でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

バイク業界がオワコンなのは「バイク乗りがモテないから」でしかない

バイク業界がオワコンなのは「バイク乗りがモテないから」でしかない

どうもでょおです。

さてさて若者のバイク離れなんかでバイク業界が苦戦をしているのは言うまでもありませんが、個人的に感じるこの根本的な原因は「バイク乗り=モテない」という構図があるからなんじゃないかと思っております。今回はそんな話をしていこうかと思います。ではどうぞ。

 

バイク乗りはモテない

間違いないでしょう。バイク乗りはモテません。多くの場合、バイク好きな人間はモテないです。理由はいくつかあると思います。

バイク=貧乏

バイクは車に比べると安価な足です。バイクは車に乗れない人間が乗っているというイメージがあると思います。

実際はライダーにはリターンライダーも多く、バイクは趣味で足ではないという人がほとんどなので車もバイクも持っているという人が多いので「バイク乗り=むしろ金持ち」なんでしょうが、世間的には金銭的に問題のある人間が車の代わりにバイクに乗っていると思っている人が多いです。

バイク乗り=キモオタ

モテないとわかっててもバイクに乗る人間はよほどバイクが好きか変わり者かのどっちかです。

バイク乗りにオタクが多いのではなくてオタク以外の人間がバイクに乗らなくなったというのが正しいんじゃないかと。実際バイク乗りに変人は多い(気がする)し、バイク乗りのオタク率は高いので否定はできません。

こういう人たちは自分の得意な話になると急によくしゃべりますよね。つまりブロガーと紙一重かw

バイク=不良

不良というべきかDQNというべきか。今では不良が絶滅危惧種ですが、やはりバイクの柄の悪いイメージは未だにあると思います。

やたら大きな音で走り回ったり、危険なすり抜けや煽りをしたり。バイク乗ると態度が大きくなるようなイメージの人間が多かったり。

かつてバイクに人気があったのはモテたから

昔は「バイク=不良」のイメージが強かったと思います。昔は「不良=モテる」みたいな感覚がありましたが今はそんな構図がありません。本当の不良はどんな時代に生まれようが不良でしょうが、周りに流されるだけのタイプの人間はモテない、かっこよくないなら不良にならないでしょう。昔は不良がモテたのでバイク乗りもモテたけど今は不良がモテないからバイク乗りもモテないって感じでしょうか。

さらに不良がモテるのは若い間だけです。その若者をバイクから遠ざけるための「三ない運動」でバイク乗りが唯一モテる年代にバイクに乗ることができなくなった訳です。

バイク=高価だからじゃないの

違うと思います。だってバイク乗るだけでモテるのならバイト頑張って買うでしょ。高価とはいっても中古なら10万円以下でも買えますし、高校生でも全然所有できる程度の金額です。

バイク乗りのイメージを変えるしかない

仮面ライダーがバイクに乗らなくなった

もう「バイク=かっこいい」のイメージを世間が持つしかないと思います。私がバイクかっこいいと初めて思ったのは仮面ライダー。バイク好きになったのは少なからず仮面ライダーの影響を受けてます。戦う正義の味方の一番の相棒はそのマシンなんです。子供の頃はバイクに乗れば自分も正義の味方になれるんじゃないかと憧れを抱きました。

ところが仮面ライダーっていつの間にかバイクに乗らなくなった。乗ったとしてもおまけ程度。仮面ライダーの一番の相棒ではなくなった。

どんな理由があるのか知りませんが幼少期や思春期にバイクがかっこいいと思わないのなら大人になっても興味が湧かないのはなんら不思議ではありません。

バイクに乗るのはEXILEぐらい

最近ではバイクのイメージアップになりそうなのってEXILEとかその手の人たちだけだと思います。比較的結構見ると思います。クルーザーばっかだけど。

でもEXILEってそもそもまだ人気あるんでしょうか。DQN人気しかないんじゃないでしょうか。

バイク芸人

数少ないバイクの番組でアメトークのバイク芸人なんかがありますよね。でもマニアックな話やバイク好きにしか受けない話ばっかなんですよね。

バイクに乗らない人間が見て、バイクに乗ってみたいと思わないとバイクのイメージアップに繋がると思えません。

あと登場するバイクの多くが金持ちしか買えないようなものばかりなので愛車自慢どころかお財布自慢にしかなってないのも問題ありかと思います。

それでもバイクに乗り続ける

それでもバイクが好きな私たちは間違いなく変人でしょう。いいんですもう。変人はバイク降りても変人ですから。