でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

原付二種バイク(125cc)の免許法が改正されたけど全く無意味でしかない

原付二種バイク(125cc)の免許法が改正されたけど全く無意味でしかない

どうもでょおです。
小型バイクの免許法改正でいわゆる原付二種つまり125ccまでのバイクのAT免許取得が緩和されました。今回はこれによってどのような影響があるのか考えてみようかと思います。

 

バイク免許法改正の要約

噛み砕いて言うと、これまで免許取得に最短3日かかっていたのが最短2日になるという内容です。
教習項目が減って免許取得が簡単になる訳ではなく一日に取れる教習枠を増やすことで取得までの時間が軽減されるというものです。

「原付2種」免許の教習日程短縮へ 「世界標準」の125cc乗りやすく 「日本独自」50ccの今後は | 乗りものニュース

つまり免許法は改正されたけど緩和された訳ではありません。そりゃ中には最短日数で免許取得する方もいたんでしょうが、忙しい人は日数をかけて取得していたと思います。
1日でも早く小型二輪免許を取りたい人には朗報ですが、そうでない人にはなんのメリットもありません。

さらにATのみなので小型のMT車に乗りたい人には本当に関係ないみたい。

小型二輪免許で乗れるのは125cc=原付二種

そんな法改正されたAT小型二輪免許(正式にはAT小型限定普通二輪免許)で乗れるバイクは

125ccまでのバイク=原付二種

になります。ピンク色のナンバープレートで県ではなく市区町村が交付するやつですね。
50ccまでのいわゆる「原付」は正確には原付一種と呼ばれており、排気量で言うと2.5倍のものになるんですね。

125ccはいわゆるバイク乗りにはあまり好まれない大きさですが、大きなメリットがあるため通勤や通学に使う一般層には非常におすすめです。

  • 30km制限がない
  • 二段階右折もない
  • 車の原付特約保険が効く

主なメリットとしてはこんな感じ。

30km制限がない

まずこれまでの原付、50ccの一番のデメリットであったのが制限速度が30kmであるという事です。30kmって走ってみると分かりますがめちゃめちゃ遅いです。ピストバイクなんかの方が遥かに速いです。(あれはあれで取り締まれよ)
この制限がないので自動車と同じ速度で走って良い事になります。さらに排気量が50ccから125ccまでに増えるので自動車の流れに乗るどころかめちゃめちゃ速いです。通勤・通学で愛用されているのが納得です。というか私も通勤に使ってます。

二段階右折もない

これは住んでいる地域によっては全く関係ないかもしれませんね。50ccの原付バイクは片側3車線の広い道路では二段階右折、右折するのに信号を2つ待つ必要があります。原付二種(125cc)はこの必要がありません。

とはいっても片側3車線で二段階右折禁止の通りもたくさんありますが。

車の原付特約が効く

自動車を持っているけどより財布に優しくて小回りのきく原付が欲しいという方も多いと思います。自動車保険についている「原付特約」は125ccまで適応できるので余分にバイク保険に入る必要がありません。

原付二種が原付一種の据え置きになるだけ

元々、原付一種というのは世界的にはありません。最小排気量は基本125ccというのが一般的です。なので今後は50ccのバイクはさらに淘汰されていく可能性があります。
日本でバイクが全く売れないのでグローバルモデルと統一してコスト削減を狙っているんじゃないでしょうか。

とはいっても普通自動車免許に付帯される50ccを上回る普及率は見込めないと思います。メーカーとしては50ccのバイクを減らしていきたいんでしょうが、現状の免許法体制では50ccほどの需要は見込めないと思います。

結果的に50ccに乗る人が減り、125ccに乗る人も増えなくなり単純にバイク業界がさらに過疎化していくように思います。

でも125ccバイクをおすすめしたい

先ほど125ccバイクのメリットを紹介したように125ccバイクは非常におすすめです。通勤や通学の街乗りでは原付二種の右に出るものはありません。下記の記事でも一部125ccの魅力的なスタイルのバイクを紹介しています。

【51cc~125cc】で乗れるおすすめのアメリカンバイク一覧 全8車種
【~125cc】で乗れるおすすめのクラシックバイク一覧 全6車種

今回の免許法改正はそれほど大きなメリットがあるとは言えないものの125cc、小型バイク自体は非常に魅力あるものです。もし乗りたくて悩んでいる方にはぜひ乗っていただきたいと思います。

原付を一番高く売り払うならバイクブロスでどうぞ。【バイクブロス】全国対応/バイク買取一括査定