でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【バイクグローブ】かっこいいおすすめベスト5|アメリカンの防寒に

どうもでょおです。みなさんバイクグローブは使っていますか?グローブをせずにバイクに乗っている人がいるならグローブ買うのをマジでおすすめします。防寒や安全以外にもメリットがありますしね。

このブログではアメリカンバイク、クルーザー向きにおすすめなバイクグローブを紹介します。つまり「かっこいい」という部分に一番重きを置いて選んでます。

私、手袋大好きで10個以上革手袋持ってるぐらいなので結構参考になるかと思います。ではどうぞ。

 

バイクグローブのメリット

まずはちょこっとバイクグローブのメリットについて紹介したいと思います。

安全性

これですね、一番は。バイク乗りでなくても想像つくかと思いますがバイクはとにかく危険と隣り合わせ。特に手は転んだ時に必ず地面につけてしまいます。

歩いてて転けたときも顔をかばうように手が出たりしますよね。あんな感じ。バイクであれやっちゃうと手がズル向けになっちゃうんですよ(←経験あり)

こうなると傷の跡は多分絶対なくならないです。

バイクグローブでないにしろ、せめて革等の厚手の手袋はしてください。軍手は絶対ダメ、というか素手とほぼ変わらん。

防寒

続いてのメリットは防寒性ですね。冬のバイクはとにかく寒い。というか秋頃から寒い。真冬にグローブなしでバイクに乗るのは凍傷で手を切り落としたい願望でもない限りやめましょう。

寒いと体がこわばって運転技術も低下するので極力暖まるように防寒グローブは必須です。

ちなみに夏は夏用の涼しいグローブがあるのでそっちをおすすめします。私は冬用とそれ以外の季節用に分けているので夏用のグローブは持ってません。

グリップ力アップ

バイクグローブは一般的に革手袋です。革なのでグリップ力、ホールド力が上がります。例えばバイクのスロットルを開ける時、しっかり滑り止めされるので素手よりも弱い力でスロットルを回すことが出来ます。

疲労軽減にもおすすめです。

かっこいい

主観ですがバイクグローブつけてるのってかっこいい。バイクに限らず革手袋ってかっこ良くないですか。だってなんか昔のスターみたいやん。

かっこいいおすすめのバイクグローブ

そんな私がおすすめするかっこいいバイクグローブを数点紹介したいと思います。

DEGNER(デグナー) 山羊革 ゴートレザー ツーリンググローブ

デグナーは京都のバイク用革製品のメーカーです。こちらはシンプルなデザインでクセがないのがかっこいいですね。バイクのスタイルや服装を選ばずどんな格好、バイクにも合いそうです。

スマホに対応しているのでグローブを付けたままスマホが触れます。

DEGNER(デグナー) 山羊革 ゴートレザー ウィンターグローブ

こちらもデグナーのバイクグローブ。こちらは冬用の防寒グローブです。伝統的な手袋の形状でこちらもシンプルでかっこいいですね。

コミネ(Komine) ヴィンテージショートレザーグローブ

コミネのヴィンテージグローブです。ヴィンテージ感たっぷりで超かっこいいです。パンチングレザーなので夏用ですね。

プロテクション付きの物よりは安全性のが低いですがしなやかで薄手なので操作性は抜群ですね。

コミネ(Komine) バイクグローブ ビンテージレザーグローブ

こっちはショートタイプじゃない方のビンテージグローブです。こちらもかっこいいですね。ヒダヒダが古臭くてイカしてます。

拳部分にはウレタンフォームが備わっていて転倒時に守ってくれそうです。

デイトナゴートスキングローブ プロテクションタイプ

シンプルなデザインでアメリカンバイクにも似合いそうなかっこよさです。値段もリーズナブルでおすすめ。

プロテクター付きでいかにも気合い入ってて恥ずかしいと思う方もいるかもしれませんが、プロテクター部分にも革が貼ってあり、装着するとナックルガードがあまり目立たないのでおすすめです。

デイトナゴートスキングローブは私が愛用してて以前このブログでも紹介したので気になる方はその記事もどうぞ。

【デイトナゴートスキングローブ】でコンクリ殴ってみた|インプレ評価

最後に

いかがだったでしょうか。気に入ったバイクグローブは見つけました?ここで紹介したのは本当にごく一部です。

ライダースブランドではなく手袋メーカーで選ぶのもありかもしれませんが、やはりバイクのことをよく知ったところのバイクグローブを選ぶのがおすすめです。

バイク用品買うならバイクブロス が穴場(?)、意外といいです。ではまた。