でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

ANARCHY(アナーキー)が昔と変わった理由|ファンなら喜ぶべき理由

どうもでょおです。今回はヒップホップネタの記事を書きたいと思います。今や日本ヒップホップ界を代表するラッパーの一人になったANARCHY(アナーキー)。

彼を語る上でかかせないことが「昔から変わった」ということ。これを良しとするかどうかは別ですが変わったのは紛れもない事実です。今回はこれについて語りたいと思います。

 

ANARCHY(アナーキー)はどう変わったのか

まず事実としてANARCHY(アナーキー)がどのように変わったのかについて説明したいと思います。

アナーキーが日本のゲットー向島の出身なのは言うまでもありません。アナーキーは1stアルバム「Rob the world」の楽曲は全曲ゲットーがテーマの歌でした。2ndの「Dream and Drama」や次の「Diggin' ANARCHY」でも曲の多くがゲットーの曲でした。

アナーキーは常にゲットーから抜け出し売れることを一心不乱に歌っていました。

変わった理由

そんなアナーキーがメジャーデビューしました。avexにヒップホップのレーベルを新設し、そこのラッパーとしてデビューしました。

これまで成功することを夢見て歌ってきたアナーキーが成功したのです。これでは売れることを夢見る曲は書けません。

変わったところ

アナーキーのメジャーデビューアルバムのリード曲となったのが「Right Here」です。この曲でアナーキーが変わったことが大々的に歌われています。この曲でアナーキーは「もう夢は叶ってる」という内容を歌っている箇所があります。

これ以降アナーキーはゲットーから抜け出す曲は減り、「今を楽しんでる」という内容が増えました。これまでなら「楽しんでいる曲」はほとんどありませんでした。

変わることは悪ではない

ANARCHYが変わったと言うと否定的な意見に聞こえますが、曲の内容が変わることは悪いことではありません。1stアルバム「Rob the world」ではゲットーをテーマにした曲ばかりで、人気を博しましたが長年続けることで飽きを感じる人も実際にはいたと思います。

「Diggin' ANARCHY」では"アナーキーをディグする"というテーマでアナーキーの新しい側面を掘り下げることに挑戦もしました。

昔からのファンはむしろ喜ぶべき

私は長年ずっとANARCHYのファンでした。初めて聴いた時は高校生で1stアルバムの「Ro the world」が出た頃でした。私は京都の出身で高校生の私にとってアナーキーは本当にゲットースーパースターでした。例えるなら当時の私はまさに2ndアルバム「Dream and Drama」の「Composition Of Pain」に登場するキッズそのものでした。

ANARCHY程ではありませんでしたが私もそれなりに複雑な家庭で、イジメも受けていたのでANARCHYの曲に共感できる部分もとても多く、毎日一日中聞いて元気をもらっていました。

それと同時にANARCHYがどれほど成功に憧れを抱いているのかということを強く感じました。ただの一ファンでしたが彼が今以上に売れ、人気になりより多くの人の支えになってくれることを願っていました。

その後も「Right Here」がYoutubeで公開され初めて聴いた時、私は本当に泣きました。あのANARCHYが「もう夢は叶ってる」といったことが嬉しくてたまらなかったからです。

ANARCHYの昔からのファンなら私のように変わってしまったことに喜びを感じるべきだと思います。

アナーキーファンじゃなくなった私

アナーキーのファンなら喜ぶべきだといいました。ですが私はANARCHYが変わってしまってから聴くことを辞めました。はっきり言っておきますが嫌いになったわけでも何でもありません。

ANARCHYの歌う内容が変わり、もう今までのようにANARCHYの楽曲によって元気づけられることがなくなったからです。曲の内容が変わったことだけが原因ではなく私自身の環境が大きく変わったことも原因の一つです。

「昔のANARCHYに戻ってくれ」

なんて話を聞きますが、私からすると「何があっても戻らないでくれ」と言いたいです。昔のANARCHYのように元気づけられる曲が聴きたい日もありますがANARCHYはこれからも最前線で活躍し続けて、キッズたちの夢でい続けてほしいのです。

最後に

大人になって環境を変えることに成功した私に、もうANARCHYの曲は必要なくなりました。

ですが当時の私にANARCHYの曲がなかった場合、ANARCHYの曲に出会えなかった場合、私はこの場にいなかったでしょう。首をくくっていたとしても不思議ではありません。それくらい私の支えになっていました。

もうANARCHYの曲を聴くことはないかもしれませんが、今後もずっと活躍していってほしいと心から願ってます。ANARCHYには感謝してもしきれないです。

世界最大規模の音楽ストリーミング配信サービス【AWA】