でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

新作【ブラックウィドウ】についてまとめてみた|公開日は2020年5月

新作【ブラックウィドウ】についてまとめてみた|公開日は2020年5月

(C)2019 MARVEL

 

 

どうもでょおです。

昨日のアクセス数がガクっと10%ほど下がってるなと思ったら、お盆休みが終わって仕事明けの人が多いからなんですね。私でょおはニートフリーランスなので気が付きませんでした。

さてさて2019年のブロックバスター映画があらかた出尽くしておりまして、残すは年末のスターウォーズ最終章くらいでしょうか。

ブロックバスター映画、ドル箱映画の代表的なフランチャイズ「マーベルシネマティックユニバース」作品の次回作はもう2020年とのことで、2019年のMCU映画がないのでアベンジャーズ職員の皆さん的にはもう年末ムードなんじゃないでしょうか。(意味不明)

 

アベンジャーズ/エンドゲーム』の壮大なラストの余韻を残しつつフェーズ3に幕を下ろした『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』。フェーズ4の幕開けは惑星ヴォーミアで命を落とした古参ヒロインのブラックウィドウを主演とした単独作品が予定されています。

そこで今回はスカジョファン必見のMCU映画『ブラック・ウィドウ』について出回ってる情報をまとめてみました。

 

MCU最新作『ブラック・ウィドウ』はフェーズ4第一弾

これまで10年以上にわたって映画業界で大ヒットし続けてきたマーベルシネマティックユニバースですが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』でのフィナーレの余韻を残しつつ、しばらく休憩中になります。

そんなMCUが再開するフェーズ4の第一弾に予定されている映画が『ブラック・ウィドウ』です。

ブラック・ウィドウ以降の排出作品はこのようにラインナップされています。

  1. ブラック・ウィドウ (MV)
  2. ザ・ファルコン・アンド・ザ・ウィンター・ソルジャー (TV)
  3. エターナルズ (MV)
  4. シャン・チー・アンド・ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス (MV)
  5. ワンダヴィジョン (TV)
  6. ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス (MV)
  7. ロキ (TV)
  8. ワット・イフ (TVアニメ)
  9. ホークアイ (TV)

※上記はいずれも原題になります TV=Disney+配信 MV=movie

 

フェーズ4は2020年末にサービス開始予定のDisney+での配信作品が約半分を占めております。やはり運営方法としては「これまで描かれなかった映画と映画の間」の出来事をTVドラマで描くことになるのではないでしょうか。

アメコミ映画については下記の記事でまとめているので興味のある方はどうぞ。

2020・2021年のアメコミ映画公開日スケジュール|マーベル・DC全部

 

『ブラック・ウィドウ』公開日は2020年5月1日

そんなフェーズ4の幕開け作品である『ブラック・ウィドウ』が全米公開されるのは2020年5月1日。『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開日が2019年4月26日でしたから、ちょうど1年ほどになります。

ここ日本では5月1日以降となることが予想されます。ゴールデンウィーク期間中に公開されるか、はたまた夏休みに延期するかのどちらかのパターンになりそうですね。前者になってほしい。

 

MCU最新作『ブラック・ウィドウ』は過去の時系列

 

ブラックウィドウの映画って、ブラックウィドウ死んだやん

 

という声が聞こえてきそうですが、本作は『アベンジャーズ/エンドゲーム』以前の物語になるそうで、タイムライン時系列的には過去のものになります。

時系列的には『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の間を描いた作品になるとのこと。

 

ナターシャ・ロマノフは秘密多き諜報員でしたから、後出しのように過去のタイムラインの映画出してきても違和感が何もありませんね。個人的には『ブラック・ウィドウ』の単独作品も3本くらい作っていいんじゃないかと思ってます。

 

CW~IWでのナターシャの違い 

そもそも『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のナターシャってどんな感じだったっけという方に向けて改めて解説すると、

シビルウォーといえばアベンジャーズの面々が仲間割れして、キャプテンアメリカとアイアンマンがぶつかり合う映画でした。発端はソコヴィア協定(スーパーヒーロー登録法)にサインするかしないかって話でしたね。

この内戦の時、ナターシャ・ロマノフakaブラックウィドウはアイアンマンサイドに付きました。ところが戦いの最後の最後でキャプテンアメリカ(スティーブ・ロジャーズ)とウィンターソルジャー(バッキー・バーンズ)を見逃すんですよね。

そして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では行方をくらましたワンダとビジョンを捜索するスティーブにサム(ファルコン)と一緒に協力し、ブラックオーダーをあっという間に追い払いました。

この時のブラックウィドウのビジュアル的な違いとしては金髪になっていたということ。ナターシャ・ロマノフといえば『アイアンマン2』に登場した時より赤毛がトレードマークだったのですが本作では唯一金髪です。

またコスチュームもよく見ると緑がかったものになっており、これまでとは大きく異なっていることが特徴です。


ムービー・マスターピース アベンジャーズ インフィニティ・ウォー 1/6スケールフィギュア ブラック・ウィドウ

もしかするとナターシャが金髪にせざるを得ない理由があったのかもしれません。

 

