でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

日本語HipHop(ヒップホップ)も月960円で聴き放題のAWAってどう?

日本語HipHop(ヒップホップ)も月960円で聴き放題のAWAってどう?

ヒップホップ専門ラジオWREP聴いてますか?以前記事で紹介しましたが私は聴くのやめました。そのときの記事でも書いたデメリットが全く改善される余地がないので。やっぱりラジオ放送してるラジオ局は偉大だなと改めて実感しました。

そこで音楽配信サービスってどうなのよ、と思いまして。最近「Spotify」や「Apple Music」「Google Play Music」なんかの環境が整ってきていて人気なようですが、いかんせん日本語ラップや日本語HipHop(ヒップホップ)なんていうインディーズでマイナーなジャンルとなると「どうせ、○○も○○もないやろ」って思っちゃう訳ですよ。
その時、脳裏にANARCHYのあのCMが流れ込んできました。

そうです、あれですよ。「AWA」です。今や日本を代表するラッパーの一人であるアナーキーを大々的に起用して超かっこいいCMを作ってくれたAWAならきっと日本語ラップのたくさん網羅してるはず!そう思って早速登録してみました。

 

無料プランと有料プラン

調べてみるとAWAには無料プランである「Freeプラン」と有料プランである「スタンダードプラン」がありまして、違いは3つあります。無料プランは下記のことができません。

  1. フル尺再生
  2. オフライン再生
  3. 再生時間制限なし

1番のフル尺再生できないということは丸々一曲は聴けないってことですね。これが一番の大打撃。ヒップホップの魅力はフック以上にバース部分。フックだけピックアップして再生されるのは結構痛手です。2番のオフライン再生は電波のないところでの再生ができないって意味ですので大したデメリットじゃないですね。電波のないところってそんなにないですし。地下鉄ですら電波あるんですから。3番目は月間20時間までしか再生できないというもの。30日で計算すると毎日聴いて1時間半が限界ってところですね。1曲90秒までしか聴けないので1日60曲のハイライト再生が可能ということになります

ただ有料のスタンダードプランは2ヶ月無料で使えるトライアル期間があるので、はじめはスタンダードプランで試して、気に入らなければ止めたりFreeプランに変更したりできるので、まずはスタンダードプランを無料で登録することをおすすめします。

日本語ラップ、ヒップホップ

正直、若干舐めてたんですが日本語ヒップホップ結構あります。Anarchyはこれ多分全アルバムじゃない?AWAはavexとAbemaTVのサイバーエージェントが出資して誕生した音楽配信サービスなのでavex所属のアナーキーやAbemaTVでお馴染みの9sari GROUPなんかは特に豊富なんじゃないかと。AKLOやSALU、ZEEBRA、オジロなどのメジャー級ヒップホップは当たり前にあります。
紹介したい楽曲がかなりあるので別記事にまとめます。

感想

ぶっちゃけ良いです。思っていた以上にたくさんの日本語ヒップホップがありますし、意外と音源持ってなかったりする楽曲も多数あります。今はスタンダードプランの無料期間を利用していますが今後も月960円払って登録する価値があると思います。気になる点はどのくらいのペースで曲が追加されていくのかってことですね。たくさんの楽曲があるとはいえ新しい曲が追加されなければFreeプランに格下げした方がいいかもしれませんしね。
いずれにしても無料でしっかり2ヶ月楽しめるというところがいいですね。動画配信サービスは2週間とか1ヶ月が一般的なのを考えるとなかなか太っ腹な長さだと思います。

ちなみにアカウント登録の際にはクレジットカードの登録も不要です。動画配信サービスは無料期間でもクレカを登録しないといけないものもあってハードルが高いというか、面倒くさい印象がありましたが、アカウント登録してFreeプランを利用するだけならメールアドレスだけあればOKなのでめっちゃ楽です。

終わり

以上が「日本語HipHop(ヒップホップ)も月960円で聴き放題のAWAってどう?」になります。私としてはめっちゃ良いです。それでも心配な方はFreeプランだけ登録してどんなヒップホップの曲があるのか覗いてみてから無料トライアルのスタンダードプランをはじめても良いと思います。期間中に解約すればタダで聴き放題できるってことになりますしね。正直私的には登録しない選択肢はないわ

AWA - 音楽ストリーミングサービス|初めての方は3か月無料で聴き放題