でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

ネタバレ感想【ワウンズ:呪われたメッセージ】ただゴキブリが怖いだけ 

『ワウンズ:呪われたメッセージ』のポスター

出典:ワウンズ: 呪われたメッセージ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

どうもでょおです。

さてさて今月はハロウィンですね。コスプレ大国日本ではただのコスプレ大会でしかないですけど。ジャレッド・レト版のひっでぇジョーカーが公開された年はジョーカーコスプレ流行ってたので今年はホアキン版のジョーカーコスプレが流行るんでしょうか。海外だったら警察呼ばれる事案になりそうだけど。

ワナビーじゃない私にとってコスプレなんて全く興味ないので、今日も映画の感想を書きます。ハロウィンらしくこちら。

Netflixオリジナル映画『ワウンズ: 呪われたメッセージ』

 

正確に言うとNetflixは米国以外の配給を担当しているだけなのですが一応オリジナル映画ということになっています。

このブログの読者さんなら知ってるかもしれませんが、私ってそもそもホラー映画苦手なんですよね。古いのとか有名どころは結構見てるんですが、「ホラー映画好き」ではなくあくまで「映画好きとしてのポジション」で見てる。

本作『ワウンズ: 呪われたメッセージ』にはアーミー・ハマーほか、今をときめく人気キャストが揃ってたので見ることにしました。

感想を一言で言うとこれはヒドい。正直、感想書くのもやめようかと思ったんですが、ヒドすぎて逆にたくさん語れるわと思ったので書きます。

それではどうぞ。

この記事にはNetflixオリジナル映画『ワウンズ: 呪われたメッセージ』のネタバレが含まれています。未視聴の方はご注意ください。

 

Netflixオリジナル映画『ワウンズ: 呪われたメッセージ』のあらすじ

酔っ払いのケンカの後、床に落ちていた携帯電話を見つけたニューオーリンズのバーテン。不気味なメッセージの着信が、忍び寄る狂気の幕開けを告げる。

出典:ワウンズ: 呪われたメッセージ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

 

主人公のウィルはバーテンダーで、ある日バーで酔っ払いがケンカをおっぱじめまして、その様子を撮影する悪質なガキンチョたちがスマホを忘れていきます。

そのスマホにはおぞましい写真が入っていて、気味悪いメールが次々に送られてきて事件に巻き込まれていくというストーリー。

 

Netflixオリジナル映画『ワウンズ: 呪われたメッセージ』のキャスト・登場人物

ウィル(アーミー・ハマー)

主人公のバーテンダー。キャリーという彼女と同棲中だけど、女友達のアリシアに気がある。スマホ拾っただけなのにとんでもないことに巻き込まれていきます。

ウィルを演じるのはアーミー・ハマー。『ローン・レンジャー』や『君の名前で僕を呼んで』で知られている俳優ですね。クセが全くない超絶イケメンです。

バットマン役としてベンアフの後任になるかと期待されてただけに残念ですね。(ちな新バットマンはロバート・パティンソン) たしか私生活も超お坊ちゃま育ちなんだよね?本作『ワウンズ: 呪われたメッセージ』では柄にもなく?普通の若者。

キャリー(ダコタ・ジョンソン)

ウィルと同棲中の恋人。ウィルと上手くいってない訳じゃないんだけど愛がない仮面夫婦ならぬ仮面カップル的なやつ。 

キャリー役にはダコタ・ジョンソン。『フィフティ・シェイズ』シリーズで有名な女優さんですが、リメイク版『サスペリア』などホラー向きな女優かもしれませんね。

アリシア(ザジー・ビーツ)

ウィルの女友達。ちゃんと彼氏がいるんだけどウィルとの方が古くから知ってる。

最近、人気上昇中なザジー・ビーツがアリシア役を演じます。『デッドプール2』やホアキン版『ジョーカー』への出演など話題作に立て続けに出演していますね。同年代の黒人女性ならゾーイ・クラヴィッツの方が好き。

 

Netflixオリジナル映画『ワウンズ: 呪われたメッセージ』の感想

とにかくゴキブリ

この映画はたしかに怖いんだけど「怖い」のベクトルが斜め上。生活で出くわす恐怖です。

はい、ゴキブリです。

Gって言わないといけない風潮がありますが、尊敬するブロガーさんのお名前とだだ被りして申し訳なく思っちゃうので、その呼び名はやめときます。

とにかくこの映画『ワウンズ: 呪われたメッセージ』は冒頭からずーっとゴキブリが出ずっぱりなんですよ。

恐怖体験の恐怖部分にゴキブリを使いまくってます。とにかく出しときゃいいと思ってそうなぐらい出てきます。私も人並みにゴキブリは嫌いですが見慣れて感覚マヒして何とも思わないぐらい出てきます。ゴキブリ映画といえば私の中では『メン・イン・ブラック』なんですがあれよりももっとたくさん出てきます。

