でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

“バイクの野良猫被害対策”8歳からずっと猫と暮らす私が考えた結果

“バイクの野良猫被害への対策”を、7歳からずっと猫と暮らしつづける私が考えた結果

突然ですがあなたのバイク、野良猫の被害にあっていませんか?
私の住んでいる地域は野良猫が非常に多いです。猫を飼ってるので毎日、窓一枚隔ててケンカしています。そんな野良猫だらけの住宅街に済んでいるので当然、バイクが野良猫の被害に遭います。具体的には猫にオシッコされます。

そんな私が今回はバイクの野良猫対策について紹介したいと思います。ではどうぞ。

 

バイクカバーはむしろ状況悪化

まず一番に思い当たる手段としてあるのがバイクカバー。私もバイクにはバイクカバーをかけています。ですが野良猫の糞尿対策にバイクカバーをかけるというのであればそれほど効果的ではありません。
なぜなら猫はバイクカバーにオシッコするのが好きだからです。理由は不明ですがバイクカバーのような素材を好んでトイレをします。ウチの猫もそうです。トイレのしつけが済む前は紙やナイロン袋などガサガサと音が鳴るものに好んでマーキングしていました。
糞尿をバイクに直接かけられないようにするのが目的ならかまいませんが糞尿自体をさけたいならバイクカバーでは効果がありません。

あまり効果がないもの

猫は非常に賢い生き物です。苦手な物でも危険がないと判断すれば慣れてしまいます。具体的には下記のようなものは効果が期待できないと思っていただいた方が良いです。

私は野良猫が庭に来る度に外に飛び出して追いかけ回していますがこれもそこまで効果がないと実感しています。理由は「私がいない時もあるから」だと思います。
私がいる時は逃げますが私がいない時には我が物顔で訪れてると思います。

センサーライト

正直何故これが猫よけ対策になるのかわからないくらい効果が期待できないと思います。

猫よけトゲトゲマット

トゲトゲがついた猫よけマットがありますがこれを全く苦手としない猫も中にはいます。猫は頭がいいのでトゲを避けて足を踏み入れる事やマットを除けて乗る事もないとは言えません。

猫よけ剤をまく

猫の嫌いなにおいがする猫よけ剤をバイクの周りにまくものがあります。ですが当然ながら雨にさらされると効果がなくなってしまいます。猫はたしかに柑橘系などのにおいが嫌いです。その他にコーヒーのにおいが嫌いなどとも言われますがウチの猫はコーヒーが平気なので猫によっては猫よけ剤をもろともしない子もいるかもしれません。

超音波発生装置

導入しようと最も検討してやめたものです。結局使っていないのでなんともいえませんが、高価な割にそれほど評判がよくありませんでした。人間のモスキート音と同じで猫によっては全く聞こえない場合もあるようです。
野良猫は過酷な環境の中を生きているので耳が遠かったりするものもいるようです。

 

猫に不快感を与える程度の物では野良猫が慣れてしまったり、危険とまでは感じないので難しいようです。

効果が期待できるもの

つまり、野良猫が何時やってきてもそこに野良猫の危険があれば良いわけです。そこでこれ。

センサーがついているので野良猫がやってくると大きな音で野良猫を撃退します。猫は大きな音やびっくりするのが嫌いなので効果が期待できます。ですがこれも音が出るだけで猫を追い回す訳ではないので大きな音に慣れて平気になる猫もいるかもしれません。

常設したいもの

音だけでバイクによってくる野良猫の対策ができるかどうか不安という方にはこちら。猫がやってくるとスプリンクラーが作動します。ご存知の通り猫は水が大嫌いなので非常に効果が期待できるかと思います。

賃貸の場合

残念ながら賃貸の場合や共同駐輪場では他の人の迷惑になるので上記で紹介したような大きな音やスプリンクラーを使う訳にはいきません。
猫忌避剤などの猫よけスプレーをバイクカバーに塗っておくなど可能な限りで対策していくしかないかと思います。

終わり

気の弱い野良猫なら対策をすれば追い出せると思いますが中には図太い野良猫もいるかと思います。そんな場合はいたちごっこになってしまうので最終的な対策は残念ながら駆除しかないと思います。猫と長年暮らしている身としては動物愛護をもっと進めてほしいと思います。