ。思い返してみると007シリーズってちゃんと観てる人って何気に少なくて。なので今回は007シリーズをほとんど観ていないという方に向けて007の見方、007ってこういうもんなんだよってのを紹介したいと思います。

マニアック向けには書いていないのであしからず。ではどうぞ。

 

007とは

ジェームズ・ボンド (英: James Bond) は、イギリスの作家イアン・フレミング(1908年 - 1964年)のスパイ小説、およびこれを原作とする映画の主人公である、イギリス秘密情報部 (MI6) の工作員である。

ジェームズ・ボンド - Wikipedia

ようは英国のMI6、スパイです。作品は基本的にアクションエンタメ映画の超娯楽作。現実離れした秘密兵器などが登場するのはご存知かと思います。イギリスのスコットランド出身のジェームズ・ボンドのコードネームが007(ダブルオーセブン)。人柄としてはクールで斜に構えてユーモアのあるキャラクターでまさに英国紳士。一級品を身につけて泥臭いものとは無縁で女好き。そんでニヤケタレ。
イギリスの諜報機関、イギリス人ということもありイギリス贔屓な映画シリーズで最新作24作品目『スペクター』までほぼ全てイギリス人が演じています。念のためいうとイギリス=イングランド・ウェールズ・スコットランド・アイルランドなので演じる俳優はこの中からまちまち。当然、MI6メンバーも基本は英国人俳優が演じます。

歴代ジェームズ・ボンド

歴代のジェームズ・ボンドについて紹介しますが、ここでは事実関係を確認する程度の簡単な紹介です。

ショーン・コネリー

f:id:dyoblog:20180614221904j:plain

出典:007は殺しの番号 : 場面カット - 映画.com

初代007を演じたのがショーン・コネリー。出身地はスコットランドで演じた期間は1962年〜1971年。

  • 007 ドクター・ノオ(1963)
  • 007 ロシアより愛をこめて(1963)
  • 007 ゴールドフィンガー(1964)
  • 007 サンダーボール作戦(1965)
  • 007は二度死ぬ(1967)
  • 007 ダイヤモンドは永遠に(1971)

ジョージ・レーゼンビー

f:id:dyoblog:20180614222132j:plain

出典:女王陛下の007 : 場面カット - 映画.com

出身地はオーストラリアで、唯一イギリス以外の国籍の俳優です。演じた期間は1969年のたった1本のみ。特徴としては007が結婚式を挙げます。

  • 女王陛下の007(1969)

ロジャー・ムーア

f:id:dyoblog:20180614222338j:plain

出典:007/死ぬのは奴らだ : 場面カット - 映画.com

007を最多で演じたのがロジャー・ムーアで、最もユーモラスな007でした。出身地はイングランドで、演じた期間は1973年〜1985年。

  • 007 死ぬのは奴らだ(1973)
  • 007 黄金銃を持つ男(1974)
  • 007 私を愛したスパイ(1977)
  • 007 ムーンレイカー(1979)
  • 007 ユア・アイズ・オンリー(1981)
  • 007 オクトパシー(1983)
  • 007 美しき獲物たち(1985)

【死去】ロジャームーアは最もユーモラスな「007」だった

ティモシー・ダルトン

f:id:dyoblog:20180614222453j:plain

出典:007/リビング・デイライツ : 場面カット - 映画.com

4代目007。出身地はウェールズで演じた期間は1987年〜1989年。

  • 007 リビング・デイライツ(1987)
  • 007 消されたライセンス(1989)

ピアース・ブロスナン

f:id:dyoblog:20180614222548j:plain

出典:007 ゴールデンアイ : 場面カット - 映画.com

5代目007。出身地はアイルランドで演じた期間は1995年〜2003年。

  • 007 ゴールデンアイ(1995)
  • 007 トゥモロー・ネバー・ダイ(1997)
  • 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999)
  • 007 ダイ・アナザー・デイ(2002)

ダニエル・クレイグ

f:id:dyoblog:20180614222745j:plain

出典:007 カジノ・ロワイヤル : 場面カット - 映画.com

6代目007で現行。初の金髪青目007は公開前は大批判を浴びました。上記のポスターでも青目を強調していますね。シリーズ初のタフなジェームズ・ボンドを演じました。出身地はイングランドで演じた期間は2006年〜。

次回作でもボンドを演じる予定なので実は最も長くボンドを演じる俳優になります。

  • 007 カジノ・ロワイヤル(2006)
  • 007 慰みの報酬(2008)
  • 007 スカイフォール(2012)
  • 007 スペクター(2015)

