でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

Netflixドラマ【3%】ブラジル製作舐めてたわ|ネタバレなし感想

Netflixドラマ【3%】ブラジル製作舐めんなよ|ネタバレなし感想

出典:3% | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

どうもでょおです。先日、NetflixオリジナルでおもしろいSFドラマを紹介しましたがその中で紹介した1作「3%」の感想記事を書いていませんでした。なので今回はそのSFドラマ「3%」の感想記事をネタバレなしで紹介したいと思います。ではどうぞ。

 

3%あらすじ

人類に残された道はただ二つ。楽園の島に住む成功者か、薄汚れた貧困街の落伍者か。負け組から脱出するために一度きりのチャンスを掴め。成功の確率は僅か3%…。

出典:3% | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

20歳になったら「プロセス」という試験を受ける事ができて、その試験に合格したらスラムから富裕層が済む島へ移住することができます。この「プロセス」の合格率平均(?)が3%。この試験は一生に一度しか受ける事が出来ないので20歳のプロセスでその後死ぬまでの運命が決まるって訳です。なので島に移住したい人(ほぼ全ての人)は20歳になるまでに必死で試験に備えています(試験内容は不明だけど)。
格差社会の排他的なディストピア設定は珍しいものではなくニール・ブロムカンプの『エリジウム』とかあんな感じです。

3%について

ちょっと珍しいブラジル制作のドラマ作品です。なので全編馴染みの無いブラジル語を聞く事になります。ブラジル語って意外と綺麗で耳に心地いいんですね。何となくフランス語っぽく聞こえる気がしなくもないです。

で、そんな3%ですが基本はこのプロセスという試験がメインのお話なんですが裏で別のストーリーが展開しています。現体制に反対派のコーザという集団、いわゆるレジスタンスが革命を起こそうとしています。この革命とプロセスとが描かれています。

感想

正直、外国語(アメリカ外)のドラマなので観るかどうか悩んだ作品ですが、観て正解でした。おもしろい。
SFドラマというよりはプロセスでの駆け引きや人間の汚い部分がたくさん見れるドラマです。今後の人生を左右するプロセスに皆が受かりたいために骨肉の争いになるんですね。みんな命をかけるのもいとわない。なので中には人殺しなんかもおこってくる訳でこういうのが好きな方は好きなんじゃないでしょうか。
シーズン1の話の核はプロセス合格にありましたが、シーズン2では徐々にプロセスを止めさせようとする革命へと話が移り変わっていきます。似ている作品としては『ハンガーゲーム』や『ダイバージェント』に似ていると思います。大枠の話があって現体制に不満があり革命に参加していくという点で。登場人物達が若者で一つの目的のために競い合うという点も似てるんじゃないかと。プロセスの話が主軸になっている部分では『キューブ』なんかのシチュエーションスリラーみたいな所もあります。
おもしろい点としては主人公のミシェルが最後まで読めないやつだという事。初回見たときはただのおとなしい女の子のようでしたが、第一話ですでにとんでもない裏切りをしてくれます。主人公のミシェルの予測できない行動から目が離せません。
はじめ観る前は結構抵抗があったブラジル制作という点も観ているうちに「結構ええやん」と思ってきました。ブラジルのことを詳しく知りませんが映像にもチープさがなくてむしろブラジルというロケ地が最大限活かされてるように思われます。(本当にブラジルで撮ってんのかはわからんけど)

3%シーズン3について

現在Netflixでシーズン2まで制作されている3%ですが、海外ドラマbordによると現状シーズン3の制作は未定とのことです。

https://kaigai-drama-board.com/posts/14415?p=8

3%シーズン1とシーズン2の間も長かったですが、まだ未定だそうでちょっと不安ですね。シーズン2の終わりが割りと区切りよかったものの人気があればいくらでも続けるでしょうね。ブラジル以外ではどの程度の人気があるんでしょうか。

終わり

3%は面白いドラマではありますが、個人的に大好きってほどではないのでこのままシーズン3がキャンセルされてもまあ大丈夫。エピソード数が少なめなので連休などで一気魅したいタイプのドラマになります。
まだ未視聴の方はぜひどうぞ。ではまた。