でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【ジェシカ・ジョーンズ】シーズン2 ネタバレ感想後半(7〜13話)『Netflixドラマ』

f:id:dyoblog:20180309165243j:plain
出典:Marvel ジェシカ・ジョーンズ予告編 - Only on Netflix [HD] - YouTube

ジェシカ・ジョーンズシーズン2の全話を鑑賞しました。どうもでょおです。感想を一言でいうならば「おもしろかった」です。アイアンフィストやルークケイジよりも面白かったんじゃないかと思います。
今回の感想もネタバレありの記事になりますので未視聴の方はご注意ください。

 

あらすじ

謎の殺し屋の正体がジェシカ・ジョーンズの母アリサだったことが発覚。怒るジェシカですが唯一血の繋がった殺人鬼の母を生かす方法を探します。本当は殺すべきかという間で葛藤します。

ジェシカ・ジョーンズシーズン2の後半の内容はほとんどがこれでしたね。説得したり、刑務所に入れたり、一緒に逃亡したりしようとする訳ですがジェシカよりもさらに精神に異常をきたしている母アリサはどれも上手くいきません。

スタン・リー  カメオ出演見つけた

マーベル映画作品ではマーベルコミックの多くのキャラクター生みの親「スタン・リー」がカメオ出演しているのは有名なお話。すでに90歳を超えているスタン・リーさん。「スタンを探せ」カメオ出演が今回のジェシカ・ジョーンズシーズン2でもありました。
映画とは違いドラマのためなのか登場したのは広告の写真でした。オスカーとジェシカ・アリサがヴィードを取り返す時のバス広告にスタン・リーが映ってましたよ。あまりに自然で気付きにくかったので巻き戻しして確認しましたw

マルコムにはがっかり

ジェシカをサポートする助手から同僚に昇格したマルコム・デュカスですが最終的にジェシカの元を離れ独立しました。ジェリ・ホガースの案件を横取りして。ここだけならまだ全然許せたんですがまさかのプライス・チェンの元に。
これはぶっちゃけ最低でしょ。案件持ち逃げするだけでも倫理的にアウト、普通なら契約違反。さらにライバル会社に就職ですから。ジェシカに十分恩を返したとはいえやり口が汚いですね。マットの元を離れてホガースの部下になったフォギーとはまた全然別の話。フォギーの場合はマットのためを思って離れるということもありましたし、慈善活動の弁護士事務所と大手の弁護士事務所ではライバル関係でもなく住み分けが可能ですし。
最後まで仕事をやり遂げて出て行ったのは偉い、と言いたいけど社会人としては当たり前ですしね。その後の行動でがっかりしました。

皆いなくなった

母と一緒になるため全てを犠牲にしたジェシカ。殺人を繰り返す母が殺されてしまうことは時間の問題でした。皮肉なことに母を求めるあまり、マルコムが出て行ったのはもちろん大親友で姉妹のトリッシュとも離れることになりました。血縁関係のない家族に支えられ、それなりに幸せを感じていたジェシカの家族は結果みんないなくなるということに。
シーズン2は後味悪いですね。トリッシュの正義感が曲がっていることは間違いないですが、ジェシカが出来ないことを代わりにしたということも確かですし、母アリサ自体はすでにあきらめ死を選んでいましたし。丸く収めることが出来たのにあえて出来るだけ後味悪い展開にしました。って感じ。
最終的にオスカーとヴィードが残っていることが唯一の救いですが、彼らはシリーズ新参者ですし描かれ方も偏っているキャラクターなのでなんていうかなー。

トリッシュ覚醒

予想通りトリッシュ・ウォーカーはスーパーパワーを手に入れることができましたね。完全に予想通りでした。原作通りヘルキャットを名乗るんでしょうか。
ジェシカ・ジョーンズと違い正義感が強く、能力があればもっと世界をよくすると言っていたので自警団としての活動ははじめるでしょうね。私生活でももめたジェシカと対立する姿が目に浮かんで悲しくなりますね。次回のジェシカ・ジョーンズシーズン3に期待したいところですが今のところ制作の発表なんかはまだのようです。ジェシカ・ジョーンズシリーズはシーズン1→シーズン2の間もかなりあったのでジェシカ・ジョーンズシーズン3の配信もまだまだ先になりそうです。やっぱり人気のデアデビル、パニッシャーなんかが優先されそうですね。

ヒーロー

常に斜に構えてヒーローなんかになりたくないと言いつつも常に人を救おうとしているジェシカ。今シーズンでもトリッシュを救おうと必死になってましたし、シーズン2後半では悪人の母を更正させて救おうとしていました。
この構図はジェシカ・ジョーンズシーズン1でも全く同じものがありましたね。ジェシカはシーズン1でもキルグレイブを更正させることでより多くの人命を救うことが出来るんじゃないかと思い、実際一度はキルグレイブと協力して救出活動を行ったこともありました。
ですがジェシカ・ジョーンズシリーズは残酷で悪人の更正を期待させ突き落とします。母アリサの場合もジェシカの説得を聞かず結局、警察を殺してしまいました。
一番憎んでいるジェシカがなんとか許しても、結局上手くいかないんですよね。

現代社会の問題を反映している

ジェシカ・ジョーンズシーズン2ではアメリカで社会問題になっている「衝動的な怒り」へのメッセージが込められています。アンガーマネジメントはアメリカだけではなく日本でも問題になっています。東名高速の追い越し事件は昨年大きな問題になりました。衝動的な怒りを抑えることが出来ず、取り返しのつかないことをしてしまうジェシカやアリサは現代社会の問題をそのまま映しています。
私も怒りが抑制できず、カチンとくることがあるのでもっと上手にアンガーマネジメントコントロールしないといけないなと改めて痛感。

おわり

非常に後味の悪い展開で終わってしまったジェシカ・ジョーンズシーズン2。ジェシカ・ジョーンズシーズン3の配信が待ちきれません。お願いだから早くジェシカとトリッシュを仲直りさせてあげてほしいです。
それよりも問題は観てるドラマがいっぺんに3つも終わっちゃったことですよ。これから私はどうすればいいんでしょうか。4月のレギオンシーズン2までどう繋いでいけば…

【Hulu・U-NEXT・Amazonプライムビデオ】動画配信サービス最強決定戦

ジェシカ・ジョーンズシーズン2 1話ネタバレ感想
ジェシカ・ジョーンズシーズン2 前半ネタバレ感想
ジェシカ・ジョーンズシーズン2 後半ネタバレ感想