MI6メンバー

ジェームズ・ボンドを支えるMI6のメンバー。彼らを簡単にご紹介します。

M

一言で言うとジェームズ・ボンドのボス。ピアース・ブロスナン時代から『スカイフォール』までは女性のMでジュディ・デンチが演じました。以降、レイフ・ファインズのマロリーがMに昇格。

Q

秘密兵器を開発する博士。これまで長年おじいちゃんがキャスティングされてましたが『スカイフォール』ではベン・ウィショーに。ちなみにQの部下でRってのがQの後継者でいたこともあります。

マネーペニー

Mの秘書。ジェームズ・ボンドに思いを寄せてる作品もありますが結ばれた事は一度もありません。『スカイフォール』から現在まではナオミ・ハリスが演じています。

英国と米国

ジェームズ・ボンドはイギリス人で、007シリーズは基本的に「英国万歳映画」です。

もちろんMI6は英国の機関なので登場人物の多くが英国人でアメリカ人が登場しません。007シリーズにアメリカ人が味方で登場するときはアメリカのMI6に当たるCIAの工作員が出てきます。大体ジェームズ・ボンドの友人でCIAの職員であるフェリックス・ライターです。

007の伝統

007には伝統というか「お約束」がたっくさんあります。これこそが007たるや何なのかという伝統です。007シリーズを騙るのならこれらは含めないといけません。

続き物じゃない

基本的に007シリーズは続き物ではありません。前作の続編とかにはなってなくて、基本的にすべての作品が完全に独立して繋がりのない作品になっています。なので「前作見ていなかったから今作は見れない」ということもありませんでした。

ところがダニエル・クレイグ版007はこれまでと違いすべての作品が続編となっています。

ボンドガール

007シリーズに登場するヒロインはボンドガールと呼ばれています。ボンドガールは色々でジェームズ・ボンドを助けたり、仲間だったりするのはもちろん、敵側でボンドと寝るだけのボンドガールや、ただの被害者ですぐ殺されるだけのボンドガールもいます。
個人的には『ワールド・イズ・ノット・イナフ』のソフィー・マルソーが一番印象的。だって彼女黒幕なんだもん。

事件を解決し、まるでご褒美のように最後にはボンドガールと愛し合うというのも定番の一つです。が、007シリーズは続き物ではないので次回作では登場しないのがお約束。

ボンドカー

ボンドカーというのはジェームズ・ボンドが登場する秘密兵器てんこもりの高級車。基本的にQが開発して007がぶっ壊すのがお約束。ボンドカーは英国の『アストン・マーティン』が定番ですがロータスやBMWなんかもありました。(ロータスはイギリス車だけどBMWは違う)

それ以外の車はボンドカーというかボンドが乗っただけって感じです。

オープニング

銃口から狙う敵をジェームズ・ボンドが歩いてきて打ち抜くオープニングも定番でお約束。見た事ない人はいないんじゃないでしょうか。

それからオープニングテーマ。このページの冒頭でも触れたようにオープニング映像もお約束です。007のオープニングは(ほぼ)必ず曲のミュージックビデオみたいなものが入ってきます。その映像はカラフルで、映画の行く末を象徴的に表現するアート作品です。銃や左右対称の映像など、近代作品はほぼフルCGというのも定番。
採用される楽曲のタイトルの多くは映画の副題が使われます。例えば映画が『007 スカイフォール』だったら楽曲タイトルも『スカイフォール』

ヴィラン

007のお約束の一つが特徴的な悪役です。まずは何と言ってもスペクター。映画『スペクター』に登場した悪の組織で首領で通称ナンバー1がスキンヘッドの『ブロフェルド』。スペクターは偉い人を上から順にナンバー1、ナンバー2と呼びます。
クオンタム・オブ・ソラスという謎組織もありましたが…。その他、目から血を流すル・シッフルや怪力男のジョーズ、シルクハットのつばが刃になってるオッド・ジョブなど特徴的な悪役ヴィランも007らしいといえます。

ボンド、ジェームズボンド

ジェームズ・ボンドといえば名セリフがたくさんあります。まずは何と言ってもこれ「ボンド、ジェームズ・ボンド。」です。一回ラストネームを言ってワンテンポおいてフルネーム言うやつ。これは他の映画でも多数パロディされ、冒頭の『デッドプール2』のエンドロール中でもパロディされていました。
それから『ウォッカマティーニ、シェイクなしで』というのも本編で必ず聞く事が出来るセリフです。ジェームズ・ボンドはなんだかんだ必ずウォッカマティーニを飲むシーンがあるのでその時に必ず飛び出してくるセリフです。

