でょおのぼっちブログ

大体は映画かバイクの話してる独りぼっちな"でょお"の雑多ブログ

250アメリカンバイク【大きい順ランキング】一番大きいおすすめはコレ

 

「250アメリカンバイク大きい順ランキング」タイトル画像

どうもでょおです。

250ccアメリカンバイクは車検もなくカスタムしやすくリーズナブルで人気ですよね。

ところが他のアメリカンバイクに比べると小さい!とにかく小さい!そんな風に思っていませんか?今現在250ccアメリカンバイクで何に乗ろうかと悩んでいる方はこの記事必見です。

悩んでいる方はこの記事必見です。

今回はどの250アメリカンバイクが一番大きくいか、大きく見えるか、どのバイクがおすすめかを比較して紹介します。

ではどうぞ。

 

 

250アメリカンバイクの大きさ比較

ホイールベースの比較

「ホイールベースとは、全長とは」の図

 

念のためホイールベースとは何なのかを紹介すると、ホイールベースはバイク全体の全長ではなくホイールからホイールの長さを指します。

基本的にホイールベースが長いバイクは直進安定性に優れ、ホイールベースが短いと旋回性能が優れています。原付スクーターとか分かりやすいですよね。

以下、一般的な250アメリカンバイクのホイールベースを比較して並べたものになります。

 

  1. Vツインマグナ250 1620mm
  2. エリミネーター250V 1620mm
  3. ドラッグスター250 1530mm
  4. イントルーダーLC250 1520mm
  5. ビラーゴXV250 1495mm
  6. レブル250(現行モデル) 1490mm

出典:カタログからバイクを探す-バイクのことならバイクブロススズキのホイールベースの長いバイク ランキング

 

250アメリカンでホイールベースが一番長いバイクはVツインマグナエリミネーター250Vが同着1位でした。

逆に乗りやすさや走る楽しみを追及している現行レブル250が一番ホイールベースが短いです。見た感じも大きくないですよね。

 

全長の比較

「ホイールベースとは、全長とは」の図

 

バイクの全長はホイールベースと違い一番長い部分の比較になります。ナンバープレートは含みません。

言うまでもありませんが車体の大きさを比較するのであれば全長よりもホイールベースの方が重要ですね。これが自動車だったならまた別ですが…。

以下、人気アメリカンバイクの全長を比較したものになります。

 

  1. エリミネーター250V 2355mm
  2. ドラッグスター250 2320mm
  3. Vツインマグナ250 2315mm
  4. イントルーダーLC250 2240mm
  5. ビラーゴXV250 2215mm
  6. レブル250(現行モデル) 2190mm

出典:スズキのホイールベースの長いバイク ランキング

 

ホイールベースではエリミネーター250VとVツインマグナが一番長かったのですが、全長だとエリミネーター250Vが1番長いようです。

続いて第2位ですがドラッグスターはVツインマグナよりも全長が長いようです。(たった5mmの話ですが)

 

全幅の比較

「全幅とは」の図

 

バイクの全幅はミラーを含まないバイクの幅になります。なので実質、ハンドルの幅を指す数値みたいなものですね。ハンドルを交換する予定の人にはあまり意味がないかも。

以下、人気250アメリカンの全幅比較です。

 

  1. ドラッグスター250 935mm
  2. Vツインマグナ250 880mm
  3. イントルーダーLC250 880mm
  4. レブル250(現行モデル) 820mm
  5. ビラーゴXV250 780mm
  6. エリミネーター250V 775mm

出典:カタログからバイクを探す-バイクのことならバイクブロススズキのホイールベースの長いバイク ランキング

 

全幅、ハンドル幅が一番広いのはドラッグスター250でした

いかにもアメリカンバイクなクルーザーのドラッグスター250は見てもわかるように見事なエイプハンガーがついているのでかなりハンドルが幅広なのでしょう。

逆にハンドル幅が一番狭いバイクはエリミネーター250Vでした。なかなか面白いですね。一番長いのに一番細いんです。

 

全高の比較

「全高とは」「シート高とは」の図

 

続いては全高の比較です。バイクの高さの最も高い部分が全高です。

これも同格サイズのアメリカンバイクで比較すると、実質ハンドルの高さ順みたいなものです。後々ハンドルを交換する予定があるのならそれほど重要ではないスペックです。

以下が全高の比較になります。

 

  1. ビラーゴXV250 1140mm
  2. イントルーダーLC250 1110mm
  3. レブル250(現行モデル) 1090mm
  4. エリミネーター250V 1075mm
  5. ドラッグスター250 1070mm
  6. Vツインマグナ250 1065mm

出典:カタログからバイクを探す-バイクのことならバイクブロススズキのホイールベースの長いバイク ランキング

 

250アメリカンバイクの重量比較

続いては重量の比較をしようかと思います。一概に「重い=大きい」とは言えませんが、参考にはなるかと思います。

乾燥重量順
  1. Vツインマグナ250 172kg
  2. エリミネーター250V 171kg
  3. ビラーゴXV250 142kg
  4. イントルーダーLC250 143kg
総重量順
  1. Vツインマグナ250 184kg
  2. レブル250(現行モデル) 168kg
  3. ドラッグスター250 160kg

