でょおのぼっちブログ

本日もぼっちライフを満喫しているでょおが綴る雑多ブログ。

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

 

 

どうもでょおです。さて皆さん『アベンジャーズ/エンドゲーム』はもうご覧になられましたか?

私は最速で見に行ってきたつもりなんですが、すでにたくさんのネタバレ感想がネット上に流れてて、他の人の最速っぷりに驚かされています。

さすが『アベンジャーズ/エンドゲーム』、マーベル映画11年目で22作品目というだけあり3時間を超える長丁場でした。

3時間越えの映画が1つの記事にまとまるはずはなく、私も今日ですでに3つめの記事を書いてます。

 

この記事では感想ではなく考察・解説を行っていきたいと思います。ご存知の通り、マーベルシネマティックユニバースは『アベンジャーズ/エンドゲーム』でこれまでの作品に一区切りつけました。

今作でインフィニティ・サーガと呼ばれる一連の話は終わり、今年の夏公開の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でフェーズ3が終わります。

2019・2020年のアメコミ映画公開日スケジュール|マーベル・DC全部

そこで今回は今後のマーベルシネマティックユニバースがどのように展開していくのか、リーク情報なども交えて徹底的に考察していきたいと思います。

当然、映画を見たことを前提にネタバレしているので自己責任でお願いします。

 

エンドディングについて

エンドクレジットの鐘の音

マーベルシネマティックユニバースといえばエンドロール、エンドクレジットの間、最後に挟まれる特典映像が定番でした。

ところが本作ではその特典映像がありませんでしたね。ここからもMCUの一区切り感が感じ取れます。

その代わりに鐘の音が鳴っていたのを覚えていますでしょうか。あの鐘の音ですが普通に考えればトニーが金属を叩いている音でしょう。

第一作目『アイアンマン』でトニーが10リングスに捕らえられ、脱出するためにアイアンマンのパワードスーツを開発しました。あのシーンへのオマージュですね。

葬式にいた男の子は誰?

大きくなり過ぎてて私も一瞬分かりませんでしたが、この男の子はトニーが『アイアンマン3』で世話をした男の子。両親が蒸発したポテト銃の男の子ハーレーです。

あんな小さな子供がこんなに大きな少年になってるとはね。

あれ以来一度も登場していなかったのでまさか彼が登場するとは誰も想像がつかなかったのではないでしょうか。

 

スパイダーマンの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

まずは次回作として控えているスパイダーマンの今後について考察していきましょう。

スパイダーマンことピーター・パーカーは『スパイダーマン:ホームカミング』の時点で15歳でした。日本の学校とは勝手が違いますが、大学に行かない場合は基本的に18歳までは学生です。あと3年ある計算になりますね。

気になるところとしては指パッチンから5年が経過しているということ。もしかするとこれまでピーターの同級生だった子供が大人になっている可能性があります。予告編を見たところネッドやMJはいるもののフラッシュ・トンプソンがいない気がしますね。

次回作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では夏休みに欧米へ出かけ、そこでニック・フューリーに協力してスーパーヴィランたちと戦うようです。

予告編にはサンドマンやハイドロマンのような怪物たちが確認でき、彼らはエレメンタルズと呼ばれているようです。

【ハイドロマン】ってどんなヴィラン?スパイダーマンファーフロムホーム

 

予告編にはソーのようにケープをまとった新しいヒーロー、ミステリオが登場しているのが確認できますが、ミステリオは原作ファンにはお馴染みのスパイダーマンのヴィランです。

補足解説は下記の記事を読んでいただくとわかりやすいです。

スパイダーマンホームカミング2【ミステリオ】ってどんなヴィラン?