007はロケ地がすごい

ジェームズ・ボンドは英国のために世界を股にかけて活躍するスパイです。なので世界各国のロケ地で撮影されるのも007らしさです。必ずと言っていいほどロケ地での広撮が登場します。世界各国色々な場所が登場しない007作品は007とは呼べません。

多作品へのパクリ

他作品から多数パクリオマージュされる007ですが実は007自体が色々な作品のオマージュを含んでいるのは知らない方も多いと思います。007はその当時の世界情勢を大きく反映しているシリーズです。その中でも映画のトレンドを大きく反映しています。
ジェームズ・ボンドの銃といえばコンパクトでどこにでも忍ばせる事が出来る「ワルサーPPK」が有名ですが、映画『ダーティ・ハリー』が流行した時代はハリー・キャラハンの愛用銃を真似て「スミスウェッスン」のマグナムを使用しました。スパイ活動にはどう考えても不向きなバカでかい銃です。

スペースオペラの代名詞『スター・ウォーズ』が流行ったならば『007 ムーンレイカー』で宇宙に行きます。アメ車のマスタングで爆走する映画が流行れば『007 ダイヤモンドは永遠に』でマスタングを爆走させます。
007シリーズはそうしてたくさんの映画をパクりながら続けてきたシリーズです。

セルフオマージュももちろん

そんな007は007シリーズ自身のセルフオマージュもたくさんあります。有名どころで言えば『女王陛下の007』の雪山のシーン。

多くの他作品からもオマージュされるこの雪山のシーンは非常に人気があったため、007シリーズでは度々雪山シーンをセルフオマージュしています。(『スペクター』『ユア・アイズ・オンリー』『リビング・デイライツ』など)

なぜ『スカイフォール』が傑作なのか

007史上最大級のヒットをした『スカイフォール』ですが批評家にはコテンパにやられました。ですが私としては最新作『スペクター』以上の傑作だったと思っています。というのも007はダニエル・クレイグに変わってから伝統をどんどんぶち壊してきました。そのぶっ壊した伝統を007シリーズ50周年の『スカイフォール』で復活させたのです。

これまで『カジノロワイヤル』以降登場しなかったQ、マネーペニーが復活し、超印象的な悪役で顔が半分ただれた元MI6のシルヴァが登場し、ボンドカーには昔からのファンを喜ばしてくれる古いアストン・マーティンを使用しました。世界中を飛び回りますし、007へのオマージュが多数あり当時大ヒットした『ダークナイトシリーズ』のパクリもありました。オープニング曲であるアデルの「スカイフォール」は007シリーズの中でも名曲のひとつで、いかにも007らしいオープニングは鳥肌が立つぐらいぴったりのチョイスです。

『スカイフォール』はこれまでの007とは全く違う雰囲気で伝統を守った作品です。

本作が批評家から批判された理由の一つに「中身がない」ということがあります。脚本に無理がありストーリーにリアリティがないというものです。

私はこれすらもある意味で007らしいと思っています。

007の見所はアクションやボンドガールや車などたくさんありますが、その根底にあるのは「男が憧れるかっこよさ」だと思っています。「かっこよさ」を魅せるためにアクションがありボンドガールが出てきて、車が出てくると思っています。つまり「いつまでも子供な男たちが憧れる大人の男の映画」こそ007だと言えます。

なので007に必要なのはストーリーの合理性でも派手なアクションでもありません。必要なのは、死ぬまで思春期で中二病の私たちがかっこいいと思う事です。

この「かっこいい」という意味も時代によって多少変化してきています。スカイフォール公開時の時代で、中二病患者の私たちがかっこいいと憧れたのは『ダークナイトシリーズ』などのクリストファー・ノーランが描くようなリアリティっぽさがあるメランコリックなヒーローです。『スカイフォール』に登場したジェームズ・ボンドはまさにこの時代のかっこいいを体現したボンドでした。

終わり

ダニエル・クレイグは当初『スカイフォール』で007を卒業する予定でしたが非常に人気が高く、制作側が離さなかったのでその後の『スペクター』でもジェームズ・ボンドを演じ、次回25作品目への続投も決定しております。25作目は配給がソニーじゃなくなったり、監督が降板したりとかなり難航していますが。

007は作品数が多いだけではなく非常に長寿の作品になります。007映画の歴史を知ればより007映画を楽しむ事が出来ると思います。
まだ007を全作観ていない方は是非一度全作観てください。

Amazon プライムビデオで『007 スペクター』を見る。

ではまた。