出典:カタログからバイクを探す-バイクのことならバイクブロススズキのホイールベースの長いバイク ランキング

 

残念ながら最近のバイクであるレブルとドラッグスターは総重量のみの表示で乾燥重量がわからないかったのでしっかりとした順位は付けられませんでした。ごめんなさい。

乾燥重量はエンジンオイルやブレーキフルードなどの液体類を全て抜いた状態の重量になります。

なので数kgですが「総重量>乾燥重量」となるのでレブルとドラッグスターは大体エリミネーター250Vとビラーゴの間に入るかと思います。

 

250アメリカンバイクのタイヤ比較

f:id:dyoblog:20170708224609j:plain

 

続いてはタイヤサイズについて比較していきます。言うまでもなくタイヤが大きいほど迫力があり、大きく見えます。アメリカンバイクにおいては太さも重要ですね。

タイヤの太さ順(前)
  1. レブル250(現行モデル) 130mm
  2. エリミネーター250V 120mm
  3. Vツインマグナ250 120mm
  4. イントルーダーLC250 90mm
  5. ドラッグスター250 80mm
  6. ビラーゴXV250 3.0in(約76.2mm)

出典:カタログからバイクを探す-バイクのことならバイクブロス、スズキのホイールベースの長いバイク ランキング

タイヤの太さ順(後)
  1. エリミネーター250V 160mm
  2. レブル250(現行モデル) 150mm
  3. Vツインマグナ250 150mm
  4. イントルーダーLC250 150mm
  5. ドラッグスター250 130mm
  6. ビラーゴXV250 130mm

出典:カタログからバイクを探す-バイクのことならバイクブロス、スズキのホイールベースの長いバイク ランキング

 

迫力のある太いタイヤはアメリカンバイク乗りには魅力ある要素の一つです。純正のリアタイヤが最も太いのはエリミネーター250V、フロントが最も太いのは現行レブル250です。

フロントタイヤに関してはただ太ければいいのではなくフロントフォークの太さとの兼ね合いもあるので難しいところです。

 

タイヤの大きい順(前)

アメリカンバイクのタイヤは太いかどうかばかりに目がいきがちですがやはり大きさも重要。もちろん前後のバランスというのも重要ですがこの記事では取りあえずバランスに関しては省略。

以下、人気250アメリカンバイクのタイヤサイズを比較したものになります。

 

  1. イントルーダーLC250 18in
  2. ドラッグスター250 18in
  3. ビラーゴXV250 18in
  4. エリミネーター250V 17in
  5. Vツインマグナ250 17in
  6. レブル250(現行モデル) 16in

出典:カタログからバイクを探す-バイクのことならバイクブロス、スズキのホイールベースの長いバイク ランキング

タイヤの大きい順(後)
  1. レブル250(現行モデル) 16in
  2. イントルーダーLC250 15in
  3. ドラッグスター250 15in
  4. ビラーゴXV250 15in
  5. エリミネーター250V 15in
  6. Vツインマグナ250 15in

出典:カタログからバイクを探す-バイクのことならバイクブロススズキのホイールベースの長いバイク ランキング

 

アメリカンバイクなので基本的にフロント大きめ、リア小さめですね。フロントタイヤのサイズは18インチのドラッグスター、イントルーダー、ビラーゴあたりがランクイン。

 

タンク容量順

実は忘れられがちですが、パッと見の印象を大きく決定づける要因の一つがタンク容量です。タンクがデカければデカいほど車体が大きく見えるのは言うまでもないでしょう。

以下、タンク容量の比較になります。

 

  1. エリミネーター250V 13.0L
  2. イントルーダーLC250 12.0L
  3. レブル250(現行モデル) 11.0L
  4. ドラッグスター250 11.0L
  5. Vツインマグナ250 11.0L
  6. ビラーゴXV250 9.5L

出典:カタログからバイクを探す-バイクのことならバイクブロススズキのホイールベースの長いバイク ランキング

 

容量が一番大きく、ガソリンタンク自体が一番大きいであろう250アメリカンはエリミネーター250Vでした。

 

フロントフォークインナーの太さ順

多分こんなところ比較するのは私ぐらいですがフロントフォークインナーの太さも見た目を左右する部分なので一応確認しておきたいところですね。

細いと貧弱に見えるので、できたら太い方がカッコいいし迫力がある。

 

  1. エリミネーター250Vφ41
  2. レブル250(現行モデル) φ41
  3. Vツインマグナ250 φ41
  4. ドラッグスター250 φ35
  5. ビラーゴXV250 φ33
  6. イントルーダーLC250 φ?