 

考察するに多分あの一連の恐怖体験の多くって幻覚だと思うんですよ。運転中にスマホからゾワゾワ出てきたり、送られてきた写真に写ってた人がいなくなったり。

そもそもウィルが呪われる(っていう表現でいい?)前からゴキブリがバーに度々出没していたので、それが幻覚になって増殖して現れたのかなと。だから追い込まれていくにつれて出てくるゴキブリの数も増えたのかなと思いました。いや本当のこと分からないんだけどさ。

そもそも内容がよくわからん

いや本当に意味不明だったんだけど、私だけ?

順を追って考察していくと、まずあのガキンチョたちがオカルト本を読んで儀式を行う。スマホを拾ったウィルが被害者に選ばれて幻覚を見たりするようになる。ウィルでもなくアリシアでもなくキャリーがイカれる。ウィルが怒りっぽくなって酔っ払いの被害者エリックの傷の穴になにかする、それでエンディング。

いやいや意味わからん。

そもそもあのガキンチョたちの儀式はどこからどこまでなんですかね。エリックの顔が切られたのも多分この儀式が原因なんだと思うんだけど、じゃあなんでウィルが呪われるの?本当にたまたまスマホ拾ったからってだけ?儀式は最後どうなって終わるものなの?

スマホの中にあった生首の写真は結局なに?ただの悪趣味なだけ?あと動いてたのはなんでなの?

「エリックも写真みたいになっちゃうよ」みたいなこと言ってたけど全然違うくない?

キャリーが意味深なこと言ったり湯船に漬かった瞬間お湯が茶色くなったり色々伏線っぽいのがあったのに何一つ理解できなかったです。あの穴の映像みたいなのも本当に一つもわからん。

はてなマークだらけで終わった映画でした。

そもそも設定が納得いかない

スマホ拾ったことで恐怖体験に巻き込まれるって設定は現代的でとてもいいと思うんですよ。でもスマホと恐怖体験がどうも結びついてない気がします。

スマホ拾ったらおぞましい画像が入ってたとか脅迫めいたメールがくるとかは良いんだけど途中から「スマホ拾った設定」がなくても成立するよね。というか早々にスマホ捨てちゃってるし。拾ったスマホではなくなぜか自分個人のスマホに変な電話やメールが来るし、これって拾った設定いらんやん。

あとガキンチョの目的が呪わせることなら画面ロックかけないよね普通。画面の汚れでロック解除するのも無理があると思うんだけど。ロック解除してからスマホ一切触らないなんてある?

そもそも最近は顔認証が増えてるし、それ以前は指紋認証でそれよりもさらに前がパターンロックとかだと思うんだけど。

 

もうひとつよくわからんのがアリシアの必要性です。ウィルはキャリーを愛してたと思いますが、気持ちは明らかにアリシアの方へ向いていたはずなのでアリシアが狂うのかと思ったんですよね。でも彼女って結局なんの被害にも合わなかったようですし、正直必要性がそれほど感じられませんでした。あくまで私には、ですが

 

結局怖いシーンはなかったよね

ホラー映画ってドキドキするシーンがあったり、ビクンとなるシーンがあるのが普通だと思うし、それこそが醍醐味なんだと思うんですよ。怖いもの見たさって言葉もあるぐらいですし。

でも思い起こしてみてもそんな怖いシーンなかったですよね。

終始ゴキブリがうろついて、おぞましい画像や妄想があるぐらいで怖いって感じのシーンは一つもなかったと思います。怖いというかグロい。ただただゴア描写。

なのでドキドキした緊張感がなくて(特に後半)、怖いもの見たさで見たものの怖いもの見れなかった感じで終わってしまいました。最後ゴキで画面隠しちゃったので何が起こってるのかよくわからんし。喰ってる? 

 

最後に

いかがだったでしょうか。やっぱりホラー映画はホラー映画好きな人が見ないといけないんだろうなと思いました。元々好きじゃない私にとっては何も得られない1時間半でしたね。

映画の感想って普段割と甘く書いてるんですが、正直甘く書ける部分すらなかった感じです。見る人によるんだろうけど。 

このブログでは他にもNetflixオリジナル映画やドラマの感想をたくさん書いているのでもし興味のある方は合わせてご覧ください。またこれからもたくさん書いていく予定なので読者登録はお気軽に。

【まとめ】Netflixオリジナルドラマの感想評価31本
【まとめ】Netflixオリジナル映画の感想評価41本
まだFire TV StickなしでNetflix観てるの?それって損してない?