でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【ディズニープラス全まとめ】契約日には注意が必要かも!米Disney+とは別モンなので注意

【ディズニープラス全まとめ】契約日には注意が必要かも!米Disney+とは別モンなので注意

出典:公式サイトより

どうも映画系ブロガーのでょお(@dyoblog_)です。ディズニーの動画配信サービス、ディズニープラスがいよいよ日本でも配信されますね。

ローンチ開始日は6月11日。

それに向けてディズニープラスの情報をまとめてみました。ディズニープラスから公式発表はない情報なんですが、個人的には要注意なポイントがあるのでそれだけでもチェックして読んでいただくのをガチでおすすめします。

 

追記:ディズニープラスに登録した感想はこちら↓

Disney+ (ディズニープラス) に登録した感想【デメリットあり!失敗するかも】レビュー

 

ディズニーデラックスからディズニー+(ディズニープラス)へ

まず知ってほしいことなんですが、そもそもDisney DELUXE(ディズニーデラックス)は動画配信サービスではなかったって話。

【ディズニープラス全まとめ】契約日には注意が必要かも!米Disney+とは別モンなので注意

出典:公式サイトより

  1. Disney THEATER(ディズニーシアター)
  2. ディズニーDX
  3. スター・ウォーズDX
  4. マーベルDX

の4つのアプリで構成されたサービスの総称がDisney DELUXE(ディズニーデラックス)です。

たまにデラックスの部分をDXって略して「ディズニーデラックス」を「ディズニーDX」って書いてる人がいましたが別の意味なんですよね。

言いたいこととしてはDisney THEATER(ディズニーシアター)がディズニーの動画配信サービスだったってこと。

そしてこのディズニーシアターがディズニープラス(Disney+)へと切り替わるようです。ディズニーDX、スター・ウォーズDX、マーベルDXの3つのアプリはそのまま継続して提供されます。

 

つまりディズニーデラックスそのものの形は一応残る訳ですね。ディズニー+に入れば、他の3つのサービスが引き続き利用できるようです。

 

めちゃくちゃ噛み砕いて言うとディズニーシアターの外側がディズニープラスに変わるようなイメージで良いかと思います。

これまでサービスを利用していた人は自動的に切り替わるようになっているそうですし。

 

ディズニーデラックスからディズニープラスに変わっても月額料金は据え置き

ディズニープラスで恐らく一番気になる月額料金はディズニーデラックスと同じ700円(税別)です。

元々、米ディズニー+が月額7ドルと同じぐらいの料金なのでそれに合わせているんでしょうね。

 

ディズニープラスは再生画質もディズニーデラックスと同じ

ディズニー+の画質はディズニーデラックスと同じフルHDで4Kには対応していません。とはいえ「高画質=通信量が増える=カクつく」などに繋がるので、お金持ちさんでもない限りフルHDが割とベストです。

視聴するにあたって十分綺麗です。

将来的には米国と同じ4Kなどに対応したいみたいです。どれぐらい将来の話かわかんないけど。

将来的には米国同様4K, HDR画質、5.1ch音声も検討しております。

出典:公式サイトより

 

ディズニープラスはディズニーデラックス同様にPS4で見れない

米ディズニー+はPS4で視聴できるんですが、日本のディズニープラスはディズニーデラックスと同様にPS4で視聴することが出来ません。

料金体系、画質や視聴可能端末などの多くの部分がディズニーデラックスと同じなので、恐らくプラットフォーム的なものは共通してるんでしょうね。

なんというかディズニーデラックスのアップデート版ぐらいなのかと。

PS4に関しては今後も対応予定はないとのことです。

対応しておりません。また現時点で対応予定はございません。

出典:公式サイトより

 

ディズニーデラックスはドコモと提携して提供するサービスなのでdTVと同じ性質を持ってるのかもしれませんね。dTVもPS4で見れないし。

 

その他細かい部分もディズニーデラックスと共通

最初の方にも言ったけど、やっぱり日本のディズニープラスはディズニーデラックスと同じですね。ほとんど。

ざっと見た感じ、下記が共通する部分です。

  • 月額料金
  • 画質・音質
  • 対応端末
  • 継続利用月のカウント
  • ドコモのセット割も継続
  • dアカウントが必須

 

ディズニーデラックスの継続利用月のカウントがディズニープラスに変わっても引き継がれるし、ドコモのディズニーデラックスのプランも継続して利用できる。

そしてもちろん同様に登録にはdアカウントが必須。(ドコモじゃなくてもアカウント作れる)

継続利用月が引き継がれるってことなので、ディズニーデラックス無料体験したことある人はディズニープラス無料体験できません。

 