ブダペストは描かれるのか

ブラックウィドウとホークアイの特徴的な会話で「ブダペスト」があります。『アベンジャーズ/エンドゲーム』で惑星ヴォーミアに向かう途中で「ブダペストからこんなところまで」的なことを言っていました。

もしかすると本作でこのブダペストの出来事が描かれることになるかもしれないと噂されております。理由としてはコミコンではブダペストでの戦いの映像が公開されたことにあります。

ところがこのセリフは元々『アベンジャーズ』(2012) に伏線がありまして、ニューヨークでの戦いの途中「ブダペストを思い出すわ」「お前と俺じゃ思い出が違う」的な旨の会話をしています。

なので時系列的にはかなり過去になるので本作でブラックウィドウのブダペストの出来事全てをそのまま描くのかどうかはちょっと疑問が残りますね。

ブダペストには色々な因縁があったのかもしれませんね。

 

映画『ブラック・ウィドウ』のキャスト・登場人物

ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)/スカーレット・ヨハンソン

(C)2019 MARVEL

マーベルシネマティックユニバースが本格的に始動を始めた『アイアンマン2』よりシリーズに参加するスカジョことスカーレット・ヨハンソンがようやく単独映画化。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で死んじゃってからのデビューって最低のタイミングだと思うんだけど、マーケティング的にはベストなタイミングなのかもしれません。

謎多き諜報員がシビルウォーの内戦以降何をしていたのかが本作では描かれるとのこと。

 

アレクセイ・ショスタコフ(レッドガーディアン)/デヴィッド・ハーバー

新作【ブラックウィドウ】についてまとめてみた|公開日は2020年5月

出典:Ficheiro:David Harbour by Gage Skidmore.jpg – Wikipédia, a enciclopédia livre

Netflixの人気ドラマ『ストレンジャー・シングス』で人気沸騰中のデヴィッド・ハーバーがアレクセイ役にキャスティング。デヴィッド・ハーバーは2019年公開のリブート版『ヘルボーイ』で悪魔の息子ヘルボーイことレッドを演じます。

アレクセイは原作コミックではレッドガーディアンというスーパーヒーローとして知られています。いうなればロシア版キャプテンアメリカのようなキャラクターです。武器も盾やしな。

マジなことを言うとロシア版キャップにしてはちょっとぽっちゃりしすぎかと。

 

エレーナ/フローレンス・ピュー

新作【ブラックウィドウ】についてまとめてみた|公開日は2020年5月

出典:File:Florence Pugh at the 58th BFI London Film Festival Awards.jpg - Wikimedia Commons

ナターシャ・ロマノフのライバル、ヴィランとしてキャスティングされたのが若干23歳の大注目新人女優フローレンス・ピュー。

最近ではエレーナはナターシャの妹分であるとの話も上がっています。

リーアム・ニーソン主演の『トレイン・ミッション』なんかに出演しております。米国ではロック様が出演しているプロレス伝記映画『ファイティング・ファミリー』で主演を務めていることで人気急上昇中の女優ですね。

 

メリーナ・ヴォストコフ/レイチェル・ワイズ

新作【ブラックウィドウ】についてまとめてみた|公開日は2020年5月

出典:ファイル:Rachel Weisz 2012.jpg - Wikipedia

『ハムナプトラ』のエヴリン役の印象が未だに抜けないレイチェル・ワイズはメリーナ・ヴォストコフ役でキャスティング。メリーナはブラック・ウィドウの代表的なヴィランであるアイアンメイデンとして知られているキャラクターです。

『オズ はじまりの戦い』で悪い魔女を演じた彼女にぴったりな気がします。

 

2代目ブラック・ウィドウが誕生する?

特に注目すべき配役はフローレンス・ピューの演じるエレーナというキャラクター。エレーナはナターシャの妹分のようなキャラクターだとのこと。

原作コミックにおける2代目ブラックウィドウは本名エレーナ・ベロワというキャラクターですから、何らかの形で彼女が2代目ブラックウィドウになるのは確実かと思われます。

ハリポタシリーズのエマ・ワトソンがキャスティングされると噂されていた役を勝ち取ったフローレンス・ピューがどのように活躍するのか気になりますね。

かなり小柄な上にあどけなさが半端ないので、ティーンエイジャーに見えるのですがどうなるんでしょうね。

 

タスクマスターが登場する


ハズブロ マーベルレジェンド 6インチフィギュア レッドスカルオンスロートシリーズ タスクマスター

配役については不明ですが、『ブラック・ウィドウ』のヴィランとして設定されているのはタスクマスターだとのこと。

タスクマスターは他人の技や動きを完コピできる能力を持ったキャラクターです。ヴィランの時もあればスーパーヒーローの時もあるキャラクターとして知られています。

 

最後に

以上、マーベルシネマティックユニバース最新作『ブラック・ウィドウ』についてわかってることをまとめてみました。

新しい情報が手に入ったらまた追記していきたいと思います。