それから一説によると、ディズニーとソニーの提携関係は『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』にて終了するとされていますが、これまでのMCU映画から予想すると3作目が作られるのではないかと思います。

でないとマーベル側もかなり消化不良になりますよね。完結編はやっぱり卒業式にしてほしい。

 

キャプテン・アメリカの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

これまでアベンジャーズのリーダー(トニーは金を出してかっこよくしただけ)として活躍してきたキャプテン・アメリカ。

ファーストアベンジャー、最初の超人と呼ばれたスティーブ・ロジャースは『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストからもわかる通り、年老いてとても今後続けられそうではありませんでした。

過去から持ち帰ったヴィブラニウムで作られたシールドを友人のサム(ファルコン)に託しましたね。

サムはファルコンを引退してキャプテン・アメリカの跡を継ぐことが予想できます。サムは超人じゃないのでちょっと心配ですよね。

ディズニーが2019年11月12日にアメリカで始める動画サービス「ディズニープラス」にてサムとバッキーの二人が活躍するドラマシリーズが配信されると発表されています。

もしかするとこの動画シリーズではサムがキャプテン・アメリカになるまでが描かれ、キャプテン・アメリカとなった姿でスクリーンに帰還するのかもしれませんね。

 

ソーの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

ビッグ3の中で唯一活動を続けることが出来るのがソーです。物理的に引退した他の2人と違ってソーはまだまだピンピンしてました。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストではインフィニティウォーの時のように再びガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと合流し、今後の広がりが確認できました。

ソーがガーディアンズの一員として再登場してくれたら最高ですよね。

また、ソーからアスガルドの新しい女王として任命されたヴァルキリーもいます。原作コミックのマイティ・ソーは途中から女性に変更されたこともありました。原作ではジェーンが女性版のマイティ・ソーになりますが、ヴァルキリーが女性版ソーになることも考えられなくないです。

むしろ『マイティ・ソー/ダークワールド』以降、フェードアウトしたジェーンをシリーズにカムバックさせるよりヴァルキリーがやった方が遥かに自然な流れだと思います。

 

アイアンマンの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストで死亡したトニー・スターク。アイアンマンの跡を継ぐ者がいるとすればローディでしょう。これまでウォーマシンとしての経歴が長く、スーツにも精通しているので妥当だと思います。

ペッパーはまだ存命でトニーが開発したのスーツも残っていますが彼女に死亡したトニーの跡を継がせるほど酷なシリーズではないでしょう。

もしかすると大きくなったモーガンが父親の後を継ぐって可能性もあるかもしれませんが10年ぐらい先の話なので難しいかな。

個人的な予想としてはピーターが跡を継いでもいいかなとも思ってます。スパイダーマンは権利上の問題でいずれはMCUに登場できない可能性があります。

そうなってしまえばピーター・パーカーが宙ぶらりんになるので彼に何らかの新しいアイデンティティを与えてもいいかもしれませんね。

 

ブラック・ウィドウの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

本作『アベンジャーズ/エンドゲーム』でもう一人死亡したヒーローとしてはブラック・ウィドウがいます。彼女は死亡してしまったことでラストの大戦争にも参加できませんでした。

ですがブラック・ウィドウは今後、ソロ映画化が予定されています。それもこの6月には撮影が始まるとされており、再びスクリーンに帰ってくることは間違いないでしょう。

恐らく過去を描いたもので、これまでの諜報員としての活動やクリントとの過去が描かれるかもしれませんね。二人の間に大切な関係があったことは皆知っていますが、その内容がどのようなものだったかってのは描かれてきませんでしたからね。

ただ『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストでブルースが興味深いセリフを言ってたのも確かです。指パッチンをするときにナターシャを呼び戻そうとしたけどダメだったと言っていました。

もしかするとブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフはみんながサノスと戦ってる裏で生き返っていたのかもしれません。

 

ホークアイの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

ホークアイってメインキャラなのに単体で映画がつくられることなく結構不遇だったと思うんですよ。その分、アッセンブル映画ではクローズアップされることが多かったわけですがそれを含めてもやはり不遇。

