でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

SurfacePro2から新型SurfaceGoへ乗り換えしようとして辞めた|比較

SurfacePro2から新型SurfaceGoへ乗り換えしようとして辞めた|比較

出典:Surface Go を購入 - Microsoft Store ja-JP

今回は珍しくPCのお話です。

私はSurfacePro2を現役で使用しています。

2013年発売のタブレットPCだったので5年落ちです。SurfaceProは現在5世代目なのでPro2以降新しい物が3つ出ている事になります。

新しい物が出る度欲しくなるんですがSurfaceシリーズは高価なので。と、思ってたら新しい廉価版のSurfaceGoなるものが出るとの事で早速購入しようと比較したんです。

ちなみに私は一般的なユーザーなので難しい事はわかりません。

 

比較1.外側

まずはSurfacePro2と新型SurfaceGoの大きさや外観を比べました。

  Surface Go Surface Pro 2
寸法 245 mm x 175 mm x 8.3 mm 275 mm x 173 mm x 13.46 mm
重量 522 g 907 g
ディスプレイ 10インチ 1800 x 1200 10.6インチ 1920 x 1080
バッテリー 最大約 9 時間のビデオ再生が可能 アイドル状態で 7 ~ 15 日
付属の電源アダプターを使って 2 ~ 4 時間で充電

大きさ

SurfacePro2は10.6インチでSurfaceGoは10インチなので画面サイズ的にはほぼ据え置き。厚みは約5mm薄くなってます。重量に至っては385gの減量。缶ビール1本(350g)以上軽くなってます。
やはりこの辺りは技術の進歩が大きく見られますね。

バッテリー駆動時間

個人的に謎なのがバッテリー。いずれもマイクロソフトの公式サイトから引っ張ってるんですがSurfacePro2の方の時間おかしいでしょ。"アイドル状態で"ってつまりスリープのことなので何時間使用できるかわからない。

使っている感覚的には満充電で4時間くらいな気がします。

比較2.中身

それから重要なのは中身ですよ。今SurfacePro2で出来ている事が新型SurfaceGoで出来るのかどうかという事が大切です。

私のSurfacePro2は当時一番売れた256GBモデル。なので今回は256GBのみとの比較になってます。

  Surface Go Surface Pro 2
メモリ 4GB/8GB 8GB
ストレージ 64GB eMMC/128GB SSD 256GB SSD
CPU Pentium Gold 4415Y 第4世代 Core i5

メモリとストレージ

SurfaceGoには2モデルあるようで、上位モデルの場合はメモリ、SSDは私の基準をクリアしてます。

ただ下位モデルはメモリが4GBしかないので少し重い作業を行うのが苦手そうです。さらにストレージがSSDではなくeMMC。eMMCはSSDより遅いものです(HDDよりは早い)ストレージの読み書き作業は起動時間なんかにも影響してくるのでSSDが良いです。

上位モデルではその点クリアしていますがストレージが128GB。このあたりはクラウドサービスを利用するので別に良いです。

CPUプロセッサー

問題はCPUです。パソコンの頭脳になる部分なので一番重要だと言える部分です。

SurfacePro 2256GBモデルはインテルCore iシリーズのi5を搭載していました。
SurfaceGoはPentium Gold 4415Yを搭載しています。

このCPUがどんなものかわからないんですよね。Core iシリーズは現在のハイエンドモデルで、Pentiumは廉価モデルです。ですがPentiumは元々はハイエンドモデルのCPUで、性能も悪い訳ではありません。

5年前のハイエンドモデルか、現在のちょい廉価モデルか。

その他の比較

さすがに登場から5年も経ってるSurfacePro2とSurfaceGoでは大きな違いがあります。まずはUSB Type-C。USB Type-C同士は給電しあえるのでSurfaceGoはスマホで充電したりできるってことですね。

Surfaceペンも大きく異なり、ワコムの1024段階からN-Trigの4,096段階に。

ボディカラーもつや消し黒からシルバーになってます。個人的に残念。

乗り換えを辞めた理由

1.高い

ぶっちゃけこれ。本国で399ドルとのことだったので喜びましたが国内では4GBモデルが69,984円 (税込)。私の基準を満たした8GBモデルは89,424円 (税込)。

9万円出すなら型落ちSurfaceProの方がいいんじゃないでしょうか。でも型落ちに9万円も出したくないんですが。

2.Pentiumu G 4415Yがわからん

私はパソコンオタクではないですし、一般人より少し詳しい程度なので正直、4415Yと4世代のCore i5がどの程度違うのかわかりません。ベンチスコアを探してみましたが見つかりませんでした。

ぶっちゃけ現状より使えるかどうかわからないものに9万円も出せないです。4415Yの方が優れているのなら間違いなく買いだと思うんですが。

結論

とりあえず保留。動画編集やアドビソフトも動かしますが現状問題はないので保留です。据え置きで399ドルなら飛びつきましたけど。

元々Mac派なので、スタートメニューのないWindows8.1にも何の抵抗もなかったのでWindow10になるのもなんとなく嫌かな。