でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

エイ革財布の経年劣化はこんな感じ!10年以上使用した結果 耐久性すごすぎ

どうもでょおです。私は物持ちが良い方です、というか変えるのが面倒なんです。気に入る物を探すのがとても面倒。

中でも長年使っているのがお財布。財布は風水的には定期的に交換する必要があるらしいですね。私は面倒なので気にしてませんが。

中学校のときに母からプレゼントでもらったエイ革の財布を10年以上使っています。何度か財布を変えようとしたんですが、使い勝手が悪くすぐにエイ革財布に戻しました。(財布はこれ1個しか持ってない)

エイ革って馴染みがあまりないし、一般的な革と違いどんな感じに経年劣化していくかわからないと思います。

そこで今回はリアルに10年以上普段使いしている私がエイ革の経年劣化、かっこよくいうとエイジングを紹介したいと思います。ではどうぞ。

 

エイ革について

ご存知の通り、エイってこのエイです。

エイ革財布の経年劣化はこんな感じ!10年以上使用した結果 耐久性すごすぎ

エイ革はこのエイの革です。スティングレイやガルーシャなんていう風にも呼ばれます。調べてみると海の宝石なんて呼ばれてるんですな。確かに独特で美しい革です。

エイ革はとても硬く、水にも強いので耐久性がとんでもない革です。

確か武士とか侍の防具なんかにも使われていたはず。ちなみに触ってみると硬質プラスチックみたいな感じ。セラミックとかあんな感じかな?

エイ革財布の経年劣化、エイジングはこんな感じ

で、私が10年間使用している財布がコレ。

f:id:dyoblog:20180901195048j:plain

ジャンポールゴルチェのエイ革財布です。

財布にカード入れ過ぎなのか結構ボコボコですが、それでも10年間雑に扱った財布と思えば型くずれも少なくとてもいい状態です。

エイ革部分は経年劣化による痛みなどは一切ありません。第三の目、スターマークなんて呼ばれる白い部分は色が濁って飴色っぽく経年劣化というよりエイジングしております。新品の頃はもっと真っ白な感じでした。

エイ革財布の経年劣化はこんな感じ!10年以上使用した結果 耐久性すごすぎ

黒い部分も染色が抜けてきているのか、剥げてきているのかわかりませんが、いい感じに経年劣化していってます。

角などの擦れやすい部分は特に色が抜けています。

エイ革財布の経年劣化はこんな感じ!10年以上使用した結果 耐久性すごすぎ

エイ革財布の経年劣化はこんな感じ!10年以上使用した結果 耐久性すごすぎ

エイ革財布の耐久性はハンパない

このエイ革財布ですが結構雑に、ラフに扱ってきました。

お尻ポケットに入れたまま座ったり、かばんに放り込んだり、小銭やカード満タン入ったりとそれなりに雑に扱ってきた財布ですが、まだ10年どころかあと2、30年普通に使えるくらい丈夫です。

内側はナイロンなのでさすがにボロボロです。縫製部分も少しボロが来ていますね。内側だけオーバーホールとかリフレッシュしたりできるんでしょうか。

もうこのまま何年使えるかチャレンジしてみたいくらいなんですが。

エイ革触ってみた手触り

意外と馴染みがないエイ革。エイ革に触れたことのない方のために、エイ革の手触りに付いても少し補足。

全体にビーズを敷き詰めたような革です。包丁で突き刺すと穴があくでしょうがハサミで突き刺しても防いでくれそうな堅さです。

革自体はプラスチックっぽいだけあって基本的にはひんやり系。

エイ革財布のデメリット

かっこいいかどうかは好み

見てわかる通りエイ革財布は派手です。独特の質感ですし、財布の持つ雰囲気も特殊です。かっこいいと思うかどうか、好きかどうかというのはかなり好みが分かれるかと思います。

10年以上使っていますが個人的にはそれほど好きな訳ではありませんw

やはり派手なので持つ人も結構選びますね。私は自他ともに認める変人なので割かし違和感がないのかもしれませんw

取り扱いブランドが少ない

上述の通り、結構持つ人を選ぶので一定の人気がある訳ではありません。なので有名ブランドから販売されていることなども少なく、理想の物を入手するのも困難かもしれません。

革自体が派手なのでデザインで差別化するのも大変そうですね。

最後に

以上がエイ革財布10年以上使用した結果、経年劣化になります。購入を検討中の方は是非ともこの記事を参考にしてみてください。ではまた。