これまでのMCUの中でも引退しては戦場に呼び戻されるを繰り返していました。『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストでは無事家族が元通りになったことでようやく落ち着いた生活が取り戻せそうです。

クリント・バートンを主役としたドラマシリーズがディズニープラスで製作されるとの情報もありましたが、クリント・バートンを演じたジェレミー・レナーが否定していたのでどうなるかわかりませんね。

個人的な予想としてはクリントの娘ライラが2代目ホークアイになるのはどうなんだろうかと思ってます。『アベンジャーズ/エンドゲーム』の冒頭のシーンでもわかる通りクリントの娘は弓矢の才能があります。

アベンジャーズの今後がどうなるのかはわかりませんが、新しいアベンジャーズが結成されたときに弓矢の使い手がいないのは寂しいですからね。

 

ハルクの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

ハルクは右手を負傷したものの死亡することなく存命。気になるのはハルクはブルースの元の姿には戻れないのか、戻らないのかというところ。ハルクについて描けることはまだまだたくさんあります。

ただ実際の所、ブルース・バナーはかなり歳を取ってますし、ローディなんかと違い肉体的に劣っていることを考えると最前線で戦っていくということはなくなるかもしれません。

さらに解説するとハルクというキャラクターは『インクレディブル・ハルク』公開時からユニバーサルが映画化権利を持っています。

そのためMCUのハルクは今後も単体映画化する見込みは薄いです。このタイミングでフェードアウトするのがむしろ適切だと考察します。

 

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

ジェームズ・ガン監督のクビなど一悶着合ったガーディアンズ・オブ・ギャラクシーですが、無事に3作目の製作が決定しております。

上述の通り、ガーディアンズにマイティ・ソーが絡んでくる可能性は大いにあり得ます。

ちょっと記憶が曖昧で申し訳ないんですが、ラストのシーンでガモーラがガーディアンズの中にいなかった気がするんですよね。

いたとしてもいなかったとしても、ガモーラとピーター・クイルが関係をもう一度築きなおす様が描かれそうです。まさかガモーラがクイルとグルートを天秤にかけてたとはw

また前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のエンドロール後に流れた特典映像ではアダム・ウォーロックの登場が示唆されていました。

原作のアダム・ウォーロックは悪の科学者たちが世界を支配するために作った完璧な人造人間です。完璧すぎるがゆえに正義へ寝返ったキャラクターです。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』でアイーシャは対ガーディアンズ用としてアダムを開発したようですし、原作の流れには沿っていると思います。

あとスタローン率いるラヴェジャーズが再結成したのもありましたね。たくさんの要素がありますが果たしてvol.3で完結させられるんでしょうか。

 

アントマンの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

本作『アベンジャーズ/エンドゲーム』で大活躍してくれたアントマン。正直、小物感は否めませんが本作での大活躍を見ると今後はメインキャラとしてアベンジャーズを引っ張ってってくれるのかもしれませんね。

個人的にはアイアンマンのようにいち早く第三作目の完結編を披露して、その後はいろんな作品に登場するんじゃないかなと思っています。

またはソーのように完結編を最後に持ってくるって可能性もあるかもしれません。

今後も量子の世界がMCUにおいて重要かどうかはわかりませんが、何か重要な役割を担うと思われます。

また、スコットの娘キャシーもクリントの娘ライラのように年頃の女の子になってますから、いずれは跡を継ぐなんて日が来るかもしれませんね。

スカーレットウィッチの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

ソコヴィアで家族を失い、双子の弟も失い、最愛のビジョンすら失ったスカーレットウィッチことワンダ・マキシモフ。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』以降はアベンジャーズに所属し、これまでチームに貢献してきた重要なメンバーの一人です。

地球組の人間たちの中では最強クラスの力の持ち主ですし、人気も高いので今後さらに活躍が期待できそうですね。これまでのナターシャのようなポジションのキャラとしてやっていきそうな感じがします。

