でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【デアデビル】シーズン3 ネタバレ感想と考察『Netflixドラマ』

【デアデビル】シーズン3 ネタバレ感想と考察『Netflixドラマ』

出典:Marvel デアデビル | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

どうもでょおです。

さて始まりましたね。Netflixオリジナルマーベルドラマシリーズの『デアデビル シーズン3』。いやー待ってましたよホントに。

あいだにディフェンダーズがあったとはいえデアデビルは約2年ぶり。かなり待望の新シーズンです。デアデビルシーズン3の配信が開始されたので早速見始めましたよ。

約2年間で鋭気を養ったのか第一話から期待値MAXではじまりました。

もちろん今回の記事はネタバレありの記事になりますのでまだ未視聴の方は下記の復習記事からどうぞ。

【デアデビルシーズン3】たった5分で復習 観る前に予習しようぜ
Netflix(ネットフリックス)マーベルドラマ11作の完全時系列とあらすじ 

 

デアデビルシーズン3について

Netflixマーベルオリジナルドラマはデアデビルから始まりました。全ての作品数を合わせると本作で11本目のNetflixマーベルです。

すべてがすべて順調というわけではありませんがNetflixマーベルは高い評価を得ています。

シーズン1ではデアデビルのオリジンが描かれ、ニューヨークの裏社会を牛耳るキングピンとの戦いが描かれました。

シーズン2ではかつての恋人エレクトラと共に忍者集団ヤミノテ(ザ・ハンド)と戦い、その反面で新しいヒーローパニッシャーのオリジンを描きました。

『ザ・ディフェンダーズ』のミッドランドサークルでの戦いでザ・ハンドとの戦いはひとまず一区切りつきましたし、予告編ではキングピンが出所することが明らかになっているので、シーズン3でのメインヴィランはキングピンで間違いなさそうです。

デアデビルシーズン3 エピソード数

  1. 復活
  2. 祈りの声
  3. 徒労
  4. 盲点
  5. 完全試合
  6. 闇に紛れて悪魔は笑う
  7. 爪痕
  8. 降り止まぬ衝撃
  9. 非情な真実
  10. カレン
  11. 再会
  12. 最後の賭け
  13. もう一度3人で

前回のアイアン・フィストシーズン2は全10話と少なめでしたが、デアデビルシーズン3はいつも通り13話構成になっております。

本編の長さもほとんどが50分越えでNetflixマーベルドラマとしては見応えもしっかりありそうなところが期待できます。

あらすじ

ウィルソン・フィスクが悪の力を取り戻し、戦いに疲れ果てていたマットは失意の底から再び立ち上がる。街を脅かす宿敵を倒すためなら、どんな手段も選ばない。

心身ともに傷だらけのマットは、ヘルズ・キッチンで生きる意味と自分の居場所を見つめ直す。刑務所の中のフィスクは、計画を実行に移そうとしていた。

出典:Marvel デアデビル | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

ミッドランドサークルで大きなダメージを受けたマットはデアデビルになることや神に対する信仰心を失いつつある一方で、フィスクは恋人ヴァネッサを守るためにこれまでとは違う行動に出るようです。

デアデビルのキャスト

マット・マードック/デアデビル

『ザ・ディフェンダーズ』のラスト、ミッドランドサークルの一件でエレクトラと心中したマットでしたが生きてました。救ったのは神父さんのようで同じ教会のシスター・マギーが献身的に看病したおかげでなんとかデアデビルとして復活。

神の使者として戦っていたマットでしたが神に対する信仰心を見失っております。

ウィルソン・フィスク/キングピン

『デアデビルシーズン1』でのメインヴィランがキングピンことウィルソン・フィスクでした。シーズン1の第二の主人公とも呼べるほど深く掘り下げられたウィルソン・フィスクはシーズン2にもゲスト出演するなど、その人気の高さが伺えるキャラクターでした。

ウィルソン・フィスクの行動理念は視聴者側にのみ伝わるというもので視聴者以外の誰も理解できないというところもかっこいいですよね。

フィスクがFBIに協力したのも、刑務所から出たことも全てヴァネッサなのですがマットやフォギーたちは何か企みがあると思っているようですね。この誤解が悲劇を生まないといいですが。