ディズニーデラックスとディズニープラスの大きな違いは3つ

【ディズニープラス全まとめ】契約日には注意が必要かも!米Disney+とは別モンなので注意

出典:公式サイトより

これだけ同じなら違うとこあるの?って感じですが。それらを踏まえてディズニーデラックスというかディズニーシアターとディズニー+の違いを解説していきます。

主な違いは下記の通り。

  • ナショナルジオグラフィックが見れるようになる
  • オリジナルコンテンツの配信が始まる
  • 20世紀ピクチャーズの作品が配信される

基本的に大きな違いは上記の3つになります。1個1個深堀して紹介していきます。

ナショナルジオグラフィックが見れるようになる

CSなどでお馴染みのナショナルジオグラフィックが視聴可能になります。米国のディズニー+ではナショジオが見れるんですが、ディズニーデラックスではなぜか見れないという仕様だったんですよね。

これがディズニー+になったことで、ナショジオ見れます。やったー

オリジナルコンテンツの配信が始まる

一番注目すべきなのは米Disney+で製作されたオリジナルコンテンツの配信が始まることになります。

これまではスター・ウォーズのスピンオフドラマ『マンダロリアン』だけ例外的に視聴が可能で、他の作品は観れませんでした。

ですがディズニーデラックスからディズニー+に変わったことで『マンダロリアン』以外の視聴も可能になります。具体的に現段階では実写版『わんわん物語』などが視聴できるようになります。米国では昨年11月には見れたヤツですね。

その他『トイ・ストーリー4』のスピンオフ短編や『ハイスクール・ミュージカル』のドラマ版など米国と同様の作品がラインナップに並んでいます。

 

さらに公式サイトに以下の文章があります。

将来的には、新しいコンテンツについてはアメリカと日本の配信タイミングは同じになりますが、サービス開始時は同じでない場合がございます。

出典:公式サイトより

 

とのことなので"将来的"には米国で配信している作品すべてが見れるってことじゃないかと思いますね。

20世紀ピクチャーズの作品が配信される

元20世紀フォックスです。

ご存知の通りディズニーに吸収されたので、今後20世紀ピクチャーズの作品もディズニープラスで視聴できるようです。

とはいえ買収前の作品群などについては個別に契約などもあると思うので、全作品が必ずしも視聴可能かどうかは微妙。

「アバター」、「シザーハンズ」、「ナイト ミュージアム2」、「ザ・シンプソンズ MOVIE」、そして定額制動画配信サービス初登場となる「ザ・シンプソンズ」のアニメーション・シリーズといった親子で楽しめる作品を予定しています。

出典:公式サイトより

 

X-MENやエイリアンなどのコンテンツはまだ先になりそうですね。

 

現在ディズニーデラックス利用者は自動的にディズニープラスへ移行

外側変わって中身一緒って言ったことからも分かる通り、基本的にはディズニーデラックスがパワーアップしただけのようなものになります。

なので現在ディズニーデラックスを利用している人はそのままディズニープラスへ移行されます。

手続きや作業など一切不要。

これまでディズニーデラックスを使っていたようにディズニープラスを利用することができます。

 

ディズニープラスに変わって追加されるラインナップ作品数

ざっと確認してみましたが、今のところラインナップについて多くは発表されてないみたいです。

  • ナショナルジオグラフィック
  • トイ・ストーリー4
  • ライオン・キング
  • (実写版)わんわん物語
  • (ドラマリブート版)ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル
  • フォーキーのコレって何?
  • ボー・ピープはどこに?
  • スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ/ファイナル・シーズン
  • フリーソロ
  • アバター
  • シザーハンズ
  • ナイト ミュージアム2
  • ザ・シンプソンズ MOVIE
  • ザ・シンプソンズ シリーズ
  • トーゴー
  • ギャラリー スター・ウォーズ:マンダロリアン
  • ヒーロー・プロジェクト
  • イマジニアリング 夢を形にする人々

 

米Disney+と日ディズニープラスのタイムラグを考える

公式サイトによると、将来的には同時に配信開始したいとのことですが日本語用の字幕や吹替を用意するのに多少時間がかかるので、当然タイムラグが発生します。

今のところこの時間差は不明ですが、『マンダロリアン』は米国で配信されてから日本で配信されるまで6週間ちょっとかかりました。

もしかすると今後のオリジナルコンテンツもこれぐらい時間差が生まれるかもしれません。

 

【注意】6月11日のサービス開始前に入った方がいい

前もって言いますがこれはディズニープラスからの公式情報じゃないです。でも個人的には注意した方がいいと思います。

それは「ディズニープラス開始前にディズニーデラックスに入った方がいい」ということ。

 

現段階でディズニーデラックスに入っておかないと多分損すると思います。

というのもディズニーデラックスは契約日に関わらず1か月分支払いになるので、月初に入るのが一番オトクなんですよね。

 

もしあなたが30日に契約したら1日しか見れないのに1か月分の料金を払わないといけないイメージ。

そして多分間違いなくディズニープラスも同じです。

6月11日に入ると11日分、つまり3分の1損することになる可能性があります。

もしディズニープラスに入る予定だという人は月初にディズニーデラックスに登録して、11日からディズニープラスを見る。って形にした方が良いかと思いますね…。

 

※ディズニープラスの詳細なレビュー↓

Disney+ (ディズニープラス) に登録した感想【デメリットあり!失敗するかも】レビュー

カテゴリ一覧
新着エントリー