出典:■フロントフォーク径一覧RealStyle MK Mの部屋Honda | 新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売

レア車両のイントルーダーだけわかりませんでした。

その他

その他の部分を調べる事は出来ませんでしたが他にチェックしておきたい部分としては

  • エンジンの大きさ
  • アウターチューブの太さ
  • スイングアームの太さ
  • フレームクレードル部分の太さ

などでしょうか。見比べる事が出来るならこの辺りもぜひ比較したいところです。

250アメリカンバイク大きい順

本題はここから。

上記のランキングを考慮して一番点数を稼いだバイクを決定しようじゃないかと思います。つまり一番大きな250アメリカンバイク決定戦というわけです。

結果はこのようになりました。

 

1位 エリミネーター250V

カワサキエリミネーター250V
出典:http://www.bikebros.co.jp/community/IMP_bikeData.php?m=4&s=77&b=10

上記項目を踏まえ、目で見た感想で一番大きく見えるのはカワサキエリミネーター250Vです。

スペック上はVツインマグナとほとんど変わりませんし、並べて見比べてみてもほとんど変わりません。

でもメーカーのデザイン力なのかエリミネーター250Vの方がボリューム感があるように見えます。ガソリンタンクが2L分も違うのでここが明暗を分けてるのかも。

おすすめカスタム

エリミネーター250Vは250アメリカンの中でもかなり異質です。ストリートドラッガーと称されますが、個人的にはそれすら怪しいなと思ってます。ドラッガーのくせにタンク容量めっちゃあるとか、フロントタイヤが太いとか結構むちゃくちゃかなと。

90度に開いたV型エンジンも間が抜けたように感じるのでカスタムするのはちょっと難易度が高いです。そんなエリミネーター250Vをカスタムするなら正当進化させていくのがベストかと思います。

アンダーカウル、フロントカウル、ステアリングダンパーなど機能性を追加していくカスタムでしょうか。

あまりおすすめしないカスタム

ストリートドラッガーと呼ばれるジャンルのエリミネーター250Vですがストリートドラッガーの中でもかなり独特のデザインなのでそもそも推奨するカスタムスタイルはありません。

チョッパースタイルにもクラシックスタイルにもフリスコも似合いません。アンダーチューブの角度が他のアメリカンバイクよりもかなりきつく、ローアンドロングなイメージに貢献してはいますがかなり特殊なので美しくカスタムしたいならここをなんとかするしかありません。きっとビルダー泣かせのバイクでしょう。

 

2位 Vツインマグナ250

ホンダVツインマグナ250
出典:ホンダ Vツインマグナ バイク購入ガイド|アメリカンRIDE-バイクブロス

250アメリカン大きさ順ランキング第2位はVツインマグナ250です。

スペック上ほぼ同着1位なのでエリミネーター250Vかマグナ250かで選ばれるのが良いかと思います。

おすすめカスタム

カスタムのしやすさ、全体的な完成度の高さはエリミネーター250Vと比較できないほど良いです。さすがそこは優等生のホンダですね。元々、シルエットのバランスが良いのでストリートチョッパーやドラッグスタイルに向いています。

おすすめしないカスタム

ずばりクラシックスタイルやオルドスクールなカスタムにはおすすめしません。

どっしりとした現代的なデザインなのでクラシカルなスタイルにカスタムするのは手間がかかるかと。

特にレーシーでゴージャスなホイールとスポーティーなメガホンマフラーは最低限なんとかしたいところです。

マグナ250をクラシックスタイルにカスタムしているのをよく見かけますが、マグナ250はキャスター角が大きくフロントフォークが長いので非常に不細工な仕上がりです。もしやるならフォークの突き出しをしてフロントをローダウンすればそれだけでかなり完成度が変わってくると思います。余談だけど。

 

3位 ドラッグスター250

ドラッグスター250
出典:ドラッグスター250 - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社

かなり迷いましたが大きさ順ランキング第3位はドラッグスター250を推します。

ビラーゴやイントルーダーよりもホイールベースが長く、比較的大きくしやすい印象もあります。ただし2位と3位の間にはかなり大きな差があると思ってください。

おすすめカスタム

コンパクトなボディを活かしたナローなチョッパーやボバーなど色々なカスタムのベースに向いています。現在も現行モデルが手に入り、カスタムパーツも比較的多いのでおすすめではあります。

おすすめしないカスタム

ボディがコンパクトでフロントホイールが細く、アンダーチューブの幅も細いのでメーカーが売り出しているクラシックスタイルが実は一番向いていないと思います。

 

最後に

以上が「250アメリカンバイク大きい順ランキング」になります。最後の最後で身も蓋もない話なんですが大きく見せたいなら250では厳しいのが現実です。

やはり250アメリカンバイクの魅力はそのコンパクトさなので、細身のチョッパーなどを作るが一番な気がしますね。ただこんな記事も書いているので気になる方は是非合わせて読んでくださいな。

小さい250アメリカンバイクを大きくする6つの方法【カスタム】

 

250アメリカンなんてやってられっか!と、大きいバイクに乗り換え検討中の方はバイクブロスでの一括査定が便利でおすすめです。

【バイクブロス】全国対応/バイク買取一括査定

※無料で一括査定OK バイクの買取は1日1日値下がりするのでお早めに

カテゴリ一覧
新着エントリー