また、補足解説するとワンダはビジョンとディズニープラスでドラマシリーズをやるって発表されています。今回の『アベンジャーズ/エンドゲーム』でビジョンが復活しなかったところを考えると、このドラマシリーズは過去の物語になるようですね。

スカーレットウィッチとビジョンは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で空白の2週間がありますから、もしかするとこの間に何があったのかが描かれるかもしれませんね。

 

キャプテン・マーベルの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

マーベルシネマティックユニバース史上初の女性ヒロインが主人公の映画になった『キャプテン・マーベル』。『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではとても頼もしかったので今後もシリーズに登場してくれそうです。

気がかりな点としては彼女は宇宙全体を活動範囲にしていることから、あまり地球に長く滞在できないという所。

映画『キャプテン・マーベル』から解説すると彼女はスクラル人の新しい故郷探しに出たようでしたが、その後は色々な星で色々な人達を助けていたんですね。

この特徴が今後の作品に活きてくるんじゃないのかなと思ってます。インフィニティストーンが破壊され、サノスが死亡した以上、MCUには新しいストーリーとスーパーヴィランが必要です。

それらは恐らく地球上にはないと思われるので、宇宙のどこかで展開していくものだと思います。

宇宙を舞台にしたMCU映画は他に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ぐらいしかありませんが、ガーディアンズは次回作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーvol.3』が完結編となって終わりを迎えそうです。順当にいけば。

なので展開を広げていくならキャプテン・マーベルなんじゃないかなと予想しています。

 

ブラックパンサーの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

世界に開国したワカンダ王国ですが、オコエの望み通りスターバックスが出来るかどうかはわかりません。

ですが開国したことによって新たな敵を招き入れることになるかもしれません。

ワカンダやブラックパンサーについては未だに謎が多い部分があります。

ホワイトウルフの名を得たバッキーがワカンダでホワイトウルフとして活躍する可能性もあるかもしれませんし、かつてのライバルだったエムバクが強力な助っ人になるかもしれません。

映画『ブラックパンサー』で強烈な印象を残したキルモンガーがハーブの力を使って復活していたなんてこともありえるかも。

ブラックパンサーことティチャラは正義を守る気高い人間ではありますが、あくまでワカンダという小国の国王。他のアベンジャーズメンバーのように軽いフットワークであらゆる国で任務をこなすのは難しいでしょう。

 

ドクター・ストレンジの今後を考察

【ネタバレ考察】アベンジャーズ/エンドゲーム|ラストのオチを解説

(C)2019 MARVEL

個人的に今後チームを引っ張っていく可能性が高いのはドクター・ストレンジだと思ってます。ドクター・ストレンジは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』両方においてとても重要な役割を担いました。

トニーとストレンジがアイコンタクトを交わしたシーンはトニーとスタークの世代交代、バトンの受け渡しのようにも感じました。

 

魔術師たちの本来の仕事は地球に三か所ある拠点でドルマムゥのような外敵を防ぐことです。そしてソーサラースプリームのもう一つの務めといえばアガモットの目つまりタイムストーンを守ることです。

ブルースがエンシェント・ワンから借りたタイムストーンは元あった場所に戻りましたし、その後ストレンジが受け継いでサノスに奪われたタイムストーンは破壊されました。

ドクター・ストレンジはタイムストーンキーパーとしての役割を終えたのです。

やることが減って手が空いたドクター・ストレンジがチームに参加するなんてストレンジが考えそうじゃないですか?