カレン・ペイジ

シーズン2ではマットと行動する事は減り、パニッシャー側の話に登場する事が多かったカレン。『パニッシャー』でもヒロインのように活躍するシーンがたくさんありましたね。

マットが死んだと思われている後も、それを受け入れられずマットのアパートにお金を入れていたりともはや気の毒になるほど良い人です。

フォギー・ネルソン

『ザ・ディフェンダーズ』でフォギーがマットにコスチュームを渡したことで、マットの死に強い責任を感じていたフォギー。マットの死を受け入れられないカレンを心配したりしてます。

『デアデビルシーズン3』ではネルソン家の家族が登場し、弁護士としてのキャリアに疑問を持ったりと今後どうなっていくのかが気になります。

ラーフル・レイ・ナディーム

新キャラのFBI捜査官。家族思いすぎて借金まみれ。そのため非常に野心家です。たまたま運よくフィスクとの取引にこぎつけたことでその運命が大きく変わっていきそうな予感。

今のところ悪者になるのか良い者になるのかもわかりませんが今後さらに期待したいですね。

ベンジャミン・ポインデクスター

デックスの愛称で呼ばれるポインデクスター捜査官。恐らく間違いなく彼が噂されてたブルズアイ役でしょう。

ブルズアイといえば映画版『デアデビル』でコリン・ファレルが演じたヴィランですね。コリン・ファレルのブルズアイもなかなかぶっ飛んでましたがこっちのブルズアイはマジでやばいですね。

精神鑑定の際に話した女の子の話は切り抜けるためのただのでまかせだと思ったんですけどガチで完璧なストーカーでした。同じピザとかもうヤベーよ。

狙撃手としての腕前が一流でイケメンなのにガチストーカーとかもうヤバすぎ。ニヤっと笑った顔がもう気持ち悪くてたまりません。

これはキルグレイブ並みに気色悪い奴来たよ。めっちゃ期待できますね。

感想

今回デアデビルシーズン3の第三話まで見たのですが順調すぎる滑り出しですね。もう不安材料は一つもありません。マットがボロッボロすぎてアクロバットなアクションシーンはまだ先になりそうですがボクサーの息子としてなりふり構わず突っ込んでいく戦闘スタイルも良いです。

ただこれからどのようにして話が展開していくのかはちょっと予測しずらいですね。マットがフィスクを倒すために戦いを仕掛けると思われますがフィスクはそもそも街に返り咲く気は今のところとしてはありません。

またこの二人の戦いは誤解を生んだまま行われるんでしょうか。ペントハウスに隔離されてるとはいえ扱いは囚人そのものですし、行動理念もあくまでヴァネッサのためだけ。マットが余計なことをしてフィスクが反撃して狂って展開になりそうです。

デックスはフィスクに雇われデアデビルと戦うことになる気がしますね。予告編では偽デアデビルも登場してましたし気になります。

そして気になるのがナディーム捜査官。原作でのこのキャラクターを知らないだけにどうなっていくかわかりませんがさらに注目したいです。バットマンとゴードンのような関係になっていくのかもしれませんね。

ドラマ『デアデビルシリーズ』はマットの他に第二の主人公のようにキャラクターが描かれるのが特徴的です。シーズン1ではフィスク、シーズン2ではフランク・キャッスル。もしかするとシーズン3はナディームなのかもしれません。

最後に

いやー今後もめちゃめちゃ気になりますね。とりあえず『デアデビルシーズン3』の真ん中あたりまで見たら前半の感想記事を書こうと思います。それまで期待しててください。

追記:書きました。

ネタバレ【デアデビルシーズン3】感想前編|デアデビル弱すぎだろ
ネタバレ【デアデビルシーズン3】感想後編|ブルズアイ出ないのかよ

マーベルドラマ『デアデビルシーズン3』はNetflixでどうぞ。ではまた。

出典:Marvel デアデビル | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト