でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

感想|ドクターストレンジ『この映画もカンバーバッチも良さわからない』

マーベル映画『全19作品』の感想と解説|10年間ありがとう!

(C)2016 Marvel. All Rights Reserved.

マーベルシネマティックユニバースの映画全部の感想記事をかこうと小さな野望を抱えています。どうもでょおです。
さて今回はマーベルシネマティックユニバースの映画「ドクター・ストレンジ」の感想記事になります。アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの5つ前の作品になります。ただ個人的な印象としては観ている人が比較的少ないんじゃないかなと思います。このブログのリンクからドクター・ストレンジをレンタルしてくれてる人もいたみたいですし。ちょうどアベンジャーズ/インフィニティ・ウォーにも登場していて、さらに結構出番があったので誰コイツと思っていた人も少なくないはず。
さてそんなドクター・ストレンジの感想ですが個人的には全然良さがわかりませんでした。公開から時間が経っているのでネタバレありの感想記事になります。

 

ドクター・ストレンジのあらすじ

突然の事故で神の手を失った天才外科医ドクター・ストレンジ。彼を甦らせたのは──魔術。厳しい修行により魔術を習得した彼は、世界を滅亡から救うため“闇の魔術”との戦いに巻き込まれていく。だが、医者である彼に、敵の命を奪うことはできるのか?大いなる葛藤を抱えたまま、いまドクター・ストレンジの本当の戦いが始まる!

出典:作品情報|ドクター・ストレンジ|映画/ブルーレイ・デジタル配信|マーベル

と、まあよくあるパターンのオリジンストーリーです。事故により手の感覚を失った天才外科医が自分自身の手を治そうとして魔術師に弟子入り。
結局世界の滅亡を阻止するためヒーローに転身というパターンです。

ドクター・ストレンジのキャスト

ドクター・ストレンジに抜擢されたのはイギリス人俳優として人気のベネディクト・カンバーバッチです。出演作としてはJJトレック版のカーン役や『キャプテン・アメリカ/シビルウォー』に登場したエヴェレット・ロスのマーティン・フリーマンとコンビを組んでる『シャーロック』などがあります。
女性人気の高いベネディクト・カンバーバッチですがぶっちゃけ私には良さが全くわかりません。どこがかっこいいんでしょうか。かなりクセのある顔立ちだと思うんですが。カンバーバッチの魅力がわからないのでイマイチ映画にのめり込むことができませんでした。

ヴィランのカエシリウスにはデンマークの秘宝マッツ・ミケルセン。カジノロワイヤルのル・シッフルや若き日のハンニバル・レクターはもちろん、『ローグ・ワン/スター・ウォーズストーリー』に出演するなど何でもやってる印象がありますね。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー最速公開!速攻レビュー

ドクター・ストレンジを鍛える師匠のエンシェント・ワンには名優ティルダ・スウィントン。マッツ・ミケルセンと同じく幅広い役を演じる俳優として有名です。このブログでも紹介した映画『オクジャ』では一人二役を演じました。

【感想】オクジャ/okja『20代男子だがクッソ泣いた』ネタバレあり評価(Netflix)

その他、ドクター・ストレンジの仲間モルドにはオスカー男優のキエテル・イジョフォー。ストレンジの相手役にはレイチェル・マクアダムスなどがキャスティングされています。

ドクター・ストレンジ感想

なんていうか色々とバランスが悪い感じがするんですよね。ストーリーのテンポの良さと内容の深さとか。話がトントン拍子で進みすぎて行くけど、ドクター・ストレンジの成長がしっかり描かれていないというか。
面白くない訳でも、駄作な訳でもないんですがこれまでのマーベルシネマティックユニバース映画を思うとチープな感じがするんですよね。これまでのマーベル映画では科学、テクノロジーがメインだったのに対してドクター・ストレンジは魔術で戦うという新しいキャラクターです。それなのに新鮮さがどうも感じられません。時空が曲がるシーンが多用されていましたがこの衝撃は5年以上前に公開した『インセプション』で散々味わったものです。
魔術がたくさんあって色々なことができるのはわかるんですが戦い方は基本的に手に魔方陣を出現させて接近戦。時空を開いて別次元へ置き去り。戦い方にもう少し新鮮さと見せ場が欲しかったと思います。

シリアスな場面とユーモアがうまくマッチしていなくて違和感があるし。なぜかマントに懐かれたり、特別だとはいえポンコツが急成長し過ぎなところも気になります。

好きなところはアガモットの目ことタイムストーンを使って、持久戦に持ち込みドルマムゥに根負けさせたところでしょうか。普通の勝利ではなくドクター・ストレンジらしい頭脳を使った勝利だったと思います。

終わり

以上がドクター・ストレンジの感想記事になります。アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーで結構幅を利かせていたドクター・スティーヴン・ストレンジですがマーベルシネマティックユニバースではまだまだ新人。
エンドロールではストレンジの仲間だったモルドと決別し、次回はヴィランとして登場しそうな予感がします。今後の続編が気になりますね。