他、前作のラストを考えるとやはり魔女狩りをしているモルドと戦うことになるんでしょうね。

 

 

アベンジャーズの今後はどうなるのか

そして何より今後アベンジャーズがどうなっていくのか、これが一番気になるところですよね。

MCUがインフィニティストーンという大きなテーマを失った以上、今後、スーパーヒーローたちが一つの目的の元に集まるということはあまりないのかもしれません。

『アベンジャーズ』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のような感じで集結するのかもしれません。

その裏で新たな敵の存在が明らかになっていくのかもしれませんが、「これまでの出来事はコイツの仕業でした」ってパターンはもうやらないと思います。

ただ『アベンジャーズ/エンドゲーム』で全員が集結した時、「アベンジャーズアッセンブル」と掛け声があったように、彼らは全員アベンジャーズの一員なのです。

地球が重大な危機に瀕した時はきっと新しいアベンジャーズが結成されることになるでしょう。

 

実は映画化が決まってる新しいヒーローたちを解説

何人かのヒーローが引退したこともあり、その席を埋めるべくマーベルには新しいヒーロー映画が誕生します。それらの情報についてちょっぴり解説していきましょう。

エターナルズ

新たなマーベルヒーローとして登場することが唯一明言されているのがエターナルズ。最近ではアンジェリーナ・ジョリーがキャスティングされるとの報道もあり、順調に進んでいるようです。

エターナルズはセレスティアルズ、天人が作った種族です。原作コミックでは私たち人類もセレスティアルズが作りました。

ピーター・クイルの父エゴは自分はセレスティアルズだと言っていましたね。

エターナルズは超人的パワーを持ち人類よりも遥かに長生きの種族です。

シャン・チー

アジア系を主人公に添えたマーベル映画シャン・チーが誕生するとの噂もあります。

現代では人種や宗教などを平等にしようという動き(ポリティカルコネクトネス)があります。スターウォーズでメインキャラにアジア系がいたり、ストームトルーパーがアフリカ系であることとかがそうですね。

なので未だメインキャラにアジア系がいないマーベルシネマティックユニバースにシャン・チーが登場する可能性は高そうです。

シャン・チーに特殊な能力は一切なく、いわばただのカンフーの達人です。さすがにカンフーだけで異星人と戦うのは限界がありそうなので、設定を変えてくるのかもしれませんね。

ネトフリのアイアンフィストみたいな感じになるのかも。

ノヴァ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの1作目から存在が示唆されていたのがノヴァですが未だに登場してません。

ノヴァはDCでいうところのグリーンランタンのようなキャラクターです。宇宙の平和を守るノヴァコーズという組織があり、先代ノヴァが瀕死の時に高校生がその力を授かるという設定。ガーディアンズとも縁の深ーいキャラです。

ただし能力が割りとありきたりで、超人的なパワーや飛行能力、エネルギー発射など、キャロルと結構ダブってる。

差別化はかるのが難しいんじゃないかと個人的には思ってる。

ネイモア・ザ・サブマリナー

こちらも噂されてるヒーローの一人です。マーベルコミックの中でも歴史あるスーパーヒーローで、水棲人類です。

ドクター・ストレンジの続編で登場するとか、ファンタスティックフォーのリブート版に登場するとか噂されてるみたいです。

ただ個人的には可能性が薄いんじゃないかなと思ってます。

だってほとんどアクアマンと同じだから。さすがにアクアマンがここまでヒットしているのにネイモアをメインに据えることはないかと思います。

クイックシルバーがMCUに登場した時もX-MENとの競合を考慮してか、すぐに退場しましたし。

 

最後に

マーベルシネマティックユニバースのはじめの10年は本当に色々なことがありました。次の10年は一体どんな展開が待ってるんでしょうか。

10年後って私はアラフォーになるのか。MCU見てるのかね。

 

 

【まとめ】マーベル映画『歴代20作品』全ての感想と解説
完全版【アベンジャーズ/エンドゲーム】目前!たった5分で解説と復習
ネタバレなし感想【アベンジャーズ/エンドゲーム】見たことを後悔してる
ネタバレ感想【アベンジャーズ/エンドゲーム】皆の期待を裏切った映画
エンドゲーム考察|エンシェントワンの言う別の時間軸すでに生まれてる
エンドゲーム考察|キャプテンアメリカは過去で本当は何をしていたのか?