でょおのぼっちブログ

でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【感想】Netflixディフェンダーズ2話『ちょっと残念だった』ネタバレあり

ザ・ディフェンダーズロゴ
引用:https://www.netflix.com/title/80002566

どうもでょおです。
Netflixオリジナルドラママーベル作品のザ・ディフェンダーズが8月18日に配信開始されました。

www.netflix.com


ザ・ディフェンダーズ1話に引き続き早速、ザ・ディフェンダーズ第2話目の感想レビューを紹介します。
今回はしっかりとしたネタバレありの感想なのでご注意ください。

登場人物紹介の記事はこちら
【ディフェンダーズ】これまでの登場キャストと観るべき時系列順番

 

あらすじ

新たな陰謀説が流れる中、昔の生活に戻り始めるマットと、どんどん深みにはまるジェシカ。一方、ルークは手がかりを追い、ダニーは一騎打ちに挑む。

引用:https://www.netflix.com/title/80002566

前回、ザ・ディフェンダーズ第1話のエンディングでシガニー・ウィーバーことアレクサンドラが大地震(?)を引き起こしたところからザ・ディフェンダーズ第2話がはじまります。地震大国日本では未だにデリケートな話題なのですがザ・ディフェンダーズのオープニングに注意書き等はありませんでしたね。
デアデビルことマット・マードックは危機的状況下で、正義を行うためやむを得ず再び暴力の力を借ります。久しぶりに再会した親友フォギーにそれを責められつつも「一時的な解決策」として弁護士の仕事を外注され、その仕事の弁護相手は意外な人物で…
調査を続けるダニー・ランドは凄惨な現場を発見してしまうのですがそこに現れるのもまた意外な人物で…

感想

ザ・ディフェンダーズの第2話の感想を一言でまとめると、はっきり言ってまだまだ微妙。

ザ・ディフェンダーズは実質主人公が4人もいるようなものなので、4人の話をまとめて描く必要があり、なかなかのスロースタートです。幼稚園のころからアメコミヒーローが好きだった、私でょおはNetflixマーベルドラマをはじめ、ArrowやFlash、その他諸々のアメコミドラマは一気観したくてしたくてたまらなくなるぐらいなのにザ・ディフェンダーズはぶっちゃけそうでもない。
ザ・ディフェンダーズの物語がペースアップしてくるのはやっぱり4人がある程度絡みはじめてからではないでしょうか。

ザ・ディフェンダーズに関しては(たしか)デアデビルシーズン2を観たあたりから噂を耳にしていました。かなり期待値を上げすぎていたNetflixマーベルドラマ最新作なので記事タイトル通りちょっと残念といった感想になりました。(まだこれからなんだけどね)

Netflixマーベルドラマのデアデビルシリーズに登場した懐かしのキャラクター2人が登場するところを見ると、やはり物語の軸はデアデビルにあって他のキャラクターを巻き込んでいく形になりそうな予感です。

核心に迫っているダニーことアイアンフィストもメインキャラとして絡みそうな予感。今のところ、ヤミノテ(ザ・ハンド)とあまり関わりのないルーク・ケイジとジェシカ・ジョーンズの2人は巻き添えでディフェンダーズに参加しそうですね。

ザ・ディフェンダーズ第1話のエンディングにちょびっと出演し、ザ・ディフェンダーズでは早速、ジェシカ・ジョーンズを吹っ飛ばしていました。が、エレクトラって怪力的な能力ありましたっけ?復活に伴いさらにパワーアップしたんでしょうか。

ジェシカ・ジョーンズが手錠をかけられてるシーンがありましたがあれもザ・ディフェンダーズ第1話のルークケイジと同じでピンっと簡単に引きちぎれるんだろうなーと、冷めた目で見てしまいました。それからミスティって刑事だからしかたないんだろうけどなんとなくムカつくキャラだと思うのは私だけでしょうか。いつも一言余計じゃね?と思うのですが。

ザ・ディフェンダーズ2話の見所①

豚足スタートでなかなかヒートアップしないザ・ディフェンダーズの2話でしたがもちろん、おもしろい見所もありました。感想にしたい見所は個人的には2点。
1つめはオープニングのマットの行動。
自警団活動をやめ、犯罪は警察に任せていたマット・マードックでしたが災害に乗じて火事場泥棒をしていた子供が殺されかけてそれを助けます。デアデビルを再会するきっかけになるであろう行動です。
火事場泥棒の子供も悪であり、その被害者で子供を殺そうとしていた側も悪である。悪だらけのヘルズキッチンで正義と悪の線引きが非常に曖昧でありつつも正義を果たすマットマードックはとにかくかっこいい。ザ・ディフェンダーズでもデアデビルらしい宗教的雰囲気をとりいれた演出でした。

ザ・ディフェンダーズ2話の見所②

ザ・ディフェンダーズ第2話の見所はなんといっても「強烈な右フック」
これまでNetflixマーベルドラマシリーズを観ていて誰もがこう思ったはず。
誰が一番強いの?
当然湧き出てくる疑問です。ジェシカ・ジョーンズの時は一応、ジェシカ・ジョーンズvsルーク・ケイジのシーンがありましたがこちらはお互いすでに見知っていて、さらに操られていたのでまたちょっと訳が違います。

ヒーローvsヒーローのシチュエーションに燃えないはずがありません!

デアデビルvsパニッシャーみたいな胸アツな戦いです。

おわり

だんだんと2人の歯車が合わさりはじめてきたザ・ディフェンダーズ第2話。1、2はまだまだ序章にすぎないというのが正直な感想。これから第3話に入りペースアップしていくのではないかと楽しみにしています。
ではまた。

ザ・ディフェンダーズはNetxlixオリジナル作品ですよ。

www.netflix.com

前回記事と関連記事

プライバシーポリシー