でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作!

どうもでょおです。ハーレーをはじめとするアメリカンバイクやチョッパーではスイッチを移設するのが定番のカスタムですよね。

私もスイッチを自作で移設しております。

セルスイッチはこんな感じ。

適当に作った割にはそれっぽく、気合入ってる感じがカッコいいです。ですがヘッドライトのハイローを切り替えるディマスイッチがかなり適当です。

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作

これよりさらに適当なのがサイドに取り付けているスピードメーターステー兼インジケーターです。

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作

すげーダサいです。ストックしていたものを適当に穴開けて作ったので。

そこで今日はこの部分をちょっとブラッシュアップしようかと。メーター移設、インジケーター移設、ディマスイッチ移設を行います。

 

メーター、インジケーター、ディマスイッチ移設は車検に通るのか

そもそも私250ccなので車検なんて気にする必要ありませんが。車検に通らないようなカスタムは違法改造になってしまいます。

違法改造だということは法律に違反するわけで、保険が降りなかったりする可能性もあります。なので念のため、メーター、インジケーター、スイッチの移設が車検に通るのかチェックしていきましょう。

まずはスピードメーター。

こちらは保安部品。基本的に必ず取り付けておかないといけません。走行中に視認できる部分に取り付ける必要があるとのこと。

ソース元:速度計 - Wikipedia

続いてインジケーター。

こちらは保安基準に含まれていません。つまり大げさな話、なくても問題ないってことになるんでしょうか。まあ確かにあると便利だけどなくても何も問題なく走行できますし、危険性もなさそうなので納得ですが。

続いてはディマスイッチ。

ヘッドライトのハイ・ローを切り替えるためのスイッチですが、こちらも移設して構わないようです。ただしハイ・ローがわかるように表記されていることが絶対条件として必要だとのこと。

ソース元:バイクのインジケーターランプの有無は車検に影響するのか? | バイクライフをより楽しくさせる! グーバイクマガジン

とのことです。私はあくまで素人ですので間違ってても知りません。自己責任でオナシャス。

 

用意するもの

まずはこちら。コーナンで売ってるステーです。

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作

長穴になってて、穴の周りに小さな穴がついてるのがダセェですよね。

このステー大嫌いなんだけど、家にストックがあったので利用します。ご存知の方もいるかとも知れませんが私はこのバイクにお金をかけないようにカスタムしています。

続いてはアルミ板。

なくても構わないのですが、今回はアルミ板をコーナンステーの上に貼り付けてダサい部分を目隠ししようという魂胆です。

そしてドリルビット。

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作

通称タケノコ。普通のドリルの方がいいんですが貧乏性なので1台二役的に使えるから使ってます。

後は人によっては移設用のメーター、インジケーター、スイッチなどが必要ですね。

まとめると、

  • ステー
  • アルミ板
  • ドリル

今回用意したのはこれだけ。

 

メーターステー兼インジケーターランプを自作する

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作

まずはステーに開ける穴位置を決定します。バイクにステーを取り付けてあてがってみましょう。

 

と、早速トラブル発生。スイッチがボロボロ崩れてしまいました。ストックがあるのでそっちを使います。

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作

 

取り付け位置はこんな感じに決めました。

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作

センターに線を引いておくことでぴったりの位置が割り出せます。位置を決定したらドリルで穴あけ。下にいらない角材とか引いておくといい感じに穴あけすることが出来ますよ。

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作

あれだけ測ってポンチも使ったのにズレてる。やっぱりタケノコ使っちゃダメですね。

穴あけが済んだらアルミ板を切り出して目隠しを作ります。アルミ板の切り出しは下記の記事で紹介してるので参考にしてください。あとアルミ板の角っこはサンダーなどのやすりで削り落としましょう。

【DIY】アルミ板加工!超簡単にカットする方法と超キレイに曲げる方法

切り出したアルミに先ほどのステーと同じ位置に穴を開けます。

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作

うん、十分。バリも残ってるし、やっぱり自作した感は否めませんがいいでしょう。これにスイッチを取り付けるとこんな感じ。

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作

ストックしていたスイッチが赤色だったのがダサいですが。色塗ろうか悩んでます。剥げそうだよなー。

フィッティングを確認して問題なければOKです。今回はステーに塗装します。ここが黒色の方が締まる気がするので。あと穴を開けてるので塗装なり何らかのコーティングをしていないとサビが発生してしまいます。

塗装に関しては下記記事で紹介しています。今回は適当なのでここまでしっかりとした塗装してないですが。

自分でバイクをスプレー缶塗装!絶対に失敗しない6つの方法

取り付けと配線処理

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作!

塗装が終わったらあとは取り付けるだけ。スイッチやインジケーターを自作で移設する場合は配線の取り回しも変更する必要があるのですが、今回はすでに移設済みのものを移設したので配線処理は特にありませんでした。

綺麗にまとめて終了。

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作!

【バイク】 スイッチ メーター インジケーター移設をイイ感じに自作!

私は配線処理が好きなので下記記事で配線をスッキリさせるコツとか紹介しています。

バイク【配線】ハーネスをあり得ないほどスッキリさせる5つのコツ

 

最後に

いかがでしょうか。とても簡単な作業でしたね。本当なら純正のスピードメーターも交換したいんですけどね。デカすぎるし、トリップメーター用のダイヤル吹っ飛んでなくなってるし。

前回作ったものより綺麗ですし、大分マシになったのでこれでOKとしましょう。

次はハンドルとグリップ交換、ハンドルにミニスイッチ取り付けをやりたいんですが、ミニスイッチがまだ届かない。どうなってんだよコレ。

 

エリミネーター250SEオーナーのでょおはインスタとピンタレストを始めました。興味のある方は是非フォローしてください。使い方よくわかってないけどメッセージとかで直接お話もできるみたいです。