でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【アメリカンバイク】冬のファッションはこのアウターさえあれば完璧

この記事を読めば

  • アメリカンバイクの冬用ファッション

について分かります。

 

どうもでょお(@dyoblog)です。

寒いけど皆さんバイク乗ってる?悲しいことに私は全然乗ってないです。暑いと乗らないし、寒いと乗らないしw

とはいえ先日コンビニにたむろしているバイカーさんたちを見ると、

バイク乗りてぇぇぇ

となったので、暖かい格好して何とか乗ろうかなと思っています。

 

と言うわけで今日は「アメリカンバイクのファッション:冬編」です。バイクファッションの記事が割と好評なので、今回も引き続きお届けしやす。

 

 

バイク乗りの冬用ファッションは防寒とトレードオフ

クッソ寒い真冬にアメリカンバイクを乗るとき、服装に気を付ける必要があると言えばやっぱり「防寒」ですよね。

バイクはただでさえ「安全」と言う部分に意識して服装を決める必要があるのに、冬は「防寒」も考える必要があります。

 

結論から言うと防寒性能とファッションはほとんどトレードオフです。

暖かい格好をすればするほどダサくなるって感じですね。寒すぎてニーグリップすらできないのでそもそも冬はバイクに乗らないってスタンスの人も多いかと。

なので出来るだけ防寒は出来るもののファッション性は落ちると思ってもらえると良いかと思います。

 

アメリカンバイクのライダースジャケット(革ジャン)は防寒性低い

アメリカンバイクの定番といえばライダースジャケット、通称革ジャンですよね。ハイコレ。

 


ターミネーター [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

デデンデンデデンッ

 

ターミネーターっぽいヤツよね。ライダースジャケットって暖かい部屋で着るとめっちゃ暖かいのに、寒いところで着るとめっちゃ寒いんですよ。実は防寒性低いんです。

  • 耐久性が高く転んだ時ケガをしにくい
  • 走行中に風を通しにくい

この二つが特徴でバイク乗りに愛用されています。ところが革を使ってるので冷えやすいんですよね。ライダースジャケットそのものがひんやりするんです。

なので防寒としては不向き。さらに言うとファッションでよく使われる羊革より、バイク用の牛革の方が寒い。

 

アメリカンバイクに乗るときのおしゃれな冬ファッション

上記を踏まえたうえで一番おすすめの冬ファッションをご紹介していこうかと思います。

B-3ジャケットorB-6ジャケット

www.instagram.com

いわゆるフライトジャケットの1つです。シープスキンのムートンを使用しているので防寒性は完璧。なおかつMA-1ジャケットのように首元が開いておらず首まで防寒できるので真冬にピッタリです。

そのうえこれだけカッコいいんですから文句なしにおすすめです。

B-3とB-6の違いは首元のベルトや防寒性能などが異なります。より防寒性が高いのはB-3ですが、似せて作ったファッションアイテムだとこの辺りは物によってテキトーなので割愛。

 

ムートンの問題は耐久性ですね。革ジャンと違い水や経年劣化に弱いです。ウチにも年代物のムートンがあったんですが、メンテナンスされてなかったので水で濡れただけで破けました。マジでボッロボロよ。

ボア付きデニムジャケット

www.instagram.com

いわゆるボアジージャンです。

正直なことを言うと先ほど紹介したB-3に敵う、おすすめの服装はないです。カッコよくてなおかつ暖かい。B3は無敵です。

あえて次点を挙げるとするのであればデニムジャケット。

ボアがあるので温かく、デニムなので多少の耐久性があるという点でおすすめです。私も若い頃はボアのジージャンでバイク乗ってたこともありますね。

あんまり温かくないけど、おしゃれな細身のやつじゃなくてゴツめのヴィンテージだったので着ぶくれが目立たたずガッツリ着込んでました。

ダサくなりがちなファッションアイテムですが、一方で簡単に着こなせるアイテムだったりします。

ライダースジャケット

www.instagram.com

さっきめっちゃ否定してたんだけど、やっぱり安全性も確保したいなら革ジャン着るしかなかったりするんだよね。

ぶっちゃけ寒いよ。暖かさは全然足りないよ。

でも安全性を考えるならやっぱり革ジャンよ。インナーで頑張る、そして「やっぱり寒い」と思って帰宅する。

もうこのローテーション定番ですw

 

ちなみに私は666のちょっと高めのライダースとリューグーレザーの格安革ジャンを普段から使い分けて着ています。

【レビュー】666のライダースジャケット 97,200円のウールシープレザー

リューグーレザーはAmazonにはなくて楽天しかないっぽい。

リューグーレザー - 楽天市場

 

コートはあまりおすすめしない

コートって太ももまで隠れて温かいよね。別にコートでバイク乗るのがダメなワケじゃないんですが、アメリカンバイクの場合はライポジ上どうしてもめくれあがっちゃうんですよ。

なのであんまり温かくないというか。前傾姿勢気味だとまくれ上がらないんだろうけど。

あとなにより動きづらい。コートをお尻でひいてシートに座ると運転しづらいしね。アメリカンバイクだと服装の選択によってはマフラーとくっついたりしそうだし危険。

 

防寒対策はインナーで

もうこれしかないね。

あんまりモコモコに着込み過ぎるとそもそも運転しづらく危ないので、インナーで調節するしかないです。

ぶっちゃけ全身すべて寒いんですが、昔から「首」を温めるといいなんていうので手首足首はレッグウォーマーなんかで温めると良いです。

あとライダースブーツは基本的には革なので、足元もよく冷えます。あったかい靴下や足用カイロを併用するといいです。

このあたりを調節するだけで体感温度が変わるのでおすすめです。特に靴下は経験上、一番効果があります。

逆にグローブはなに使っても寒いのに変わりない。

 

フルフェイスヘルメット最強

冬にバイクに乗るためだけにヘルメットまで交換するのはちょっとなーって人もいると思うので、あくまで可能であればですがフルフェイスのヘルメットが最強です。

さすがにハーフヘルメット被ってるような愚か者はいないと思いますが、ジェットヘルメット+シールドよりもフルフェイスの方が温かいです。

ジェットヘルメットとフルフェイスだと隙間風の量が全く違います。ジェットはシールド付けてても顎周りは寒いよね。

ヴィンテージ系のヘルメットはアメリカンバイクにも良く似合うのでおすすめです。夏冬限らずファッションで愛用している人も多いです。

最後に

いかがだったでしょうか。

個人的にはわざわざ寒い時期にバイク乗らなくてもいいじゃんってのが本音です。屋根付き、AC付きの車にはかないません。

とはいえ普段の足としてバイクを使っている人もいるので、そう無理はできませんよね。

冬場のバイクは本当におっくうになるので風邪ひかないようにしっかり防寒して、そのうえでファッションをお楽しみください。

ではまた。

 

 

【バイクの服装】うわっ…お前のファッション、ダサすぎ。おしゃれな服装
大人っぽいバイクファッションは【長瀬智也】をお手本にしろ|脱ダサコーデ

カテゴリ一覧
新着エントリー