でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

25歳男子の私が停電災害のとき感じた【本当に必要なものベスト6】一覧

f:id:dyoblog:20180912221503j:plain

どうもでょおです。

先日の台風で電線が切れて停電になりました。停電が多い地域なのかこれまでも停電は何度も経験したことがありますがいずれも長くて2時間程度までの短時間でした。今回の停電は最終的に25時間ほど停電になり、電気がない中での生活を初めて経験しました。

家出して公園に住んでた過去もあるのでそれほどショックは受けなかったのですが、電気がないとこんなことが困るんだなと改めて実感したので今回は若者にこそ用意してほしい停電対策のグッズをまとめました。

 

モバイルバッテリー

モバブってやつですね。スマホの持ち運びできる充電器です。私は基本引きこもりなので充電がなくなってしまうほど、充電できないところに行くことがないのでモバイルバッテリーを持っていませんでした。

停電中は「いつまで停電が続くのか」とか「交通網はどうなっているのか」などの情報を仕入れるにはスマホが必要です。充電がなくなってしまうことは非常に不安につながると思われます。

ノートパソコン用モバイルバッテリー

私の休日の過ごし方は外出するか、家で映画を見ながらブログを書くかのどちらかが非常に多いです。

当然台風や停電中に外出する訳にも行かないので家にいたんですが、停電するとテレビも見れない、ネットもつながらないという状況になります。

普段からオフライン環境でもブログを書くことができるようにしているのでブログ執筆自体は問題ありません。ですが充電が切れてしまうとそこで更新作業は終了。

台風の中、家の中で電気もなしにやることもなくなってしまいました。

スマホ用のモバイルバッテリーに合わせてノートパソコン用のモバイルバッテリーもあればなと感じました。

懐中電灯

停電したときは3時か4時くらいだったので数時間で直るだろうと思ってましたが、気がつけば夜になっていました。

地域一帯が停電しているため当然、街灯も自販機も真っ暗です。今回の停電災害はバイクを夜な夜な触るとき専用のヘッドライトを利用しました。たしかに便利ではありますがもっと明るい懐中電灯や電池がなくなる心配のいらないものが欲しいと思いました。

スマホのフラッシュを利用することもできますが出来るだけバッテリーは温存しておきたいので利用は避ける方がいいです。

手で発電する懐中電灯もあるので何かあったときのために用意しておきたいです。

水のいらないドライシャンプー

停電していてもガスが止まる訳ではありません。なのでガスコンロは使えました。

ですが給湯器は電気が動かしているのでお湯は出ません。

洗顔なんかは水でも何とかなりますし、最悪はガスで湯を沸かして利用すればいいかと思いますがシャンプーはそうはいきません。

私の住む地域の夜はすでに20度を下回るほど冷え込みますが、シャワーも浴びず翌日会社に行く訳にも行かないので水でシャワーを浴びました。めちゃくちゃ寒かったです。

今回はまだ夏の終わりだったので「寒い」で住みましたがこれが冬なら心臓が止まってもおかしくありません。

冷たいシャワーを浴びずに済むドライシャンプーをストックしておけばよかったと思いました。

カセットコンロ

今回の台風停電災害でガスが使えたのは不幸中の幸いだと思いました。エアコンなどが一切使えない停電中のガスは非常にありがたいです。水でシャワーを浴びたこともあり寒くて凍えてたので、ガスを利用してみそ汁を飲みました。

ですがもしガスもストップしたり、うちがIHだったらガスは使えません。最低限非常用にカセットコンロを用意しておこうと思いました。

停電の何が辛いってやることが一切ないということです。テレビは見れないし、スマホでHuluやNetflixを見たり音楽を聴いたりすることには限界があります。

家族や友達と一緒なら会話もできるので良いですが一人暮らしだと本当にできることがありません。

大幅に時間がつぶせて、現実世界から逃避できる長編小説がおすすめです。マンガでも構いませんが小説よりもサクサク進むので気がついたら読み終えてしまってる可能性もあります。

最後に

今回は結果的に短期の停電だったのでこの程度で済みましたが、長期間の停電などの場合はさらに大変でしょう。台風の影響が停電だけだということも幸いでした。

自分は被害に遭わないだろうという考えを改め直した方がいいですね。これを機に少し防災について考えてみたいと思いました。